Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

あっ…やっちまったぁ~~~~~(><)・・・か?

From:秋山大介

「もしかすると、10年振りではありませんか?」

あれは昨日のことです。

二人とも何年ぶりの再会かは
覚えていなかったのですが…

というより、私としては
全く何年も空いているような感覚はなく、
とても自然に再会しました。

 

とはいえ。。。

私の父が急死して、
もう7年経過しているので、
最低でも7年は会っていません。

もしかすると、私の記憶をもう一度整理すると、
「12年ぶり」…なんと、干支が一回りした可能性がありました(汗)

でも、何にしても、
お互い出会ったときの立場とは全く違う立場で、
二人とも会社経営をしていました。

ただ、私は経営者7年…

お会いした方は、10年…

そういった意味では、
出会ったときも、同じ業界の先輩でしたが、
経営者としても先輩で、学ぶことが多い時間でした。

 

さて、そんな背景がある
この再会ですが。。。

実は、、、

From:秋山大介

渋谷のスタバより、、、

な~んてMacBookの写真を載せて書いたら、
喜ぶ人は喜ぶと思いますが、
(喜ぶあなたは、D出版マニアかもしれません(笑))

私が一生かかっても、絶対にそんな見出しにならない
渋谷のスタバで再会しました(笑)

といっても、、、

スタバカード持っているくらいですので、
スタバには行きますが。。。

ただ、渋谷に行かないということです(汗)

 

で、、、

その「渋谷のスタバより、、、」ですが、

あっ…やっちまったぁ~~~~~(><)・・・か?

という出来事が、そのときありました。

 

あの~~~~~

何をやってしまったかと言うと、、、、、

不可抗力で…私たちの隣になってしまった女性がいたのですが…

あっ、何が不可抗力かと言うと、

私たちは、合計12名くらい座れる長テーブルに座って
打ち合わせをしていました。

 

すると、、、

いきなり男性が、私たちの打ち合わせを
遮るように…

「ここに3名くるので、ずれてもらえませんか?」

と言われました。

私たちも、打ち合わせに夢中だったので、
いったい何を言われたのか分からず、聞き返しました。

そして、席をずれてほしいと言われていることを理解しました。

 

でも。。。

私としては、

「もうちょっと『影響力の武器』読んでおこうよ~
さすがにその理由じゃ~人は納得しないぞ~(笑)」

と心の中で、コピーライティングバカなことを考えて、
席をずれることにしました。

 

すると、私の目にはこんな文字が飛び込んできました。

「就職活動」

「エントリーシート」

「履歴書」

という文字が。。。

 

そして、その文字を見ると同時に

「あっ・・・まずいなこれ・・・

今、めちゃめちゃ採用の話しているところだよ(T T)」

と思いました。

 

そうなのです。。。

実は、私たちは「採用」の話をめちゃめちゃしていたのです。

しかも、ほぼ完全に企業側からの視点で。。。

 

でも、私としても

「隣に就職活動している学生の方がいるので、
この話をやめましょう!」

とも言えず・・・というより、そこでそれを言ったら、
それはそれで気まずい(汗)

ということで、、、

「え~、どうにでもなれ!」

という気持ちで「全力」で採用の話をしていました。

 

すると、、、

どううも、彼女の動きがおかしい・・・

私は意識的に見ないようにしていましたが、
まさに、あの心理学の

「りんごを想像しないでください」

と言われると「りんごを想像していまう」通り、

「彼女を見ないようにしよう!」

と思えば思うほど、お会いした方の
すぐ左にいる彼女の動きが視界に入ってきました。

 

そして、動きがおかしい・・・

私はてっきり、完全に私の偏見ですが・・・

「スタバで作業している人」=「MacBook」開いていて「イヤホン」している人

なので、イヤホンをしていると思い込んでいたのです。

でも・・・

マジか~~~~~~~~!イヤホンしてない~~~~~~~~!

頼むよ~、そこは自分の偏見のスタバにいる人になってくれよ~
(あっ、就職活動生ということもあり、MacBookは開いていませんでした)

と思ったのですが、
ときすでに遅し。。。。。

チ~~~~~~~~~~~~~ン

彼女なんと、耳を塞いでいました(笑)

 

だって、私からこの採用の話をしてしまったのですが
その内容が、、、

「どうも最近、採用担当者が『不都合な真実』に気がついているみたいなんですよね」

「優秀な人は、採用段階から優秀で、2:6:2のカテゴリーは
採用段階から変わらないのではないかと思います。」

「だから、これからの採用は、従来の母集団の中から優秀な人を探すのではんかく、
数は少なくても良いので、優秀な人の母集団をつくり
『成長率が高そうな人』を採用するしかないと思います。」

「そうなると、今後は採用されない人というのが出てしまうので、
いま、私は根本的解決策として、幼児教育に関わっている。」

などと話していました。

 

そして、、、

極めつけがこれです。。。

「『採用学』という本、ご存じですか?

いや~、ここに衝撃的なことが書かれているのですよ!

どうも、人間には『変わりにくい能力』と『変わりやすい能力』があるみたいで、
それが、ここに書かれていました。

ちなみに、、、変わりにくいというか、幼少期に決まってしまうのが
『情熱』『粘り強さ』『創造性』みたいです(汗)

反対に、変わりやすいのが『コミュニケーション能力』みたいです。

ということは・・・

今の採用で求められる能力の第1位は、『コミュニケーション能力』みたいですが、
これは、面接対策などで変えることができてしまうので、
意味をなさないということですよね。

だから、これから採用担当者は基準を変えないといけないですよね~」

と。

これ、彼女の立場に立ったら、
タイムリーすぎるだけに、嫌な話ですよね。

 

とはいえ、、、

私も話さないわけにはいかなかったので、
包み隠さず話してしまいました。

だから、きっと彼女は耳を塞いだのでしょう。

でも、これこそが不都合な真実であり、
これからの日本企業の採用が大きく変革する姿なのだと思います。

ただ、、、

今就職活動中のその彼女は、
その不都合な真実には採用段階では当たらないので、
良いのでしょう。

ただ、そうは言っても、
その話を聞きたくなくても耳に入ってきてしまうのは、
苦しい時間だったでしょう。

「これが現実だから…」

といっても、そういうわけにはいかないので、
この場をかりて、その彼女にお詫びを申し上げます。

 

もし、そのまま最後までいれば、
本当にお詫びをしようと思いましたが、
説明会の時間だったので、11時少し前にいってしまったのですよね。

ま~、ホント、

あっ…やっちまったぁ~~~~~(><)・・・か?

の瞬間でした(汗)

 

そうそう、一つ重要なことを忘れました…

どこの誰かは分からないですが、

「就職活動がんばれ~!」

と彼女に一言。

そして、奇跡的に「それ私です」という場合は、
しっかりとフォローさせていただきまし、
私の持っている知識でサポートしますので、
コメントしていただけると幸いです。

でもな…

これって「Sマウス」のスワイプファイルくらい
確率が難しいだろうな…(笑)←意味不明で申し訳ありません。。。

 

ー秋山大介

 

PS)

「今日の一冊」は、こちら、、、

『影響力の武器』と迷いましたが、こちらです。

この本の「123ページ」「129ページ」の図表が
まさに不都合な真実でしょう。


 

PPS)

秋山大介への専用質問受付フォームを設置しました。

ぜひ、こちらからお気軽にご質問ください^^

今すぐコチラをクリック

 

この記事を書いた人

経営管理修士(MBA)を取得しておきながら「倒産寸前からV字回復を経験」した経営コンサルタント。倒産させたら「経営管理修士(MBA)はしょせん実践では使えない…」と言われてしまうと思い、その知識を使いつつ地べたを這いつくばる戦略でV字回復させる。得意分野は「人材育成」「マーケティング」。 現在は、これまでの経験を活かし、家業の会社を経営しながら、コンサルタントとして活動中。顧問先からは、経営者の視点での人材育成やマーケティングのコンサルティング手法に定評がある。

■⇒⇒⇒ 【動画アリ】詳しいプロフィールはコチラ
■⇒⇒⇒ 【ご質問】の受付はコチラ



姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録


 


島田晋輔のメディア


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes