Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

目的

From:よっぴー


あたたた…

今日は端午の節句。
急に暖かくなり、病気を発症する人が多かったことから
薬酒を作り、薬草を門に飾るなど厄除けをする習慣がありました。

僕は病気ではなく
ただの筋肉痛なのですけどね笑

まぁ、そんなことはおいておいて

なぜ筋肉痛かというと。。。

今は関西にいるのですが
いつも関東でテニスしている仲間が
関西でテニスするからやらない?

っとお誘いがあり

関西のテニス仲間に入れてもらってやってきました。

週一回のペースでテニスはしてるのですが
目的が身体を動かす事と勝つ事では

全く疲労感が違う笑笑

今日は全身筋肉痛です。。。

テニスしている時も
やるたびに上手くなっていっている実感があって

集中力も全然違う。

いつもコーチが
渋谷区の区民大会に出たほうがいいと言っている意味がわかりました。

普通のレッスンだと
確かにみんな上手いので
練習にはなるんですけど

自己満足のためにやっている事が多いんですよね。

良いショットを打つのが目標というか
いかに相手が取れないショットを打つのか?が目的だったり
綺麗にドロップを打つのが目的だったり
早いサーブを打つのが目的だったり



それらが打てたら満足
って感じ

確かに
それぞれのショットの練習は大事なんですが

相手の取れないところに打つのがテニスなので
スペシャルショット一つだけ打ったところで
みんな上手いので取られるんですよね。

なので

試合に勝つためには
自分の持っている武器を複数組み合わせて
相手を動かし、スペースを作る
もしくは
相手の余裕をなくす

事をしなければいけない

そのためには
相手をよく見て
今からどこに動こうとしているのか?
グリップはどう持っているのか?
どこを見ているのか?
ボールの軌道はどうか?
ボールの回転数はどれくらいなのか?

これらを積み重ねていって
どんなショットが得意なのか?
どんなショットが打てるのか?
どこが苦手なのか?
何をされると嫌なのか?

が、わかってくるので
相手の動かし方がわかって
相手の取れないところにボールを打てるようになる。

書いてて思ったけど
ビジネスも人付き合いもテニスも
やっぱり相手の事を知る事からなんだなぁと思った笑笑

まぁ、それはさておき

目的が試合に勝つ事
としただけで
頭をめっちゃ使う事になり
その分集中しなければいけなくなって

自分のことも相手のことも良く見えるようになる

目的意識をどこに持つか?で
これからのテニスの取り組み方が変わるなぁと
思い知ったイベントでした。

全身筋肉痛ですが
早くテニスしたくなりました笑笑

あまり負けず嫌いではないんですが
もっと勝てるように練習します!

って事で今日はこの辺で
筋肉痛で動けない実家のベットの上より
よっぴー


★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
<今日のぷち健康情報>
目的意識は、健康に関しても大事です
今病気じゃないから健康は気にしなくていいではなく
今よりももっとパフォーマンスを上げるために健康を気にしていきましょ!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★


この記事を書いた人
よっぴーこと、吉本雄祐です。人生もっとワガママでいい!というのをモットーに、人が自分の得意な事で生きていける世の中を作りたい。ある一つの作品を全員が全力で作っていける環境を整えていくような活動をしています。周りを見渡すと仕事で人生を決めている人が大勢います。けれど、本来の順番は自分の人生どうして行きたい!があってそれに合った仕事を選ぶという順番なハズです。自分の感覚や直感に敏感になり、自分がやりたい事を自分で判断できるようになっていきたい。もともと薬剤師スタートの社会人でしたが現場で働く人や、組織運営に携わる中個人個人の得意をもっと引き出せれば世の中もっと良くなるのにって思っています。もっと心と身体の健康を個人も企業も考えていいってほしい。僕の記事がそんなキッカケになれば嬉しく思います。



姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

メルマガ登録


 


島田晋輔のメディア


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

吐き出された記事たち↓

PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes