Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

現実の壁

いっしょに歩く
 

僕らみたいにワイルドサイドを歩く人間は
いろいろなことを決断し続けないといけない。

誰かが代わりにやってくれたり、
指示をくれたり、
レールを引いてくれるわけではない。

文章を書いたり、企画をたてたり、
なにかをデザインしたり、、、

身体を資本とする
クリエイティブな仕事に
携わることが多いので、
どうしても「生みの苦しみ」に
ぶつかることがある。

選択のストレスと生みの苦しみ。

内面に抱える理想や情熱。

時間や結果といった外部からの圧力。

この葛藤こそが避けては通れない現実の壁だ。

コピーライター、プロモーター、プロデューサーというと
華やかなイメージを持つ人が多いけど、
実際は、命を削って生み出すことの多い
身体を張った仕事だ。

鳥取の田舎で暮らしていても、
東京や大阪にいても、
沖縄のビーチにいても、
仕事はできるけど、
24時間、いつも頭のなかは抱えている案件、
まわりのクライアントのことでいっぱいだ。

歯を食いしばって、夜も眠れなくなって、
生みの苦しみに耐えながら、
良いものを創り出す。

半径5m以内のみんなに
どう価値を提供し続けるか。

そんなとき、頼りになるのが
自分の基礎体力だ。

どれだけ素振りやシャドーボクシングを
し続けてきたか。

秘密結社のメンバーには、
毎週課題をだしているが、
簡単にさらりとできていては意味がない。

課題はこなすものではなく、
土台となる基礎体力作りも兼ねているからだ。

限界は2度、超えないといけない。

目の前が真っ白になって
フラフラになって
朦朧として意識が飛ぶくらい。

木坂さんの読書講座でも、
1つの問いを何ヶ月もかけて、
グループでディスカッションし続けていたりもする。

さらりと読めていたら
それはきっと読めていない
読めた気になっているだけ。

というある種のスローガンを
身を以て体験している。

めちゃくちゃしんどいが、
このしんどさを超えた先にある風景を
僕は知っているからショートカットせずに、
常に現実と対峙している。

そもそも正解なんてない。

だからこそ、
全エネルギーを総動員して
そのときの最高のものを生み出す。

なにかを創るときでも、読書でも、
さらりとつるりとでてきたものは、
どこかで手を抜いてしまった結果なのかもしれない。

ワイルドサイドを歩くということは、
孤独なことだ。

生みの苦しみを代わってあげることはできない。

でも、安心してほしい。

代わってあげることはできないけど、
いっしょに歩いていくことはできる。

あなたは一人ではないのだから。


島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、


邦題は「あの娘におせっかい」だね。



姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

メルマガ登録


 


LINE@


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes