Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

YouTuber始めました。

From:イーナ

「最近流行りのYouTuberってやつだね。相変わらず何でもやってるね」

と、先日、対談というか、インタビューというか、とある実業家の方とマーケティングについての動画を撮りました。

その時に言われたのが、冒頭のフレーズです。

世間一般的には、YouTubeに動画をアップして、それを仕事や何かに活用してる人の事を、YouTuberって言うのかな?
なんて思いながら色々と話を聞いて、それを動画にしました。

まさか僕が、YouTuberって言われるとは、思いもしませんでしたけどね(笑)

じゃあお前は何なの?って聞かれたら、しっくりくる言葉がないのも事実でもありますけど・・・

そういえば昔、島田さんも自分の肩書きについて言ってた記事がありましたね。

結局島田さんはマーケターでも、社長でも、プロモーターでも、コピーライターでも、
しっくりくるモノがなかったので、職業・島田晋助にしたって話です。

そうそう、動画を撮っていて感じたのですが、やっぱり僕は、自分が喋ったりするアウトプットが、
苦手だなという事を、改めて感じましたね。

ワイルドサイドの記事を担当するようになったので、以前よりは少しはまともになった気もしますが、
自分の中では、まだまだ全然苦手だなという認識です。

あ、でも苦手なアウトプットしている自分の事は、実はすごく気にいってます。
楽しみでもあるのですよね。

なんだか自分が成長してる感じ、成長するための過程がすごく楽しいのです。

FF5(ファイナル・ファンタジー5)で例えると、ジョブのアビリティを覚えさせていく感じです。

忍者のジョブで二刀流を覚えて、魔法剣士で魔法剣を覚えて、狩人で乱れ打ちを覚えて・・・
最終的には、「二刀流の魔法剣で乱れ打ちをする」

これが時間は掛かるし、ものすごく大変なのですよね。
同じことの繰り返しなので、飽きてもきますからね。

しかも、パーティー全員分を習得しないといけないので、めっちゃ大変なのです。

でもやり終えた先には、二刀流の魔法剣で乱れ打ちという、最強の組み合わせがまってるのです。
だからその過程は大変だけど、我慢して乗り越える事ができるのですよね。

ちなみにですが、「二刀流の魔法剣で乱れ打ち」は、クリアには全く関係ないのが追い打ちをかけて大変なのですw
(まあ、あると楽にはなりますけど)

実際この「二刀流の魔法剣で乱れ打ち」は、裏ボスのような位置付けである、
オメガっていう敵を倒す為に習得するのですが、ゲームの攻略記事になってしまいそうなので、この辺で止めておきます。

何が言いたいのかと言えば、自分が成長する事は楽しいって事と、つらい事がある時でも、
その先にあるゴール、希望や光を見れば、気が楽になって乗り越えるのも大変ではないですよね。って事です。

あなたはどう感じますか?

それでは良い週末を。

PS
動画を撮った対談は、またいつかお披露目しますね。

PPS

令和になったので、新シリーズ。今日のイーナさん
ダイエット中のイーナさん、ダイエッターの気持ちを理解して、今ならば良いコピーを書けるような気になる。


この記事を書いた人
稲村龍慶(イーナ)
イーナこと稲村龍慶です。現在は五感がとっても刺激される、心地よい大自然の環境の中で、活動中です。
「全ての出来事は必然であり、必要なご縁・情報・チャンスは必要な時に必然的にベストなタイミングで現れる」をモットーに、目の前のご縁や流れを大切に活動しています。
ブログでは、田舎に住みながらのビジネス活動や、地域創生活動などを発信していけたらと思ってます。たまに厨二病全開のイタイ内容や、過去の恥ずかしい話などもするかもしれません(笑)
僕は他の執筆者のように、すごく役立つような話はできませんが、いつも頑張ってるあなたにとって、ちょっとした心の休息になるような記事を発信していけたらなと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。
それでは今日もあなたの心が、優しい光に満たされますように。





















姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

メルマガ登録


 


島田晋輔のメディア


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes