Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

北海道。札幌より、、、

IMG_1222札幌に来ています。

智頭から神戸空港に向かったのですが、
土砂降り。

飛行機飛ぶのかなって感じでした。

まあ、無事に札幌入りしたのですが、
初日も二日目も雨。。

イノック(a.k.aジーパン)ファミリーと
いっしょに自然食カフェでランチをしたのですけど、
そのときも大雨。。。

イノックさんは中野に購入した一軒家を
手放し、札幌に移住をしているのですけど、
こんな大雨は初めてだと。。


まあ、そんな感じで札幌滞在中なのですが、
イノックさんが始めたAIRbnbを使ってみようと、
ジーパンハウスにお世話になっています。

ジーパンハウスのレビューを
ゆっくりしたいところですが、
一言でいえば、、、

忍者がたくさんいるよ!

って感じですかねー。

ガイジンさん仕様ですねー。

規制入りつつあるAIRbnb。

まあ、オリンピックまでは大丈夫でしょう。
(ですよね?イノックさん? 笑)

僕も智頭でAIRbnbとUberを合わせた
仕組みを構築したいと思ってるから
実際に泊まってみると
いろいろ見えてきて
参考になりますね。


さてさて、僕が札幌に来るのは、
約2年ぶり。

2年前、闘病中の渡辺さんと来たのでした。

余命宣告を受けて、みるみるうちに
弱っていく渡辺さん。

抗がん剤治療を受ける当日の朝、
自らドクターに抗がん剤治療取りやめを伝え、
北海道へ療養に行くことにしたのでした。

僕は僕で別の用事で、
(札幌移住をしようとしていたので、家探し)
札幌に行くことが決まっていて、
北海道で療養を決めた渡辺さんも
いっしょに行くことになったのです。

札幌では、呼吸法の先生であるえいこーさん
不眠不休で親身になって看病してくれ、
全力で手助けしてくれました。

2年前の札幌。

いろんなドラマもあったけど、
渡辺さんと二人でゆっくり過ごした時間を
思い出します。

夜、散歩がしたいと言ったので、
渡辺さんの車椅子を押して、
夜中の札幌の大通りを
散歩したのを覚えています。

いまと同じ時期でしたけど、
札幌の空気は気持ちよかったです。

そーいえば、2年前に渡辺さんと
札幌に来た空港への帰り。

その帰り道も土砂降りだったなあ、と
札幌の大雨を受けて思い出しました。

渡辺さんが亡くなって
もうすぐ2年になるけど、
いまでも渡辺さんに教わったことが
いろんな生活の場面で生きています。

ではでは、今日の札幌道中記は
このへんで。

明日も札幌のジーパンハウスより
お届けします。


島田晋輔

PS)

では、今日は札幌出身のアーティストの曲を、、、







関連記事一覧

  • 佐久間

    もう二年前なんですね、、時がたつのが早いです。

    • 早いですね。


      そのとき、生後半年くらいだった次男も2歳半ですから。

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes