Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

とっとりの元気づくり東部プロジェクト 第2回交流会・ワークショップin岩美ワークショップ

東京〜名古屋の出張を終えて
鳥取に戻ってきた。

・・・まあ、明日から栃木〜東京なので
滞在は実質1日。。

で、鳥取に戻ってきて
すぐさまイベントに。

先月山形小学校で開催した、とっとりの元気づくり東部プロジェクトの交流会とワークショップが、今度は岩美町であります。


と山人塾を運営されている
米井さんにお誘いを受けて
奥さんとふたりで参加してきた。

いろんなところからいろんな人が集まっていて
鳥取ではおもしろい取り組みをしているひとが
けっこういるんだなと改めて思った。


グループに別れてのワーク。

僕たちのグループはなんと全員移住者で、
ポニー牧場を20年ほど経営して
自然体験を通じての教育事業をされているひとや
すべてひとりで撮影からセルフブランディングされて
砂丘ヨガ事業をされている女性、
また70歳の設計士の方もいた。

全員移住者のグループというコトもあって
「自然体験と県外者の受け入れ」
というテーマに関してディスカッション。

70歳の設計士の方は、東京、大阪、京都など
いろんなところで住みながら仕事をされて、

自分の死に場所はどこがいいか?


と考えたときに鳥取に落ち着いたという。

ポニー牧場を20年もやられている方は
大学卒業のときにフォローしていたかっこいいひとが
ポニーを飼い出したのがきっかけで追いかけて
鳥取にきた、と。

砂丘ヨガ事業をすべてひとりでやられている女性は
もともとは東京生まれで
渋谷のパルコに勤められていたそうで、
都会っ子だよね。

でも、鳥取に移住して生まれ育った東京に戻りたいとは
まったく思わないというのが興味深い意見だった。

都会より田舎の暮らしがあっているのだろうし、
価値観も変わってきたとも言われていた。

他のグループの参加者さんは、
パラグライダーの事業をされているひとや
サーフショップを経営しているひと、
ビーチサッカー事業をされているひと、
鳥取市で森のようちえんを立ち上げたひと、
フリースクールを立ち上げたひとなど
様々な活動をされているひとが参加していた。

交流会で話にもでていたけど、
鳥取は小さくコンパクトにまとまっているので、

ひとり挟んだらみんな知り合い

みたいなところが大きな特徴だと思う。

おもしろい人たち同士でつながりやすいというか。

ひととひとのつながり、
ネットワークの大切さも最近よく感じるので、
智頭での廃校をつかった事業を軌道にのせて
活性化させていくためにも出会った人たちとの
ご縁を大切にしていきたいと思う。

では、また明日。


島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、


関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

吐き出された記事たち↓

PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes