Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

ちょっと郵便を出しに、、、

IMG_0911
ここは鳥取のカフェ。

隠れ家的な雰囲気で、
かわいいらしい木のテーブルが並んでいる。

僕以外のお客さんは若い女の子ばかり。

ひき肉と卵のフォーに
ライムを絞りながら
思考の整理をする。

そもそもなんでカフェに来てるんだっけ?

うーん、、、時間を4時間ほど戻そう。


お昼前。

来月のワイルドサイドインドツアーの手続きで、
担当のコンシェルジュの伊藤さん(かんちゃんじゃないよ)に、
いろいろ送らねばならなかった。

ビザの申請代行依頼をしていたから。

パスポート、伺い書、免許証のコピー、写真の一式を
書留で18日必着でお願いします
と連絡が来ていたのだけど、
お盆は栃木に帰省していてできず、
智頭に帰ってきてから
急いで準備して送ることに。

一通り揃えて、あとは写真を撮って送るだけ。

智頭のドラッグストアのところに
証明写真撮影機があると
奥さんから聞いたので、
写真を撮ってそのまま郵便だしてくるわ
と家を出た。

昼の便に速達で出せば、
明日には東京に届くだろうから
ドラッグストアの写真機まで行って
さっそく撮影することに。

あれ、でもビザ用のがない。。

背景は白で、サイズは5×5で
と注意事項があったので、
撮影は断念。

確かコンビニにもあったよな
と思ってファミマまで行ってみたけど、
ここにも5×5のサイズがない。。

コンシェルジュの伊藤さん(かんちゃんじゃないよ)に
電話して聞いてみると、インドって厳しくて
背景は白でサイズも5×5じゃないとダメなんです、、と。

なので、多くの人が写真屋さんで
撮っているんです、、、ってことだったので、
智頭にある写真屋さんを調べて電話をする。

今からすぐに撮影できますよ、
ってことでお願いをして、
写真を撮りにいった。

やっとこれでアイテムが揃った!
ってことで、郵便局に。

窓口に持っていくと、
応対してくれた郵便局員さんが親切で、
書留で送りたいってことを伝えると、
何を送るのですか?と。

パスポートや書類などだと答えたら、
それなら書留じゃなくて、
ゆうパックがいいですよ、
と教えてくれた。

その方が安いし、赤いゆうパックなら
速達扱いですよ、と。

書留は保証があるってだけで、
パスポートは壊れないので、
ゆうパックがいいですよ、
とすすめてくれた。

ただ、、、

昼の便が先ほどでてしまったので、
次の出荷が16時になります、、と。

そうなると到着が明日の夜間、、、
18時以降となりそうです、
という話だった。

うーん、明日必着だけど、
18時でも大丈夫なのか、
コンシェルジュの伊藤さんに
電話で聞いてみた。

すると、、、

「会社は18時までなのですけど、
18時以降も誰かいるので、
受け取れるので大丈夫ですよ」

とのことだった。

もし受け取れなくても、
次の日の朝、再配達してもらって
受け取って手続きをすすめます、と。

そのことを郵便局さんに伝え、
ゆうパックで送ることに。

先週もあったのですけど、
もし、交通が混んでいたら
もうちょっと遅れてしまうこともありますよ、
と丁寧に教えてくれたのだが、
コンシェルジュの伊藤さんは
再配達で受け取るって言っていたから
大丈夫だろうと思ってお願いをした。

無事に郵便を出し終えて、
帰ろうと思ったら、
スマホに伊藤さん(かんちゃんじゃないよ)から着信が。。

あれ?と思って掛け直してみると、、、


話が長くなってきたので、
いったん今日はここで終了。

続きはまた明日。


島田晋輔

PS)

今日の一曲はカフェでかかっていたこの曲を、、、

関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes