Walk on the Wild Side

なぜブログやメルマガをやるのか?

はじめにお断りしておくと、
こんなメリットがあるので、
ブログやメルマガをやりましょう
っていう話ではない。

こちらの記事でも書いているがメルマガは、
ほとんどブログ記事更新のリマインダーだし
登録したからといって何かもらえるわけでもない。

あるのは、めだる集めやクイズくらい。

ゲームやエンタメの要素がほとんどで
「ためになる」ものは、
ほとんどない。

読者も積極的に集めてなくて、
登録したとしても開封してない人たちは
こちらから解除していっている。


ブログもいっしょで大半が
日々の雑感。

「お役立ち情報」は
ほとんどでてこないだろう。

定期的に公開している
ワイルドサイドストーリーという
インタビュー番組は、出演してくれる人たちが
素晴らしいので内容的には
おもしろいものに仕上がっている。

が、録音環境は劣悪で、
能動的に聞こうとしないと
聞いていられない音声だろう。


・・・こんな感じで、
ブログもメルマガも
読者が積極的に関わってこないと
完成しない未完成品を
「あえて」出している。

未完成品をあえて出す理由は
いろんな背景があるので、
また話す機会があれば
どこかでしたいが、、、

ゆるくたのしくてきとーに

っていうモットーでデザインしている
という部分と大きくリンクしてくる。

僕がクレヨンで手書きにした
ブログタイトルのバナーからも
その様子がわかるだろう。

ゆるくたのしくてきとーに


だから日刊で更新できるし
誤字脱字があっても
日本語的におかしくても
そのまま公開している。

伊沢さんの言うように、
排泄物だと思ってる部分もあるし、
インターネットは死のメディア
捉えていたりもするからだ。


なぜこんな話をするのかというと、、、

「島田さんのブログを参考に
 ブログを立ち上げてみました!」


みたいな意見を何人かにもらったからだ。

誰かの活動のきっかけになることは
嬉しいことだし、行動をおこしてくれることは
喜ばしいことなんだけど、
ただブログやメルマガを
やればいいというものではない。

ブログやメルマガにもルールがあって
特徴がある。

ルールや特徴を把握せずに
始めてもただの自己満足、
遊びで終わってしまう。

いや、自己満足でよければいいけどね、
生産的な活動をしたいと思うならば、
それなりの事前準備が必要だ。

ちなみにだけど、
僕のなかでは、

・ブログ
・YouTube
・メルマガ
・Facebook
・ツイッター
・LINE
・チャットワーク
・スカイプ
・Google+
・ピンタレスト
・Linkedin


をそれぞれポジショニングしていて、
使い分けをしている。

もちろん時代背景も踏まえている。

いや正直に言うと、
ピンタレストとLinkedinは
アカウントをつくってるだけで
稼働はさせていない。
(だから理解も浅い)

海外マーケッターの間では
流行ってるらしいので、今後は日本でも
流行ってくるかもしれないけど、
僕はまだ態度を保留している。

こんな感じで、まずはどんな特徴があるのか
何のためにどのように活用していくのかを
自分のなかで設計してスタートさせないと、
ブログもFacebookもツイッターも
自己満足で終わってしまうだろう。


で、本題の

なぜブログやメルマガをやるのか?

だけど、これにはいろんな理由があって
ここでは説明しきれない。

長期的な構想があって
行っているというのだけは
伝えておこう。

このブログをプレオープンさせたのが
去年のクリスマスイブくらいで
本格オープンしたのは、
今年からだけど、
スタートさせる前に
長期的な構想を練って始めた。

なので、見えているのは氷山の一角で
見えていない部分が大半だろう。

どういう意図で、
どういう位置付けで行っているのかは
今後、徐々に明らかにしていくが、
見えている部分だけを真似しても
うまくいかないとだけ伝えておきたい。

これはどんなことでもいっしょだけどね。


さて、長くなってしまったので、
最後に、、、

正直に言うと、
僕はSNSがあまり好きではない。


もっと言えば、スマホも解約したいし
SNSも全部やめたいし、
ブログもこうやって公にせずに、
自分で手書きでやっても良いと思っている。

鳥取の田舎で暮らしているので、
自分の幸福だけ考えれば
野菜作りに専念して静かに
暮らすことが最も良いだろう。

けど、

自分だけ幸せってどうなんだろう?

と思うことがある。

自分の満足を高めること、
自分がよければいいという生き方には
疑問をもつ。

自分だけの幸福ではなく、
周りの人たちの幸福も考えたときに、
自分のやるべきことが見えてきた。

そういった理由もあって、
わざわざこうして排泄物を公開し、
いろんなSNSに登録し、
日々ブログを書いている。

スタンスは、

ゆるくたのしくてきとーに

だからそんなに苦ではないけど、
楽しくてやりたくてやってるという
わけではないということだけ。

仕事っていうわけではなく
毎日ご飯を食べるようなライフワークとして
やってるのだけど、小さなピースが
少しずつ集まってきて、
何年後には大きな絵が描けているだろう。

ガウディの建築物のように、
ダビンチのモナリザのように、
未完成で終わるかもしれないけど、
ワイルドサイドを歩こうよ
という感じでこれからも動いていこうと思う。

では、また。


島田

PS)

誰に評価されるわけでもなく、
人知れずせっせと作品を残した人たちは
たくさんいて、音楽の世界でも
DIYの父と言われたこの人は、
ビートルズと同時代に生きながら全く評価されてなかった。

そんな彼の一曲をどうぞ、、、



40年間、商業的に日の目を見ないけども
作品作りをしてきたR. Stevie Moore
(R.スティーヴィー・ムーア)。

日本でも情報が少ない超マイナーなミュージシャンだけど、
最近やっと評価されてきたっていうね。

このひとを教えてくれた愛知県でインディーレーベル
やってる友人が、、、

「こういう例があるからいつ売れるかわからないよね」

って。

評価されなくてもやり続けるって大事だよね。

彼のように40年後にひょんなことから
評価されるかもしれないのだから。

関連記事一覧

  • アキ。*゜

    わたしも周りの人たちの幸せに焦点をあてて日々行動していけたらと思います!わたしもSNSは得意じゃないけど今日から実践してみます!

    • コメントありがとうございます。

      周りの人たちも、
      そして、自分もね、
      どちらも大切にすることで
      本当に望むものって手に入ると思うのです。


      これからも楽しんで励んでいきましょう!

  • やまもと

    周りの人を大切にするとどーしてステージが上がるのか教えてください

    • やまもとさん、コメントありがとうございます。

      ステージをどう捉えているかによるのですけど、
      人間は社会的な動物という前提で考えたときに、
      ステージも社会との関わりによって、
      少なからず影響を受けるものだと
      僕は考えています。


      周りを無視して、ひとりでグイグイ進む、、、


      そういう人がステージを高めていくことは
      難しいのではないかと僕は思います。



      なぜなら、無駄なエネルギーロスがあるからです。
      (ちょっとフワフワしてますが。。)


      良い意味で「無視」であればよいのですが、
      嫌なものにフタをしても前に進むことは
      できないと僕は考えているのです。


      周りの人を大切に、
      というのは
      周りの人に優しくする、
      御用聞きになるという意味ではなくて
      良いものも悪いものも受け入れて、
      周りの人も含めて、
      自己磨きをするということ。


      幸福を志向するということ。


      これがステージをあげるひとつの法則かと思います。


      周りの人を無視して、非難して、
      ストレスフルな生活を送っていると
      嫉妬、恨み、辛みばかりでてきて、
      エネルギーを失ってしまいます。


      そのような人がステージを上げていくのは
      難しいと僕は考えています。

      私利私欲にまみれていると、
      一時的にうまくいっているようにみえても、
      いつかは滅びます。


      自分の人生に満足するには、
      周りの人も含めて、
      いっしょに前に進むしかないのです。


      これからも励んでいきましょう!

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes