Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

どっちを優先?

From:イーナ

量と質。

どっちを優先すべきか?といったことは、度々議論の種になることがあります。

悩んでる人も多いかもしれませんね。

あ、ちなみに、優先なので、どっちが重要?という話ではないです。

当然、どちらも重要。だからです。

色々な意見があると思いますが、僕たちのチームの事例を紹介すると、

まずは量。やり始めなどの初期段階では、量を優先し、ある段階を超えてきたら、質に
シフトしていく。

という段階を踏んでます。

YouTubeのプロジェクトなんか、すごくわかりやすいです。

あと、最初から質を求めると、そもそも何も出来ない、何も生み出されない
状態が続いてしまう・・・

なんてことも大いにあるからです。

質をどうやって高めるか?も、経験がないとできないことも、たくさん
あるのもまた事実ですし・・・

まあ、量をこなしてれば、質は意識しなくても上がっていきます。

他にも理由はあるのですが、とにかく最初は量を重要視しています。

ある段階が来たら、と言いましたが、その段階は、人それぞれです。

僕たちの例で言うと、あまり数字は追いかけていないのですが、目安として
敢えて数字を上げると、登録者数で言えば、1万人、期間は1年。

を、1つの目安にしています。

あまりないですが、一気に1万人とかいってしまうと、経験出来ないまま、
達成してしまうことになるからです。

もしそうなったとしても、期間はどうしようも出来ません。
早めることは出来ないのが現状ですから。

ちなみに・・・

数字を求めるのは、自分たちってよりも、案件を依頼してくる代理店側や
スポンサーの為です。

そうそう、毎日のように動画を投稿してると、何が良いかって話ですが、
命綱とも言えるものが集まるからです。

何だと思いますか?

少し考えてみてください・・・

考えましたか?

では早速答えを言いますが、それは、データです。

日々、色々なデータが集まります。

このデータが、また面白いのです。

アルゴリズムは日々変化してる!なんて話を聞いたことがあるかもしれませんが、これ、
本当に垣間見ることができるのです。

僕たちは、軸を重要視しているので、データに振り回される。ってことは、
ないのですが(と、思っていますが・・・)

データを元に、動画の内容を考えたりとかは、普通にしたりします。

当然ですが、データを入手するには、量が必要になってくると言うわけです。

最初に量を重要視するのは、このような理由があるからです。

ちなみに、1万人や1年間で、量をやめるのか?という話にはなりません。

出来れば、質を伴いながら、量も。という状態が、理想だと思ってますので、ある段階で、
質を優先しながら、量をこなしていく。

という感じになっていくという話です。

量と質について、あなたはどう思いますか?

機会があれば、あなたの意見も聞かせてくださいね。

それでは今日はこの辺で。

良い1週間を。

PS
今日のイーナさん
昨日の昼ごはん、質より量を重要視した結果、お腹がオーバーヒート寸前に
なる・・・

ワイルドサイドはENERGEIAでも活動中です。
ENERGEIA:WILD SIDE CLUB
WILD SIDE CLUB

この記事を書いた人
稲村(イーナ)
はじめまして。イーナこと稲村です。現在は五感がとっても刺激される、
心地よい大自然の環境の中で、活動中です。
「何かの為より、誰かの為に」をモットーに、目の前のご縁や流れを大切に活動しています。
ブログでは、田舎に住みながらのビジネス活動や、地域創生活動などを発信していけたらと思ってます。
いつも頑張ってるあなたにとって、ちょっとした心の休息になるような記事を発信していけたらなと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。
それでは今日もあなたの心が、優しい光に満たされますように。


姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルマガ登録


 


島田晋輔のメディア


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

吐き出された記事たち↓

PAGE TOP