Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

私たちは比古清十郎

From : いっちー

比古清十郎をご存じでしょうか!?

きっと30代くらいの世代の人には
タイムリーかもしれません。

週刊少年ジャンプで連載していた
人気漫画「るろうに剣心」に出てくる登場人物です。

作品の主人公である緋村剣心の使う
飛天御剣流という剣術の師匠になります。

実写版映画では、
佐藤健さんが緋村剣心を演じていましたが、
比古清十郎は福山雅治さんが演じられました。

チートキャラ

この比古清十郎ですが、めちゃくちゃ強いのです。

だいたいアクション系漫画というのは、
チートキャラといわれる
飛び抜けて強いキャラクターがいるものですが、
この比古清十郎も
作中最強のキャラなのではないかと言われています。

いろいろな事件が起きても比古清十郎が出ていけば、
本来ならば全部片がついちゃうと思うのですが、
それでは話が成り立たないので(笑)

我が我がという感じで
表に出ていくタイプではありません。

こういうキャラ、
こういう立ち位置の人ってすごく憧れがあります。

ヒーロー(主人公)を育てる
ヒーロー(主人公)といいますか。

表には出ないけど、
めちゃくちゃ世の中を支えてるとか、
世の中を守ってる
とかっていうのいいなって思うんですよね。

RPGで例えるならば、主人公一行が魔王を退治して
世の中に平和が訪れたかと思いきや、
実は、その裏でさらに巨大な悪が動いていて、
人知れずその悪を退治した者がいた…
みたいなのに憧れるんですよね。

エターナルズ

マーベル作品でいえば、
今度エターナルズっていう作品が公開されますけど、
エターナルズは地球を陰から見守ってきた最強集団。

ある条件下でなければ、エターナルズは、
地球で訪れる脅威に干渉することがありません。

エターナルズが
アベンジャーズの戦いに参戦してくれれば、
サノスの被害をもっと防ぐことができたのに、
なぜ、エターナルズはアベンジャーズの戦いに
参戦しなかったのか?その辺も作中描かれるようです。

僕たちのミッション

どうして、比古清十郎の話をしたかというと、
ワイルドサイド執筆陣で
商品・サービスをリリースするという
話が現在進行しているわけですが、
それに伴ってワイルドサイドメディアにおける
ミッションを決めるワークを先日おこないました。

そのミッションワークをイーナさん、よっぴーさん、
僕の3人でおこなっていたわけですが、
上にも書いたように、表には出てこないけど、
こういう感じの人がいいなって思うんですよね
っていう話をしたときに、

イーナさんが

「いっちーさん、るろうに剣心って知ってますか?
それに出てくる比古清十郎みたいな感じですね」

って返してくれて、
比古清十郎っていうのがそのものズバリで、
まさにそれだっていう話になりました。

しかも、比古清十郎って
代々受け継がれていく名前なんですよね。

歌舞伎の襲名とおなじように。

それは、ワイルドサイドの教えを
後世に引き継いでいきたいという
僕らの想いとも一致します。

そういうところともあり、僕らのミッションは、

「私たちのミッションは、
ワイルドサイダーにとっての比古清十郎になる事です。」

になりました。

お伝えしきれていない部分は、
先日の動画をご覧になってください。

このミッションが生み出されるまでの
流れを体験していただけると思います^^

P.S.

https://www.facebook.com/twalkonthewildside2015

FBページ更新しました!

この記事を書いた人
市村敬(いっちー)
こんにちは!いっちーこと、市村敬です。「ドラマ」それは僕の人生にとってとても重要なキーワードでなくてはならないものです。人生に劇的なこと…ドラマといえるようなできごとはどのようなときに起きるでしょうか。それは、ある人との出会いによって、またはある本やクリエイティブな作品との出会いによって、旅に出たことによって…など様々なケースが考えられると思います。僕は、自分の興味の幅の数だけ人生にドラマが起きる可能性が高いと思っています。何か興味を持ったことに取り組んだ結果、自分の世界が広がって、新しい人との出会いがあったり、自分のまだ発見されていなかった可能性に出会ったり…だからこそ、ワイルドサイドを歩こうよでは、多趣味で興味津々な僕が、こんなことあるよあんなことあるよと自分の興味があることや知ったことをシェアさせていただくことで、皆さんの人生に新しいドラマの灯をともすキッカケ作りになればよいなと思っています。よろしくお願いします^^


姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

  1. re

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルマガ登録


 


島田晋輔のメディア


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

吐き出された記事たち↓

PAGE TOP