Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

売上を伸ばす事はいい事か?

From:よっぴー

すっかり自分でわらび餅を作るのにハマってしまって
わらび粉100%のわらび餅と
さつまいも粉100%のわらび餅と
葛粉100%のわらび餅(これはすでにわらび餅ではなく葛餅)

そして、それらのブレンドを作って
どれが一番美味しいか試しているよっぴーです。

さてさて今日は

売上を伸ばすのは善なのか

という話をしようと思います。

最近どうも人間関係がギクシャクして
会社に行っても楽しくない

という悩み相談が多くて

よーく話を聞いてみると
仕事自体は楽しく
やりがいもある

別に辞めたいとは思わないけど
人間関係がギクシャクしてて
ディスコミュニケーションが絶えないと。

もともとそんな職場だったわけではなく
昔は和気藹々としていて
楽しい職場だったらしい。

それが
最近は、そうでもない。

立て続けにこんな悩みを相談されて
なんだか最近はこういう悩みがホットなのかな?

なんて思ってたんだけど

共通することは
売上が順調に伸びている会社である
ということ。

このコロナ騒ぎで世の中が大変な中
業績を伸ばしている
っていうのは
すごいなぁって思うけど

業績を伸ばす事=素晴らしい事

なんだろうか?

働いている人を見ているか?

例えば
業績が120%アップしている会社
が、あったとして

もしそうだとしたら
作業効率が120%アップしているか
売り場面積が120%アップしているか
社員数が120%アップしているか

なにかしら
同じようにしていないとおかしい。

業績が120%アップしているのに
働いている人は1年前と同じ
店舗も増えていない
作業マニュアルも変更なし

なんて事だとしたら

現場の人間が頑張っているからこそ成り立っている状態と言える。

それなのに
去年は無事120%アップしました!
今年もこの調子で120%アップを目指しましょう!

なんて言われても
社員が頑張ると思うか?
っていう話だよね。

売上を伸ばしたいのであれば
社員の負担もその分減らしてあげないと
働いている人がしんどくなる一方。

働けば働くほど給料が上がり
作業量が減り報われる!
のであれば
社員はどんどん頑張ると思うけど

頑張れば頑張るほど忙しくなる
のであれば

なんで頑張らなきゃいけないの?

ってなるのは当然だよね。

CSをあげたいならESを上げるべき

僕が相談に乗る時には
まず、会社の内部を見させてもらう。

そうすると
売上を伸ばす段階にない会社が多いんだよね。

売上が伸びないのは
伸びないなりの理由がある。

伸びていても
離職率が高かったり
不満が多い社員が多かったりする。

だから
売上を上げる事より
内部を正常に戻す事から始める提案をする事が多いけど

その際
一時的に売上を下げる提案をする事もある。

売上だけを求めると
ES(社員満足度)を下げる事になり
その結果CS(顧客満足度)まで下がる事になってしまう。

そのまま売上を求め続ければ
CSが下がって
将来的に業績が下がるという結果になりかねないんだよね。

なので
もう一度

去年よりも売上を伸ばす事は
本当に今必要なのか?

を、考えるべきで

現場での不満は広がっていないか?
去年よりも作業効率は上がっているか?
社員は増えているか?

業績を上げるのであれば
それに伴ってあげていかなければいけない事もたくさんあるから

経費は使いたくないものだけど
必要なところにはしっかり使う。

業績が上がったせいで忙しくなり
そのせいで今まで出来ていた細かい連絡やコミュニケーションが取れなくなる

そして
忙しさで個人個人の余裕がなくなる

そのせいで
会社の中の人間関係がギクシャクしていく。

経営陣は現場に出ないから
ここに気付けない事が多い。

気付けば有能な社員から辞めていき
離職率がどんどん上がる。。。

なんて事にならないためにも
業績を上げるなら
必要なところもちゃんとしていかないとね。

って事で今日はこの辺で
よっぴー

この記事を書いた人
よっぴーこと、吉本雄祐です。みんな自分を抑え込みすぎてて窮屈そう、、、もっとワガママに生きようよ!という思いを胸に、もっとその人その人にとってバランスが取れた人生を送れるようにお手伝いしたい。そのためには、僕がもっとワガママに学びたいものを学び、行きたいところに行き、食べたいものを食べる。そんな生活をしてそれを見せていくのが大切なのかなぁと思っています。周りを見渡すと仕事で人生を決めている人が大勢います。けれど、本来の順番は自分の人生どうして行きたい!があってそれに合った仕事を選ぶという順番なハズです。自分の感覚や直感に敏感になり、自分がやりたい事を自分で判断できるようになっていきたい。もともと薬剤師スタートの社会人で、そこから西洋医学に絶望し、中医学を学んだけれど結局対症療法しかしていない世の中を見て。『根本解決できないと意味がない』これを本当に感じるようになりました。そのためには僕主導で動くのではなく、その人自身がその人に合ったスピードでその人に合った方法を見つけて行けていく必要がある。それを一緒に探していければいいなぁと思っています。もっと自分の心と身体について知ってほしい。人はみんな違う生き物なんだから。僕の記事がそんなキッカケになれば嬉しく思います。


姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルマガ登録


 


島田晋輔のメディア


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

吐き出された記事たち↓

PAGE TOP