Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

人の不幸は蜜の味

From:イーナ

先日、2021年度の方向確認というか、軸の確認みたいな事をしました。

色々な活動の中において、外せない部分の確認。

その中で、僕たちが常に意識してるモノが、十方良しの活動。

自分たちと自分たちの周りの人、相手や相手の周りはもちろん、業界に
とっても良い事はもちろん、未来にとっても良い事。を意識して、活動
しています。

部分的な利益やメリットよりも、業界や未来を重要視しています。

例えば、僕はエンタメ系のYouTubeチャンネルを複数運営していますが、
ぶっちゃけ、数字が取れる(利益・メリットがある)モノは、業界や未来に
とって、あまり良く無いってモノも多いと判断するモノが多いです。

必然的に、そういったモノは、世の中に出すわけにはいかない・・・

結局、僕たちが出さなくても、他が出すので、あまり意味がないという、
見方も出来るかもしれません。

でもそういう話ではなくて、自分たちがそうしない事が重要だと思ってます。

12月の話ですが、これはたぶん、バズるネタかも?って言うのが2本
ありました。

一応動画は撮って、出せる準備をしてたのですが、軸がブレる事になるので、
公開はしませんでした。

結果論になりますが、そのネタは、ミリオンヒット(100万再生)も出て、
ネタ的には、YouTuberのドル箱になったわけです。

出した側は数字も取れた、見てる視聴者も楽しめた。YouTube的にも、広告が
たくさん流れたので良かった。

自分たち(動画公開側)・取引先(YouTube)・お客さん(視聴者)にとっては、
良いことなのかもしれません。

でも、僕たちの目指す方向性とは少し違ったので、動画を出すことはしませんでした。
(決して動画を出した人たちが、良くないって話ではありません。僕たちにとって、
良くないって意味です)

なぜか?それは、この動画を出すことで、良くならない人も存在したからです。

ネタの元になった人達にとっては、良くない事になります。

業界の為にならないし、未来の為にもならない・・・

そんな経緯があったので、お蔵入りとしたわけです。

「人の不幸は蜜の味」

雑誌でも、テレビでも、SNSでも、どのメディアにとっても、ネタ的には
美味しいネタになります。

YouTube界隈にとって、数字(登録者数・再生数)は戦闘力です。

この数字に、全て(視聴者、権威性、企業案件の依頼、etc)が集まります。

これが良い・悪いの話ではありません。

ただ、僕たちは別の事を見てるので、ブレないように行きましょう。って事を、
見直しました。

今回、たまたまYouTubeの話を、出しましたが、別にYouTubeに限らず、
活動全体での軸の再確認です。

しかし・・・

目の前のりんごを、食べたくて食べたくて、仕方ありませんでした(笑)

そういった心境にならないように、もっと精進・鍛錬していきたいと思います。

それでは良い1週間を。

PS
今日のイーナさん
大量の屋根雪が落ちてきて埋もれそうになる・・・(間一髪セーフ)

・イーナのブログ記事
イーナの記事一覧
・イーナYouTubeチャンネル
イーナのYouTubeチャンネル
この記事を書いた人
稲村龍慶(イーナ)
はじめまして。イーナこと稲村です。現在は五感がとっても刺激される、
心地よい大自然の環境の中で、活動中です。
「何かの為より、誰かの為に」をモットーに、目の前のご縁や流れを大切に活動しています。
ブログでは、田舎に住みながらのビジネス活動や、地域創生活動などを発信していけたらと思ってます。
いつも頑張ってるあなたにとって、ちょっとした心の休息になるような記事を発信していけたらなと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。
それでは今日もあなたの心が、優しい光に満たされますように。


姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルマガ登録


 


島田晋輔のメディア


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

吐き出された記事たち↓

PAGE TOP