Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

しまだしんすけべとの出会い

From:イーナ

僕が島田さんに繋がっていくきっかけが、ちょうど6年前の、今頃でした。

2014年の7月。正確な日付は覚えてませんが、たしか7月前後だった気がします。

そのきっかけですが、ただ単に、調べ物をしてる時です。

ジョン・カールトンという、コピー・ライターがいるのですが、彼の情報を
調べていた時です。

ジョン・カールトンに関しては、ほぼ情報が出回ってませんが、そんな中、いくつかのサイトに辿り着きます。

その中の1つに、古くからの読者はご存知だと思いますが、小野さんの
ブログ(旧ブログ:ベネマン)にたどり着きました。

まあ、僕が求めていた、ジョン・カールトンの情報ではなかったですが
その時に、小野さんのブログをブックマークして、定期的に拝読していくことに。

その後、たしか9月頃だったと思いますが、小野さんが新ブログも立ち上げて、メルマガをスタート。
読者だった僕は、流れで小野さんのメルマガに登録。

小野さんのメルマガ読者として、月日を重ねます。

2014年の7月の、きっかけの1つが小野さんとの繋がりです。

実は、小野さんだけではありません。

もう1人います。

その1人が、比嘉さんです。ワイルドサイド・ストーリーにも登場した
比嘉さん。

比嘉さんも、ちょうどコアサイトを初めたばかりで、ジョン・カールトンの
記事がありました。

同じ流れで、比嘉さんの読者になり、メルマガに登録。

比嘉さんと繋がった事によって、木坂さん、今井先生、渡辺さんの名前も
登場し、その後の島田さんに繋がる、きっかけになります。

それが、2014年の7月頃。6年前の今頃です。

ジョン・カールトン、小野さん、比嘉さん。この3つが、点となります。

その後、1年くらい経過します。

2015年です。

2015年の5月くらいに、偶然、島田さんのブログにたどり着きます。

何でたどり着いたかのかは、よく覚えてません。誰かの紹介などではなく、
検索でたどり着きます。

「しまだしんすけべ」に、たどり着いた記憶があります(記憶は曖昧です・・・)

ブログを読んでると、比嘉さんや、今井先生の記事もあり、僕の中で、
知ってるワード(交流はありません)が複数あり、親近感を覚えたのでしょう。

そして、ワイルドサイドのメルマガ登録をして、読者になるわけです。

これが2015年の春夏くらいの話です。

そのまま読者で・・・いたわけではありません。

僕はメルマガとか、ブログは、毎日更新で読む場合もあれば、数ヶ月分を
一気に読む場合があります。

そんな僕ですから、島田さんのメルマガは、定期的に行っている、
さよならグッバイのルールに基づいて、さよならグッバイを経験します。

実は、イーナさん、島田さんに、さよならグッバイを、されてるのです(笑)

2016年くらいの話です。

ブログはブックマークで読んでるので、さよならグッバイをされた事に
気がついたのは、しばらく経ってからでしたけど。

なぜまたメルマガ登録をしたのか?は不明ですが、いつの間にかメルマガ
再購読にいたります。

そして月日を重ね、2018年の5月。

島田さんが、智頭移住の話をメルマガで募集されている時、偶然そのメルマガを拝見します。

そして、SWSだった、ゆーちゃんに智頭について話を聞いて、島田さんに話を
聞いて、話はよく分かりませんでしたが、智頭に行く事になりました。

2018年6月の話です。(そして対面予定当日に、新大阪駅で大地震に
遭遇します・・・)

とまあ、こんな感じで、島田さんに出会い、今はこうして、ワイルドサイドの
記事を書いてる事に、繋がります。

縁というのは、いつも不思議なモノですね。

あなたは、縁について、どう思いますか?

それでは良い1週間を。

PS
今日のイーナさん
いつもの散歩コースを変えて、新たな散歩コースを開拓する。

この記事を書いた人
稲村龍慶(イーナ)
イーナこと稲村龍慶です。現在は五感がとっても刺激される、心地よい大自然の環境の中で、活動中です。
「全ての出来事は必然であり、必要なご縁・情報・チャンスは必要な時に必然的にベストなタイミングで現れる」をモットーに、目の前のご縁や流れを大切に活動しています。
ブログでは、田舎に住みながらのビジネス活動や、地域創生活動などを発信していけたらと思ってます。たまに厨二病全開のイタイ内容や、過去の恥ずかしい話などもするかもしれません(笑)
僕は他の執筆者のように、すごく役立つような話はできませんが、いつも頑張ってるあなたにとって、ちょっとした心の休息になるような記事を発信していけたらなと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。
それでは今日もあなたの心が、優しい光に満たされますように。


姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルマガ登録


 


島田晋輔のメディア


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

吐き出された記事たち↓

PAGE TOP