Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

【コピーライティングはココロだ!】ついに登場!ーコピーライティングはココロだ!の生みの親【セールスライティング】

From:秋山大介

「コピーライティングはココロだ!」
と、智頭に向かうスーパーはくとの中で
ジョブズ風のおっさんslow-man会長が叫んだ。
そのときに誕生した「コピーライティング」について語るこの番組。

では、始めましょう!

【続・コピーライティングはココロだ!】

今日は、私の記事に何度も登場して頂いている
会社のマーケティングの専門家の「吉倉雅人」さんと一緒です^^

テーマは、、、

「コピーライティングは物理だ!」

です。

どうぞ、、、

いや~、これまで何度も吉倉さんと話して、
録画をしたりしておきながら…

毎回、これを録画する機会を逃していました(汗)

 

ようやくです・・・

コピーライティングはココロだ!

の生みの親が吉倉さんというのは
ずっと前から聞いていたのですが…

どうも、毎回違う話で盛り上がってしまい、
ようやくです。。。

 

でも、、、

今回も、4時間くらい録画したあとに、

「あっ、吉倉さん撮らせてください!」

と言って、ムリにお願いしましたww

 

ということで・・・

そんなこともふまえて、お届けしたのが

「コピーライティングは物理だ!」

ですが、

私の中では、

「コピーライティング=感情を動かすもの=物理」

と捉えています。

 

「いやいや、人間の感情と物理は違うでしょ~」

と言われてしまいそうですが…

実は、プロモーションのときや
営業のときなどのことを物理に置きかえると、
すご~くよく分かります。

例えば、今回お話しした

「エアホッケー」

の考え方。

あとは「波の理論」や「飛行機が飛ぶ原理」など、
雑学レベルで良いので知っていると
すご~く使えます。

 

だから、よく私は

「感情の波」という言葉や

「モチベーションの波」という言葉を使います。

 

これ、けっこう使える話なので、
ライティングに限らず、
セールスをwebでも対面でもしている人には有効でしょう。

この理屈が分かっていると、
最近、ときどき聞かれるご質問の…

「百万円単位の高額商品はどうやったら販売できますか?」

にもつながります。

百万円単位ととっても、私の場合は、
300万円までしか経験がありませんが、
少なくとも、そこまではいけます^^

「コピーライティングは物理だ!」

と言いながら、物理が全くできなかった私でもあります。

あまりに物理ができなくて、
理系を断念した経緯があります。。。

そんな私でも理解できる物理の範囲で全く問題ないので、
ぜひ、コピーライティングに限らずセールスに

「物理」

を取り入れてみてはいかがでしょうか?

そうそう、、、

そんな私が読んだ物理の本を最後にご紹介しておきます。

ではでは。

ー秋山大介

この記事を書いた人

経営管理修士(MBA)を取得しておきながら「倒産寸前からV字回復を経験」した経営コンサルタント。倒産させたら「経営管理修士(MBA)はしょせん実践では使えない…」と言われてしまうと思い、その知識を使いつつ地べたを這いつくばる戦略でV字回復させる。得意分野は「人材育成」「マーケティング」。 現在は、これまでの経験を活かし、家業の会社を経営しながら、コンサルタントとして活動中。顧問先からは、経営者の視点での人材育成やマーケティングのコンサルティング手法に定評がある。

■⇒⇒⇒ 【動画アリ】詳しいプロフィールはコチラ
■⇒⇒⇒ 【ご質問】の受付はコチラ



姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メルマガ登録


 


島田晋輔のメディア


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP