Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

WildSIde Walker OF THE YEAR 2017

日刊更新しているこのブログも
読者さんのおかげもあって
4年目に突入しました。

毎日楽しみにしてくれている
熱心な読者さんから
週に何回かまとめ読みしてくれる
読者さんまで様々。

親子や兄弟、夫婦で読んでくれていたり、
近所のおじいさんから海を超えた遠くの国に
住む人まで読んでくれていたりもします。

ありがとうございます。

毎年、年に1回の人気投票みたいなのを
兼ねたちょっとしたアンケートのようなものを
やっています。

いろんな人が登場しますし、
ジャンルも記事の内容も様々なので、
たまにはみなさんの声を聞いてみたいな
と思いまして。

・あなたが選ぶWildSIde Walker OF THE YEARは?
・あなたが選ぶBest WildSide Blog OF THE YEARは?


という2つの質問をしています。

WildSIde Walker OF THE YEARというのは、
この人はワイルドサイドを歩いているな!
という人を選んだもらうもの。

Best WildSide Blog OF THE YEARは、
1年間のブログ記事の中から
特に1番のお気に入り記事を選んでもらうもの。

傾向がみれておもしろいです。

WildSIde Walker OF THE YEARは
やはり露出が多い人に投票が
集まります。

今回グランプリに輝いたのは
ビーコンの小野さん。

まあ、納得のグランプリですね。

このブログで小野さんを知ったという人も
多いのではないでしょうか。

それくらい露出が多かったと思います。

2015、2016年と2位だった
小野さんも2017年はついに1位に!

それもそのはず、
ワイルドサイド部に
クレパパ、エグゼクティブコース、
インプットクラスに参加してくれていました。

それに、グレートジャーニー、
ベストパフォーマーズ、
ぽっちりプロジェクトと
仕事も一緒にたくさんしてきましたし、
食いトレ部での部活動や
オーダースーツ受注会、
城ドラフェスにも
お誘いしました。

小野さんとつきあってるんじゃないの!?
と言われたのは1度や2度ではありません(苦笑)

それくらいいっしょに過ごす時間は
長かったので、自然とブログの露出も
増えてました。

圧倒的な投票数で
グランプリに輝いた小野さんに
寄せられたコメントはこんな感じです、、、


・一番島田さんのそばにいて、島田さんの理念を共有していたかと。
・登場回数が多い。何でも取り入れて、すぐ活動しているから。
・小野さんの鈍感力(と感じさせる人格者っぷり?)は、とてもチャーミングに感じます。ワイルドサイドを歩く人は、人に「放っておけない」と感じさせる、チャーミングな魅力を備えた人ではないかと思うからです。
・家族はいるが自由感が満載だから
・小野さんの登場がかなり多いと感じた一年でした。
・よく登場されていて活躍なされてるように思うからです。
・頭がつるっとしているからです!
・登場回数、初登場から一貫して変わらぬトンプソン教徒ぶり、などの理由で小野貴正さん
・自分が好きだからという理由が多いですが、囚われなさ、が素敵だと思います。
・世界のどこにでも現れる印象が強いから
・コピーライティングという僕には想像もできな世界で生活しているから
・自由さを感じるからかも知れません
・ふつうに考えて小野さんかなあ、でも普通すぎて面白くないから他の人いないかなあ、と考えましたがやっぱり小野さんでした。
・どれだけ仕事や収入面で望む状態に近づいていたとは言え、長年の会社員生活から抜け出すのは勇気が必要だったと思うからです。これは僕がライターとして固定報酬の契約を解除した時に感じた不安と同じなのかなと思います。僕は1年程度でしたが、固定収入の期間が長ければ長い程、捨てる恐怖は大きいと思います。なのでワイルドサイドを歩いていると僕が思うのは小野さんです。
・やはり小野さんの存在感が際立っていると思いました。
・当たり前のことだとおもいますが、軸を振らさず、淡々と行動しているところが他の人よりも伝わる感じがあるから。
・ワイルドサイダーの島田さんといつも一緒のように見えるから。
・独自路線行き過ぎです。


などなど。

興味深いですよね。

続いて、2位は恐縮ながら僕でした。。

まあ、書き手なのでしょうがないかな
と思いますが、投票理由も
小野さんとまた違うので興味深いです。

・なんだかんだで結局、しまださんかな、と。ここ最近の吐露されている記事などを見ても、改めてそう思ったりしている次第です。
・様々な人と会い、ジャンルを越えて活躍しているから。
・毎日毎日メルマガを配信し続けること自体、ワイルドサイドウォーカーです。
・毎日ブログ更新されているところです 内容も深くて軽さを感じるからです
・リーダーとしてMSPを見事に体現されていると感じます。
・毎日いろいろな体験をされているため
・淡々と、そしてシレェ~と、常識の限界点ギリギリを歩いている感じがします。


いくつかピックアップしてみましたら
こんな投票理由でした。

3位は木坂さんです。

木坂さんとも小野さんほどではないですが
いっしょに過ごした時間が長かったですからね。

木坂さんへの投票理由はこんな感じです、、、

・相変わらず面白くて興味深い人です。
・島田さんの投稿で出てくる中でもいろんな視点の気づきを与えてくれるだけではなく、パフォーマンスセミナーなどマスタークラス以外の活動でも大活躍だったので
・自分の興味関心事を研究しコンテンツ化して自由に活動しているから。
・別次元にいる印象のため。
・知れば知るほど魅力が増す、不思議で面白い人です。
・理由はすべてのことにおいて普通じゃないと思わせる言動の数々。
・突出してらっしゃる、また基礎について深められてるので。


ということでした。

やはり圧倒的なインパクトですね。

他にもたくさんのワイルドサイドウォーカーに
投票がありました。

投票理由もいくつかピックアップしまそしたので、
どんな人に投票があったのか
寄せられたコメントともに
紹介しましょう。

今井先生
・もっとも熱さを感じる方だからです。

ロイスクルーガー
・カッコイイ!

ザッキーバーグ(ワイルドサイド部)
・やはり軽装と手荷物程度のカバンでデリーや海外などに行く様はワイルドサイドを直で歩いているなと思いましたw

吉倉さん(元SWS)
・一緒に仕事をさせていただきましたが、とても気を使っていただきよくしてくれました。 秘密結社を卒業されるということで、エールというわけではないですが、これから吉倉さんなりのワイルドサイドを歩いているほしいです。

和佐さん
・面白そうな企画を次々立ち上げてすごいスピードで形にしていく様は、近くで見せていただいて圧倒的だなぁと思いました。これで例年の半分くらいのスピード感って…。という感じでした。

楠瀬さん
・とある場所で一度お会いしましたが、以前動画などで拝見したときよりも神々しいオーラを放っていました。今は単なるビジネス支援を越えた場所にいらっしゃるような印象を受けました。

後藤さん(グレートジャーニーメンバー)
・(僕がいうのもおこがましいですが、、、)身近で見ていて、一番成長して、一番飛躍した方だと思うからです。

牧さん(ワイルドサイド部、グレートジャーニーメンバー)
・自由な雰囲気が伝わってきます。
・経営者として格好いいから。

らいとくん(SWS)
・理由は努めていた会社や付き合っていた彼女とも別れて、自身との対話を実践しているからそう感じました。

永田さん
・横でみているからか、やはり永田武が1番ワイルドサイドウォーカーだと妻ながら思います。やりたい事に素直で、実現するパワーに溢れています。こんな主人ですが、これからも、どうか、宜しくお願いします☆


などなど。

他にも、ワイルドサイド部の中平さんや
ふんどしマンことゆーぞーさん、
ベストパフォーマーズの鈴木さん、
元SWSのとっしーにも投票がありました。

あとは、岡本太郎さん、桜井章一さん、
ブルゾンちえみさんにも!

みなさん、投票ありがとうございます。

明日はBest WildSide Blog OF THE YEARを
発表したいと思います。

どの記事が上位にくると思います?

明日の発表をお待ちください!

では。


島田晋輔

PS)

WildSIde Walker OF THE YEAR 2016は
こちらから。

WildSIde Walker OF THE YEAR 2015は
こちらから。

PPS)

今日の一曲はこちら、、、






姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

  1. SWS

メルマガ登録


 


LINE@


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes