Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

birthday

昨日は誕生日でした。

FBやLINE、メッセージ、チャットワーク、城ドラなど
いろんなメディアからの
たくさんのお祝いのメッセージをありがとうございました。

メディアでいうと、やはり城ドラのチャットが早いですね。

情報発信しているひとはリサーチもかねて
何かしらのゲームアプリをインストールしてやってみると
よいかと思います。

一般人と触れ合えることが重要で、
先日ブログにも書いた木坂さんの最近のビジネスや
コピーライティングのトレーニングもいわゆるこういうことを
取り組んでいるということです。

木坂さんも言われていましたが、
普段まじわることのない人たちと交流し、
今の人たちの感覚をつかむというのは、
僕らみたいな人種にとっては
とても意義深いことかと思います。

意識しないと人間関係が偏ってしまいますからね。

たとえはあんまりかもしれませんが、
身体によくないものを食べるから身体にいいものがわかるように、
一般の人たちの感覚に触れることで、
異常なクレイジーな人たちの感覚も相対化して
わかってくるものです。

そうそう、動画でメッセージを送ってくれた方もいましたし、
SWS社員だったとっしーは2時間半かけて
家までプレゼントと手紙を持ってきてくれました。

ありがとうございます。

僕は不在だったので、お会いできなかったのが
残念でしたが、なぜお会いできなかったのというと、、、

グロッキーだったからです。。

前日の夜にコスタ&アントンの受注会があり、
そのまま夜通しパーティー。

朝方8時くらいにいたクラブで
セネガル人のサムに
「あれ?アルコール足りてないんじゃないの?」
って言われるほど、散々飲み明かす夜だったので。。

カラダにはずいぶんと堪えましたが、
祝福してくれたことに感謝です。

またいろんな人種の人たちと触れていると
価値観や世界観が広がるので
とても有意義な時間だと僕は感じています。

そんなこんなで誕生日当日はグロッキーで、
移動して終わりでした。

家には帰れずとっしーには会えませんでしたが
プレゼントは今日受け取りました。

最後に、とっしーからの手紙から少し引用しましょう。

思ったのは、昔は親しい人やすきな人のところに
ふらっと遊びにいったよなあということです。
大人になった今は、行動範囲が少し広がった
そんな感覚で、届けに行けるといいと思いました。
そういうことができる自分でありたいし、
そういうことができる関係は素敵だと思うし、
そういうことをしたいと思う人がいることに
あたたかい気持ちと有難い気持ちを感じます。

これだけネットが普及して便利になった時代ですから、
1クリックで何でも届けられるのに。

2時間半かけて手紙とプレゼントをもってくれたとっしーと
夜通し祝ってくれたイタリア人たちから
人としてのあり方をいろいろ考えさせられました。

ありがとうございます。

では、また明日。

島田晋輔

PS)

そうそう、母からはこんなショートメッセージが届きました。


 

 
ひろちゃんというのは父の弟、、、僕の叔父ですね。

ひろき叔父さんがおばあちゃんを連れて、母のところに来たそうです。

父は教師ですので、この時期は入学式ですから。

入学式のシーズンになるといつも思いだします。

PPS)

今日の一曲はこちら、、、

関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes