Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

All real life is a encounter

人生で影響を受けた10人を
挙げるとしたら
必ず入るのがブーバー。

思想や考え方もリスペクトしてるけど、
あの雰囲気というか人柄がね、
どストライクっていう感じで
自分にフィットする。

ひふみが生まれるときも
病院にブーバーの著書を持ち込んで読んでいたり、
生まれてからも読み聞かせたり。

ひふみもいたるも名前からして
ブーバー思想に近しいものも感じる。
(きっとわかる人にはわかるはず!)

そんなブーバーは、、、

人生は出会いである

と言っている。

さすがブーバーだなって思うけど、
僕なりにいろいろ自分なりに解釈をしていて。

エンカウントするのは、もちろん人だけでなく
虫や花や動物や物、出来事まで。

レストランで食べる料理や宿泊するホテル、
YouTubeで偶然みかけたPV、
ショッピング中にみかけた素敵な帽子なんかも
全て出会いであり、遭遇を楽しむことが人生。

どんなものと遭遇するかによって
人生かわってくるし、
自分の人生を客観的にみることができる。

以前ブログにも書いたことあるけど、
偶然つかまえたタクシーとかね。

電車や飛行機などの乗り物だって
自分の人生の中での
出会いのひとつだと
思っている。

自分の望ましくない出会いが続く場合、
それはチューニングが狂ってノイズが
入っていると僕は解釈をして、
ノイズを取り除く
クリーニングが必要だと判断をする。

ノイズがあると不健康、
健康状態にするために
クリーンアップだね。

逆に良い出会いが続くときは
いわゆる好調と言われるときだったり
運がよいときだと解釈している。

例えばスーツや靴をオーダーするときも
まずは生地や素材との出会いが大切だと思っていて、
つくるものがあって臨んだ受注会で
全く違うオーダーをしたなんてこともしょっちゅうある。

その出会いが今の僕の人生で必要なことで
僕の今の状態だと思うからだ。

例えば、頭に描いたけど、
思うような出会いがなかったら
頭の中と現実にギャップがあるということ。

ツイードの生地でジャケットをオーダーしようと思ったのに
よいツイードの生地と出会えなかったときとかね。

そんなときは妥協せず、
No dealを選択する。

そう、Win-Winでなければ
No dealだ。

これは僕の行動規範に中でも
上位に位置する。

Win-Winになれる出会いがあるかどうか。

人生は素晴らしいね。


島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、





姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

  1. SWS

メルマガ登録


 


LINE@


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes