Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

もういっかいいきたい?

台北のホテルにいます。

昨日のホテルもよかったのですが、
今日のホテルもすごくよくて
気に入りました。

どちらももう一度泊まりたいな
と思うホテルです。

梅澤さんのCPバランス理論について
この前の記事で書きましたが、
消費者に立場に立って
僕が最近意識するのは

リピートしたいかどうか
誰かにすすめたいかどうか
大切な人にも自信を持って紹介できるか


です。

CPバランス理論でいうところのP。

商品パフォーマンスですね。

リピートしたいかどうか
誰かにすすめたいかどうか
大切な人にも自信を持って紹介できるか


という基準ができると、
判断に迷わなくなります。

おいしいけど、誰かにすすめるほどではないな、、
いい場所だけど、自信をもってすすめられないな、、、
いい感じの人だけど、また会いたいとは思わないな、、、、

こういうことってけっこうありますよね。

悪くはないけど、リピートしたいかなとか。

これ、海外に来ているとより強く思います。

やっぱりけんちん汁を飲みたいなとか
日本のあのお店の接客の方がいいなとか
お気に入りのあの場所の方が心地よいなとか。

いろいろ体験することで価値を相対化していきます。

このことに関して、
小野さんと昨日話していたのですが、
小野さんは僕とはまた違った基準を持っていました。

それは、、、

今がサイコーならそれでOK!

みたいなものだそうです。

小野さんってなんでも美味しいっていうし、
なんでもいいって言うよなと思っていたら
こういう価値基準だったんですね。

これが小野さん独特のハッピーオーラの
源泉かもしれません。

生まれもったものなのか、
タイによる影響なのかはわかりませんが、
幸せ者ですよね。

こういった価値基準、考え方があるので、
うひょー!って言ってすぐに興奮したり、
スイッチ入ってテンション上がったり、
いきなりどんよりと落ちたりなどが
あるのだと思います。

わかりやすいというか、
浮き沈みが激しいというか。

本人もよくわかっていて、
だからこそ付き合う人や環境を厳選している
とのことでした。

自分の特性をよくわかっていますね。

一方、僕は自分の中の基準が強いので、
外部の意見や評価は参考程度にしかすぎません。

そういえば、占いの話もでたのですが、
占いや誰かのアドバイスもそうで、
参考や一意見程度にしています。

まったく信じないというわけではないけど、
絶対視はしないという感じです。

判断材料としてもらって、
決めるのは自分ということが多いですね。

買い物なんかは売り手に委ねたりっていうのは
ありますが、それは相手の基準や価値観を
覗いてみたいという興味からきています。

コスタにすすめられた生地でスーツを
つくってみたりとか。

そうすることで、また一段と自分の価値観や考えが
深まったり広がったりするのを体感しているからです。

というわけで、今日はグレートジャーニーシーズン1のラスト。

台湾で日本を感じてきたいと思います。


島田晋輔

PS)

そういえば、陰陽五行によると、
今月の僕はものすごい良い月らしく、
中平さん曰く

「僕だったらこの月にはじめますね」

とけっこう前から言っていました。

確か去年のインドからもうすでに言ってくれてて
トルコのときもそう助言してくれました。

ちょっと良いではなくて、
めちゃくちゃ良い月みたいで。

ふだんそこまで気にしないのだけど、
そこまで言うならなんだかおもしろいし、
せっかくのきっかけとして何か始められたらと
思っています。

アイルトンセナは運勢が良すぎて
良すぎるがゆえに死んでしまった
というエピソードもいっしょに聞かされたのだけど、
死んじゃうくらい良い運勢が僕に何をもたらすのか
僕自信も楽しんで身を任せていこうと思います。

PPS)

今日の一曲はこちら、、、






関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes