Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

パフォーマンスセミナーのPerfect Dayコース。パーソナルトレーニングを受けてきた。

群馬県高崎市にいます。

昨日は渋谷のレンタルジムスペースをお借りして
木坂さんのパーソナルトレーニングを受けてきました。

パフォーマンスセミナーのPerfect Dayコースにある
サービスですね。

トレーニングと言っても
初回なのでスクリーンチェックがメイン。

オーバーヘッドスクワットやロータリースタビリティなどを行い
身体操作のテストをしてもらいました。

あれ、これどこかで受けたことあるよな
と思いましたが愛知県に住んでいた頃に通っていた
ティップネスでチェックしてもらったものとほぼ同じ。

アメリカで生まれたFMS(ファンクショナル・ムーブメント・スクリーン)
によるものですね。

FMSの生みの親であるグレイクックやリーバートンは
木坂さんのパーソナルトレーナーの師匠でもあるから
その流れかと思います(鈴木さんもそうですね)。

診断結果は5年前のときとあまり変わってなかったですが、
やはり一番は足首。

あとは肩甲骨周り。

肩甲骨周りは、まあ、パソコンをつかう仕事柄しょうがないですね。

足首は原因不明。。

僕のスポーツ遍歴といえば野球と柔道を学生の頃に部活で、
(そうそう、陸上部がなかったので選出されて陸上の大会もでていましたが)
あとは趣味でサッカーやフットサル程度。

特に目立った怪我はしていません。

スクリーンテストを実施して
日々行っていくトレーニングは
肩周りと足裏のリリース、それと呼吸となりました。

どれも大きな道具を使う必要はなく
移動の多い僕のライフスタイルにあわせて
提案してくれたものです。

持ち歩くとしたら足裏のリリースに使う
ゴルフボールくらいですかね。

木坂さん曰く、今の状態で筋トレをしたら、ただケガをするだけだと。

これは僕が特殊な状態ではなく、ほとんどのひとが同じようなのに
多くのトレーナーはすぐに同じような状態の人たちをトレーニングをさせ、
ケガをさせてしまうという話になりました。

なんでもかんでも運動すればいいってもんじゃない。

トレーニングをして怪我をしてしまっては
意味ないですからね。

今やっているのは準備運動をする前の準備。

準備のための準備段階です。

とても筋トレなど出来る状態ではない。

お腹は割れたけど代わりに肩を壊したってなるとどうなんだ、
と木坂さんは言われていましたが、、、確かにやりたいのは真逆。

部位の質をあげるのではなく、動きのクオリティを上げていく
意識でやってもらいたいと指導してくれました。

このあたり考え方や価値観が近いのでありがたいですね。

カッピングも行ったのですが、
その話はまた明日。

今日はこのへんで。

良い日曜日を。


島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、


関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes