Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

習慣の力

三浦さんの主宰する俄社中のイベントで、
島根県の浜田市まで神楽を観に来た。

小雨のなか、神楽イベントが開催される会場ホールに向かう。

助手席に座ると、一冊の本が置いてあった。

「習慣の力」というタイトル。

「これ、三浦さんの本ですか?」

と、運転している三浦さんに聞いてみると、

「そうですよ、なかなかおもしろいですよ」

と、返事が返ってきた。

目次をざっと読んでおおまかな内容をつかんで
パラパラと本をめくってみる。

いくつか興味深いキーワードがあったので、
三浦さんと会話しながら、
個人の行動、組織の運営に関して
意見交換した。

この本だけでなく、
いろんなところで言われてるけど、
意志の力って僕らが考えている以上に
めちゃめちゃ弱くて、どんなに強靭な精神、
崇高な理念をもっていても、
習慣にはかなわない。

これは、僕も実感していて
特に独立して自分でやるようになってからは、
習慣化を意識して取り組んでいる。

仕事だけでなく、食事や睡眠、運動などもそうだし、
人間関係なんかもそうで、ルールを決めて
習慣化させるように取り組んでいる。
(たまに狂うときがあるのでメンテナンスが必要だけど)

アスリートやアーティストなどで一流と呼ばれる人も、
こういったルール設定や習慣化を徹底しているという研究結果もあるし、
結局、うまくいっている人っていうのは、
良い習慣になるように「強制的に」自分を律している
ように思える。

逆に仕事でもビジネスでも人間関係でも健康でもダイエットでも
なんでもいいんだけど、なんだかうまくいかない人って
いうのは「悪い習慣」のなかで同じことを繰り返してるように思える。

しかも、習慣だからほとんどの場合が無自覚で、
外部に原因を求めているからタチが悪い。

会社のせいだ、アイツがわるい、これが原因で、
みたいな。

でも、たいていは自分で選択した
行動の連続のなかの習慣が招いた結果なだけであって、
誰かが原因なわけではない。

外部に原因を求めて、他の解決策を求めて
ふらふらしても、結局、習慣は変わってないから
同じ結果に落ち着くというね、
まあ、シンプルな法則だけども。

その悪いスパイラルを抜け出さない限り、
結局、元に戻ってしまうだろうし。

うまくいかなくても、いつもの習慣に身を置いたほうが
居心地がいいから、戻ってしまうんだろうね。

居心地のいいところにいたい、、、

この寒い時期はコタツでぬくぬくしていたい
っていうのといっしょで、自分の変化を望みながらも
ぬくぬくから抜け出れない。

限られた意志の力ではどうすることもできない。

だからこそ「強制的に」変えていかないといけない。

そんなことを三浦さんと会話しながら
再確認した。

ちょっと長くなってしまったので、
三浦さんから聞いた習慣化の力をつかった事例、、、

ファブリーズのマーケティングの話とか、
歯磨き粉を実際に売った話とかを
シェアしよう。


島田晋輔

PS)

俄社中を主宰する三浦さんへのインタビューはこちら

で、実際に観に行ってきた神楽はこんな感じ、、、



恵比寿さん。

関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes