Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

本当に欲しいものはなんだ?

From:よっぴー


病は気からというけれど
これは本当にそうだと僕は思ってる。

何事も前向きな人はたとえ病気になっても早く良くなってるし
予後もいいように思う。

というのも前向きな人っていうのは
たとえ自分が病気になったとしても
良くなるための情報を集めて
良くなるように行動をしていくんだよね。

西洋医学にとらわれず
いろんな代替療法を探して受けに行ったり
情報を集めて行動したりしてる。

そうすると
なんだか、運気も上がってる気がするし。。。

僕は、先天性の病気を除いて
病気になるのは病気になった人のせいだと思っていて

自分が自分の病気を作っていると思ってる。

だから相談しにくる人の性格や体型と病気の関係っていうのには
注意を払って見ている部分。

やっぱり医療って、人と人の関係で成り立つと思うから
僕がその人をちゃんと理解してあげないとその人は治らないと思う。

だって、病気はその人が作っていて
作っているっていうことは、その人の何かしらに問題があるはずだからなんだよね。

風邪だって
花粉症だって
不妊だって

全部自分が作ってる。

だから僕に相談しにくる人には
僕が治すわけじゃなく、自分で治していく覚悟がないと絶対治らないと最初に言うんだけど。

ようは
優先順位の問題だと思って

どれだけその病気を治したいと思っているか?
だと思う。

ダイエットに例えるとわかりやすくて
痩せたいっていう思いの強さと
マックのポテトを食べたいっていう思いの強さで
どっちが強いんだ?
っていう話でしょ。

別に今ダイエットしなくたって
生きていけるし、不自由があるわけじゃない。

まぁ、ダイエットだとみんなわかるけど

アトピーは?
花粉症は?
不妊は?
不眠症は?
不安障害は?

世の中で言われている理由と、自分の理由が合っているか?なんてのはわからないから
今自分がどんな状態なのか検査が必要だと思う。

ただ、自分の理由がわかったところで
治したいという優先順位が低いのであれば宝の持ち腐れ。

本当の理由はなんなのか?

そこにフォーカスを当てて自分が行動していかないと変わらない。

ちなみに、個人でビジネスを始める時だって同じで
個人でビジネスしなくても今生きていけてるから別に行動しなくたって
不自由があるわけじゃない。

自分が望んでいる未来のために必要な行動を今するのか
それとも
テレビやYouTubeを見るのか

ようは、優先順位の問題。

ビジネスと治療って
本当に良く似てる。

心配したって仕方ないから
良くなると信じて、よくなるための情報集めをして
言ってばかりで行動しなかったら何も変わらないから
自分から率先して動いていかないと意味がない

今の自分は他の誰でもなく
自分が作っている。

耳が痛い話かもしれないけど
頑張らなくていいから
一生懸命やる。

ほんと、これだけなんだよなー笑
と、自分に言い聞かせる笑笑

僕もサボってばっかりだからね汗

人は結局、何かをする時
優先順位の高い方を選択する。

これが、自分を作って行ってるんだよね。

今自分が大切にしている事を書き出して見たり
自分の年表を書き出してみたりするワークが
自分のミッションの発見に繋がるんだろうね。

自分の事に責任を持って
一生懸命やってきましょ!

って事で、今日はこの辺で
よっぴー


★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
今日のぷち健康情報
病気を全て自分が作ってるって言うことは
今の自分の病気は治せるってなるでしょ。

何かのせいだったら、治らない可能性あるんだから
自分の責任って思っておいた方が、なんとかなると思いませんか?笑
っていう考えが根本にあるんだよね。

まー、なんにでも言えることだけどねー
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★


この記事を書いた人
よっぴーこと、吉本雄祐です。みんな自分を抑え込みすぎてて窮屈そう、、、もっとワガママに生きようよ!という思いを胸に、もっとその人その人にとってバランスが取れた人生を送れるようにお手伝いしたい。そのためには、僕がもっとワガママに学びたいものを学び、行きたいところに行き、食べたいものを食べる。そんな生活をしてそれを見せていくのが大切なのかなぁと思っています。周りを見渡すと仕事で人生を決めている人が大勢います。けれど、本来の順番は自分の人生どうして行きたい!があってそれに合った仕事を選ぶという順番なハズです。自分の感覚や直感に敏感になり、自分がやりたい事を自分で判断できるようになっていきたい。もともと薬剤師スタートの社会人で、そこから西洋医学に絶望し、中医学を学んだけれど結局対症療法しかしていない世の中を見て。『根本解決できないと意味がない』これを本当に感じるようになりました。そのためには僕主導で動くのではなく、その人自身がその人に合ったスピードでその人に合った方法を見つけて行けていく必要がある。それを一緒に探していければいいなぁと思っています。もっと自分の心と身体について知ってほしい。人はみんな違う生き物なんだから。僕の記事がそんなキッカケになれば嬉しく思います。



姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録


 


島田晋輔のメディア


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes