Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

人は何回チャレンジした後に諦めるか?

From:イーナ

2020年から始めることの一つに、e-Sports関連でのメディアを、いくつか
立ち上げて、スタートしようとしています。

本当は共同プロジェクトでやってるのから、始めようと思ってたのですが
まずは自分勝手にできる(誤解を生む言い方になってないかな?)純粋に
僕だけのメディアを、スタートすることに。

正直、構想はいくつかあるけど、そのためには何をすれば良いか?わかって
ない事も多いのですがね・・・

でも、とりあえず、スタートする事に。

0→1ってよりも、まずは0を作る事。

あとは0を1にしていって、1を10、100としていけば良いですからね。

最初の0〜1が大変。って言いますが、そもそも0がないと、1にも
ならないですからね。

生み出す事がまず最初ですよね。

そう言えば・・・

どこの国か忘れたけど、チャレンジのデータがあって

「人は何回チャレンジした後に諦めるか?」

なんて事を調べて、平均を公開していたとこがありました。

平均何回だと思いますか?

日本人の場合は、若干違うデータになると思いますが

でもだいたいは同じ数値になるかと思います。

答えは・・・

0回(正確には0.ちょいです)

ほとんどの場合、チャレンジすらしないのだそうです。(人間の習性ですよね。
安全領域から出たくないのが人間ですから)

そして0を作る難しさだと感じます。

そんな感じで、新しいメディアを始めて行く事にしましたが、すごく不安が
大きいです(笑)

やっぱり怖いですからね。(過去に怖さを、経験してるから、余計にそう
感じるのかも・・・)

でも0が必要なので、すごく怖いけどスタート。

テストマーケティングみたいな感じで、いくつかスタートしました。
(まだスタートしていないやつもありますが)

ここでも、経過をシェアしていけたら良いなと思ってます。

それでは良い週末を。

PS
今日のイーナさん
やりたいことが多く、寝てても半分起きてる状態で色々考えてる状態になる

この記事を書いた人
稲村龍慶(イーナ)
イーナこと稲村龍慶です。現在は五感がとっても刺激される、心地よい大自然の環境の中で、活動中です。
「全ての出来事は必然であり、必要なご縁・情報・チャンスは必要な時に必然的にベストなタイミングで現れる」をモットーに、目の前のご縁や流れを大切に活動しています。
ブログでは、田舎に住みながらのビジネス活動や、地域創生活動などを発信していけたらと思ってます。たまに厨二病全開のイタイ内容や、過去の恥ずかしい話などもするかもしれません(笑)
僕は他の執筆者のように、すごく役立つような話はできませんが、いつも頑張ってるあなたにとって、ちょっとした心の休息になるような記事を発信していけたらなと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。
それでは今日もあなたの心が、優しい光に満たされますように。








姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録


 


島田晋輔のメディア


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes