Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

集団

From:秋山大介

「同じことをする集団ではなく、
同じものを目指す集団になる」

「上司は部下を自分のコピーにしたがるが、
それは自分の劣化版のコピーを作るに過ぎない。」

そして、こんな言葉も…

「本当の一流は、自分を超える存在を育成できる人のこと」

いつも念頭に置き
自分に言い聞かせている言葉なのですが、
先日、改めて実感する機会がありました。

 

ちなみに、、、

上の2つの言葉は、ドラッカーの言葉のようです。

日本語訳に加えて解説付きの本の言葉なので、
このような言葉で表現したかはわかりませんが、
このような主旨の言葉を述べていたようです。

そして、一番下の言葉は、
私が学んでいる帝王学の中に出てきたものです。

 

いずれも、改めて実感しました。

私が今、天中殺期間…

カンタンに言うと、自分の枠を上にも下にも超えやすいので、
注意すべき期間だからなのか、

それとも、いろいろなことが動き出しているからなのか、

私の周囲では、ややトラブルが続いています。

 

しかも、、、

ほぼ全てがヒトが原因のトラブルです。

しかも、しかも、、、

ほぼ全てが

「上司が劣化版コピーを作ろうとしているか、
劣化版コピーを作ってしまったこと」

「その組織が、同じものを目指す集団ではなく、
同じことをする集団になることを強要した」

この2つが原因だと考えられます。

だから、もしその組織のリーダーに

「本当の一流は、自分を超える存在を育成できる人のこと」

という言葉が念頭にあれば、
少しは状況が違ったのではないかと考えるところです。

 

例えばある経営者は、
以前、こんなことを言っていました。

「中途採用よりも、新卒のほうがいいよね。
だって、変に汚れていないから、自分の色に染められる」

と。

今考えると、この時点でその方は、
すでにこの時点で

「同じことをする集団を作り、
自分の劣化版コピーを作る」

ことが、組織を反映させるものだったのでしょう。

つまり、、、

「組織の中に自分がいるのではなく
自分のための組織を作る」

これを目指していたのでしょう。

 

ちなみに、私は今、家業の組織をどのように
作ろうとしているかというと、

やはり、あの言葉を言い聞かせているので、
そこを進むことはしません。

するのは、、、

「100続く企業の基盤を作るにはどうすればよいか?」

という部分です。

言い換えると

「この会社を次世代につなぐには、
どのような形で会社を渡すべきか」

という視点で組織づくりを始めています。

そして、不思議ですが、
その視点になると、全くといって良いほど、

「自分のコピーを作ろうとは思わない」

「同じことをする集団にしようとは思わない」

となります。

 

ちなみに、補足すると、
私は、先日息子を何とかスクールとやらに入れることになり、
その書類に「教育方針は?」とあったのですが、

「自分のコピーを作ろうとしない」

というのがあります。

これも全く同じ考えです。

だから、私は今、同じものを目指す集団には、
各上司や先輩が自分の劣化版コピーを作ろうをしない方針を
なるべく伝えるようにしています。

 

ただ、ここで問題なのが、
日本企業には、古くから

「自分の企業の色にあった、ゼネラリストを育成する」

という根本的考えがあるでしょう。

これは、企業の大小に限らず
そうだと思います。

だから、私が以前話した経営者の方の話は、
決して間違ったものではないとも言えるでしょう。

 

ですが、、、

私も最近知ったのですが、
今、日本はそういった自分の企業の色にあったゼネラリストではなく

「比較的流動性の高いスペシャリスト」

を育成する方向に舵を切ろうとしているようです。

つまり、それはまさにドラッカーの提唱する

 

「同じことをする集団からの脱却」であり
「上司が劣化版コピーをつくることの終焉」

を意味するのではないでしょうか。

これまでは、適材→適所の順番で

「良いと予測される人材を採用し、適所を探しながら育てる」

のが一般的な流れでしたが、それが。。。

「適所とその適所の要件定義があり、
そこに良いと分析できている適材を当てはめる」

という全く違った流れに動きそうです。

つまり、これは言い換えると、

「より高度なプロフェッショナルが求められる世の中への変革」

といっても良いでしょう。

 

そういった意味では、
私たちワイルドサイドウォーカーではない彼らは、
これから非常に悩む時期に突入するかもしれません。

反対に、私たちワイルドサイドウォーカーは、
ある意味、私たちがメインストリートを歩く時期に
突入するかもしれません。

そうなると、本当の意味での働き方改革や
ワークライフバランスが実現するかもしれません。

まさかとは思いますが、
ドラッカーは、そこまで見越して、
あの言葉を提唱したのでしょうか。。。

 

いずれにしても、
私も教育分野や実務などに関係して仕事をしていますが、
何かここから全てが連結して、
とてつもない変化が起きそうな感覚があります。

だからこそ、私たちワイルドサイドウォーカーは、
これまでの姿勢を崩さず、私たちがメインストリートを歩く人となってときに備えて、
刃を剥ぎ続けることが必須でしょう。

『7つの習慣』でいう第7の習慣ですよね。

 

おそらく、今はしっくりこない話ですが、
近い時期に、私はこの

「同じことをする集団ではなく、同じものを目指す集団」

という概念が、
一気に普及するのではないかと考えています。

そうなると、、、

自然と人材育成の概念も変わり、

「上司の仕事は、部下を自分を超える逸材にすること」

に変化するのではないかと思います。

 

あくまでも私の予測ですが、
近い将来というほど遠い時期ではないく、
もっと近い時期に、この変化はくるのではないでしょうか。

そのときのためにも、
私たちは、私たちの姿勢を崩さず、
いつも通り、このワイルドサイドを歩いていきましょう。

たとえ、周囲からそれがメインストリートだと言われるときがきても…

 

すべきことはいつでも同じ

「自分の道をまっすぐ自分の足で進む」

それがワイルドサイドウォーカーのあるべき姿であり、
在り方なのではないでしょうか。。。

 

一方的に私の想いを話してしまいましたが、
せっかく思ったことなので、
この場に記しておきます。

でも、ほんとここから私たちが想像できない、
大きな変化がありそうですね。

色々な情報を集めると、
ホント、そんな気がします。。。

 

ー秋山大介

 

PS)

「今日の一冊」は、こちら、、、

これがそのドラッカーの本です。


 

PPS)

秋山大介への専用質問受付フォームを設置しました。

ぜひ、こちらからお気軽にご質問ください^^

今すぐコチラをクリック

 

この記事を書いた人

経営管理修士(MBA)を取得しておきながら「倒産寸前からV字回復を経験」した経営コンサルタント。倒産させたら「経営管理修士(MBA)はしょせん実践では使えない…」と言われてしまうと思い、その知識を使いつつ地べたを這いつくばる戦略でV字回復させる。得意分野は「人材育成」「マーケティング」。 現在は、これまでの経験を活かし、家業の会社を経営しながら、コンサルタントとして活動中。顧問先からは、経営者の視点での人材育成やマーケティングのコンサルティング手法に定評がある。

■⇒⇒⇒ 【動画アリ】詳しいプロフィールはコチラ
■⇒⇒⇒ 【ご質問】の受付はコチラ



姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

メルマガ登録


 


島田晋輔のメディア


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes