Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

リストパフォーマンス

From:秋山大介

「もう全く売れません…」

このときほど
ロイスの質問を思い返したことはありません。

「秋山さん、システムと人はどちらが先だと思いますか?

なぜ、リッツカールトンは採用と育成が上手くいっていると思いますか?」

私は、現地調査のため、
武蔵小山にいたのですが、
駅前で落胆してしまいました。

「あ~、自分がやったきたことは、
そんなものだったのか。。。」

と。

ある意味、私にとって
この「もう売れない」という言葉は、
私の過去の成功体験を全否定されたようなものでした。

 

だから、もしかすると、
この話をすると、あなたは私から

「マーケティング」

「セールス」

「コピーライティング」

そして、、、

「会社経営」

については聞きたいと思わなくなるかもしれません。

 

もしくは。。。

その分野に限らず

「あの人、なぜ情報配信しているの?」

となるかもしれません。

もちろん、そうなることは覚悟の上です。

でも、これはたとえそうなっても
あなたに私が伝えたい重要なメッセージなので
そういったことを恐れず、お話しします。

 

この話は、私がかつて携わり、
ゼロからマーケティングシステムを作った会社の話です。

私の中では、ほぼ完成形になり、
誰がこのシステム動かしても、
80%の水準は維持できると考えていました。

実際に、数回私ではない人が
セールスを担当したところ、
想定通り、80%の水準に達しました。

 

言い換えれば、

80%はシステムで補える。

残り20%は人で補わなければならない。

ということでしょう。

 

ただし、ここには一つだけ

「大きな前提条件」

がありました。

 

それが、、、

「リストのパフォーマンスを落とさない」

ということでした。

ここで言うパフォーマンスとは
質とは少々意味が違い「才能・能力」という意味合いで
捉えていただければと思います。

このように、このマーケティングシステムには、
この「リストのパフォーマンスを落とさない」大前提条件があったのです。

 

そして、実はそこが

「最も難しいところ」

でもありました。

だから、それをふまえると
私の言う完成形は、マーケティングシステム単体で見た話で、
前提条件が抜けているという落ち度がありました。

まさに、これは私の失態です。

 

だから結局とのところ、

「売れなくなった」と連絡をいただいたのは
その大前提条件が崩れてしまったということでした。

 

もちろん、それが前提条件かどうかは別として、
そこが一番重要だったことはわかっていたので、

「リスト状態は、今どうなっているのですか?」

と聞きました。

 

すると、、、

「もう、全然ダメです」

と。

 

私はその瞬間、
株価の話を思い出しました。

たとえ話で、

「株価が落ちるときの速度は、上がるときの3倍速」

と言われますが、これを思い出しました。

「そっか、1年賞味期限は持たなかったかと…」

 

リストとは、例えるなら

「花壇」

でしょう。

花壇の花が1つ1つのリストで、花壇がそのリスト郡でしょう。

ホンモノの花は、
水をあげ続けなければ枯れてしまいます。

場合によっては
肥料を与えなければならないかもしれません。

ときには、一時的に
他の土に移動することも必要かもしれません。

もしくは、虫がつくようなことば起きなければ
いけないかもしれません。

そして、その虫を除去しなければならないかもしれません。

 

というように、一言で言えば、

「常にメンテナンスが必要」

です。

だから、もしそのメンテナンスをやめれば、
花壇の花は一気に枯れ、消えてなくなるでしょう。

そう、リストも全く同じです。

メンテナンスをし続けていれば、
きれいな花を咲かせる花本来の「才能」を出すことができます。

 

一方、、、

メンテナンスをしなければ、
花は枯れてしまうので「才能」を潰すことになります。

というように、

どれだけメンテナンスをし、
その「才能」を維持するかが重要だということでしょう。

 

それを考えると、
かつて私がゼロからつくったマーケティングシステムは、
システムの根本である花のメンテナンスを
しなくなってしまったのかもしれません。

だからこそ、私も
そこから離れるときに「リストのメンテナンスが一番重要」という
メッセージは残したのですが、

実際には、そこが一番難しかったのかもしれません。

 

まさに、これがロイスの言う

「システムが先で、そのシステムを動かせる能力がある人を採用し育成する」

ということにつながるのでしょう。

適材適所ならぬ…

「適所適材」

が会社にとって重要であることが、よく実感できました。

 

ただ繰り返しになりますが、
そこまでしっかりと残せなかった私の落ち度は否めません。

いくら離れたからといっても、

「半永久的に使えるシステムを構築」

しておけば、こうならなかったかもしれません。

でも、そのときの私は、

「システムを動かせる人」

の育成を計画に入れていませんでした。

ということは、
いくらあのとき躍起になっても
半永久的にというのも難しかったでしょう。

だからこそ、今思います。

「システムと人」の両方をサポートしなければならない

と。

 

完全に、私の落ち度を公開した
何とも恥ずかしく、信頼を失いかねない内容かもしれません。

でも、この話は
あなたにとって、非常に重要だと思い
こうお伝えさせていただきました。

ちなみに、この出来事のおかげで、
私には、一つの新しい公式ができました。

 

それが、、、

新・売上の公式

【リストパフォーマンス×オファー×セールスレター×システムを動かす人】

です。

今までは「オファー×セールスレター」でしたが、
この失敗を経験して

「リストパフォーマンス」

「システムを動かす人」

を加えました。

今度は、ここを落とさないように、
自分が離れても生きるシステムと人を作っていきたいと思います。

ー秋山大介

 

PS)

「今日の一冊」は、こちら、、、

私に「適所適材」の概念を教えてくれたのがこれです。



 

PPS)

秋山大介への専用質問受付フォームを設置しました。

ぜひ、こちらからお気軽にご質問ください^^

今すぐコチラをクリック

 

この記事を書いた人

経営管理修士(MBA)を取得しておきながら「倒産寸前からV字回復を経験」した経営コンサルタント。倒産させたら「経営管理修士(MBA)はしょせん実践では使えない…」と言われてしまうと思い、その知識を使いつつ地べたを這いつくばる戦略でV字回復させる。得意分野は「人材育成」「マーケティング」。 現在は、これまでの経験を活かし、家業の会社を経営しながら、コンサルタントとして活動中。顧問先からは、経営者の視点での人材育成やマーケティングのコンサルティング手法に定評がある。

■⇒⇒⇒ 【動画アリ】詳しいプロフィールはコチラ
■⇒⇒⇒ 【ご質問】の受付はコチラ



姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

メルマガ登録


 


島田晋輔のメディア


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes