Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

褒められる

From:よっぴー


僕は人よりも
褒められるという経験は多くしてきてる気がする。

若いですね。
カッコいいですね。
頭いいですね。
運動神経いいですね。

など、人を褒めるって
いろいろあるけど

初めて会った人に言われる時ほど

いやいやそんな事ないですよ。
って言ってしまうと思う。

カッコいいですね!
いやいやそんなことないですよ。

って具合に

謙虚さ
という文化が日本にはあるから
どうしても相手が言ったことを否定する言い方をしてしまうんだけど。

なんだかそれって
カッコよくないかもしれないって
思ったんだよね。

相手が言ってくれたことには
素直にありがとう
っていう方がカッコいい。

例えばお世辞でも

カッコいいですね!
ありがとう(=^x^=)ニコッ
けど、僕の周りにはもっとカッコいい人がいますよ。

こんな感じで返す方がカッコ良くない?

この前アポがあって
会計を済ませて
コートを着た時に

カッコいい服ですね。
と言われて

いやいや、安物ですよ
と、答えてしまったのが
とっても後悔してるんだよね。。。

せっかく褒めてくれたんだから
笑顔でありがとうと言えば良かったと。。。

マフラーや、スボン、ジャケットは
ソコソコ値段の高いいいヤツを着ていて

コートには自信が無かったから
ついついそーゆー言葉が出てしまった。

向こうの感性なんだから
こちらの感性は関係ない
んだよね。

例えお世辞でもね。

ここから言えることは
褒められて
ありがとうと言える時って

自信がある時か
そういう対応に慣れている時


だと思う。

対応に慣れるって言っても
性格だから
なかなか言いづらい。

であるなら
自信を持つしかない!

自信を持つためには。。。

興味のあるジャンルなら
自分でこだわる

興味のないジャンルなら
自分がセンスあるなぁと思っている人のアドバイスを100%聞いておく

この2つかなぁって思う。

そして、2つに共通する事は

日々、話し悔いのない選択をし続けている事
なのかなぁって
思う。

これしておけば良かった
ちょっと妥協した
ここらへんでいっか

これらは
自信をなくす常套句なのかなぁと
思うので

なるべく使わないようにして行こうと
思っています。

島田さんのおかげで
全く興味のなかった服に
少しばかり興味が出てきたおかげで

こんな考察ができるようになりましたねぇ笑笑

2年前だと
服は褒められても、けなされても
あ、どうも
みたいな感じだったから

少しづつ成長してるのかな?と思います。

日常のほんの些細なワンシーンだったけど
僕にとっては
カッコ悪く映ったなぁっていう後悔が芽生えたので

これからは
もっと選択にこだわろうと思います。

って事で、今日はこの辺で!

くっそー!!


よっぴー



P.S.
新生SWS説明会兼ランチ会の参加ありがとうございました。
出会いに感謝です。

イーナ風に笑




姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

メルマガ登録


 


島田晋輔のメディア


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

吐き出された記事たち↓

PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes