Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

20年間、おふろに入ったことない!?

「イーナさん20年間おふろ入ったことないんですよね」

そんな発言をしたら、、、

「イーナがおふろ入ってないみたいじゃないですか!笑」

と会場中からツッコミが入りました。

コンテンツの定義によりますが、
ツッコミが入るかどうかって
コンテンツの良し悪しを判断するのに
大切な指標なんですよね。

マーケティング最大の罪は退屈だ

と言ったのは、かのダンケネディですが、
ツマラナイと思われるくらいなら
死んだ方がマシ!というくらいのメンタリティで
僕らはちょうど良いと思います。

そうそう、
イーナの名誉のために
きちんとお伝えしておきます。

お風呂に入っていない
と言うのは、
湯船に浸かってないだけで、
シャワー生活20年だったらしいです。

温泉などに行ったときくらいで、
家のバスタブに湯をはって入ったのは
人生で数えるほど。

ホームレスのときは、
公園の噴水をシャワー代わりにしていたり、
そもそもお風呂やトイレのない家に住んでいたり、
お風呂にゆっくり浸かるほどのゆとりがなかったり
いろんな経験しているので、
シャワーだけでもありがたいって
感じなのでしょうね。

SWSタロウちゃんがブラック企業で
働いていて3ヶ月間休みなしで
勤務していた話もなかなか壮絶でしたが、

イーナは10年間休みなし労働

だったと告白してくれました。

親の借金を返すために
複数の仕事を掛け持ちしていた20代。

なんかこう書くとイーナさん大変だったね
と言われそうですが、
(もちろん楽ではなかったでしょうが)

仕事自体が楽しかったし、
働くことが好きだった


と話してくれます。

連帯保証人として
親の借金を背負ったのは
不本意でしょうけど、
仕事自体が好きなんですよね。

ロマサガとかドラクエに
熱中してやり込んでいた時期もあるそうですが、
熱中したらとことんって感じで
良い意味で子供みたいです。

やりたいことをやるって言うか
好きなことをとことんやるって言うか
一度決めたことは最後までやり抜くって言うか。

手段と目的の一致って大切ですよね。

マサさんが自分にも他人にも
ウソをつかない社会をつくりたい
って宣言してくれていましたが、
まさにイーナとかね、
今回のメディア構築講座に
参加してくれたような人たちで
溢れる社会なんだろうな
と感じました。

わざわざ平日の昼間に
智頭の田舎まで、
メディア構築・運営を学びに
やってくるって明らかに普通じゃないですよ
とみんなの前でお伝えしました。

普通の人たちがしない選択をする人たち、
自己研鑽に努める人たちこそが
時代を作ってきたと言う
歴史的事実がありますから。

そう言う人たちを世間では
「クレイジー」って呼ぶんですよね。

クレイジーであれ!

20年間くらいお風呂に入らないってのも
いいかもしれませんね。

では、イーナママの手作り
クリームシチューが出来たようなので、
ディナーにします。

では!


島田晋輔

PS)

今日の一曲はイーナさん贔屓の伊藤賢治のライブ映像で、、、




姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

メルマガ登録


 


LINE@


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes