Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

経済的不自由解決の第一歩

お客さんから興味深い
メールをもらいました。

島田さんのように
いろんなところに行ったり、
いろんなものを自由に食べたり、
好きな人と仕事をしたり、、、
とにかく選択肢を増やしたいんです。

自分の生活を満足に成り立たせる
経済的自由が欲しいです。

自由人になって
自立して生きたいです。

もうイヤです!人生を変えたいです!


という相談メールでした。

この方が言うには
経済的不自由を感じていると。

経済的不自由のために、
選択できない苦しい人生になって
イヤになってるんです、
というやりとりをさせてもらいました。

そして、僕は経済的に自由だから
いろいろできているのだという話です。

果たして本当にそうでしょうか?

確かに僕はいろんなところに行って
自分の好きなものを食べ、
好きな人と尊い時間を
過ごさせてもらっています。

自分で選択し、自分の人生を
デザインしているでしょう。

でも、僕は高級車も所有していませんし、
豪邸にも住んでいません。

服は好きですが、
いわゆる高級ブランドには
興味がないので、自分の好きなものしか
持っていません。

自分なりのこだわりで、
必要なものに必要な投資をしているだけなので
なんでもOKというわけではないのです。

起業家や経営者としてもどうでしょうか。

いわゆるガンガンバリバリやる
野心家の起業家や経営者と違って、
僕はライフスタイル重視の
どちらかと言うと
のんびりしたタイプです。

足るを知るじゃないですけど、
必要十分なものさえあれば
それでいいやみたいな
甘いところがあります。

本当はもっと野心をもって
ガシガシやった方がいいのかもしれませんが、
これが僕のスタイルで、生き方です。

今年一年かけて再構築をテーマに
見直しているところなので、
会社や仕事は生まれ変わるでしょうが、
僕自身の根本は変わらないでしょう。

もちろん新しいチャレンジは
常にしていきますが、
ベースにあり、大切にしているのは
自分の価値観です。

では、僕と相談者さんは
何が違うのでしょうか?

相談者さんの言うように
経済面が違うのでしょうか?

僕はそうは思いません。

相談者さんにお会いしたことないので、
どのような経済状況か詳しくわかりませんが
もしかしたら僕よりも良い状況かもしれません。

貯蓄や資産も豊富かもしれません。

もしかしたら、確かに僕の方が
経済面が豊かかもしれませんが、
それ以上に、、、

現状をどう捉えているか

が大きな違いのように思います。

事実は変わりませんが、
事実に対する意味づけは
自分次第です。

どう意味づけし、解釈しているかで
風景が違ってみえると僕は思います。

つまり、違いがあるとしたら、
経済的自由以上に
精神的自由だと僕は考えています。

精神的に不自由だと、
どんなに富を手にしても、
知識やスキルを手にしても
人脈をつくっても
満たされないままでしょう。

一生不自由だと思います。

終わりがないのですからね。

自分で自分を縛っている。

その不自由さから解放されたとき、
心配されている経済面の問題も
改善されていくように僕は思います。

そして、大切なことは、、、

自分で縛った縄は自分でしか解けない

ということです。

僕や周りの人間は「きっかけ」にしかなれないのです。

代わりに解放してあげることはできません。

なんだか精神論に聞こえるかもしれませんが、
自分で自分の縄を解いたとき、
視界も開け、経済面の問題も少しずつ
解決していくと僕は思うのです。

少しでも参考になれば。


島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、




姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

メルマガ登録


 


LINE@


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes