Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

箕面のサルはどこに行ったのか?

新幹線で東京へ向かっています。

ドラクエもFFも2が好きなんですが、
昨日は、ローレシアの王子、
サマルトリアの王子、
ムーンブルクの王女
よろしく3人パーティーで
京都を無計画散策していました。

リフレッシュ目的です。

河原町にある町家のイタリアンで
ランチをとり、お店の人から情報を
入手して僕らはフォーシーズンズホテルに
向かいました。

途中、生麩のお店に寄って
買い物したり、川沿いを歩いて緑に触れたり
しまして、しっかりと自己メンテナンスデーを
満喫します。

しとしと雨が降っていましたが、
雨の京都もいいものですね。

フォーシーズンズホテルのダイニングラウンジで
日本庭園を眺めながらゆったりと過ごしていたら、
タイから来たというスタッフの方から
接客を受けまして
出身地を尋ねると、アユタヤとのこと。

ワイルドサイド部のツアーで
アユタヤには遺跡をみにいったり、
ゾウに乗ったりしましたので、
そのあたりの話題で
コミュニケーションをとりました。

そうそう、今年のワイルドサイド部のツアー。

ホストのザッキーバーグのセレクトで
ユーゴスラヴィアに行くことに。

日本人の98%が行かないエリアが
あるらしいのですが、
彼はそれ以上のマニアックなエリアを
オーダーしてるそうで、
現地の情報があまりないのだとか(笑)

さすが、ナチュラルボーンワイルドサイダーですね。

あ、京都散策の話でした。

散策の途中、こんな話題になったのです、、、

「箕面のサルが最近減ってきたけど
どこに行ったか知ってる?」

このような話を幼稚園児たちが
話していたらしいのですが、
このように答えていたらしいのです、、、

「箕面のサルが最近減ってきてるのは…
人間になっているから!」

なんとも微笑ましくかわいらしい回答ですが、
なにより自由な発想が目を引きます。

確かになんでこんなに人いるの?
ってくらいの密度を見かけるときもありますし、
山のサルの減少と相まって人混みは
増えてきてると思います。

幼稚園児ですから、そこまで深くは考えて
なさそうですが、囚われない着想は
子どもならでは。

勉強や仕事をしすぎて
偏ってきてしまうことがありますが、
京都の街並みと緑と園児の斬新なアイデアに
癒されました。

何事もバランスが大切ですからね。

そのための自己メンテナンス。

整えていきたいですね。


島田晋輔

PS)

ニコライバーグマンのフラワーショップ、
よかったです。

フラワーアレンジメントのスクール通いたくなりました!

PPS)

今日の一曲はこちら、、、




姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

メルマガ登録


 


LINE@


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes