Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

なぜ、運動が身体にいいのか?

今の僕が毎日継続して行った方がいい
運動ってなんですかね?と木坂さんに
聞いてみたら、、、

「呼吸だね」

と即答。

まあ、僕に限らず現代人は
呼吸が浅くなりやすい。

ほとんどの疲労やストレスは
自律神経がやられていることにある。

イライラするとか
むしゃくしゃするとか
気分が悪いのは
神経がまいっている。

身体の疲れ=自律神経の疲れ
とも言えて、
そして自律神経へのアプローチは
呼吸でしかできないということ。

イチローが衰えてきてるのは
小脳、視神経の衰えではないかと
木坂さんは思っているらしい。

筋力はトレーニングすれば
おじいちゃんでもつくけど、
神経は回復しない。

神経が弱っていくから
身体が弱っていく、と。

いろんな健康法を試してきてるけど
神経を休めるという意味でも
やっぱり効果が一番あったのは
アイソレーションタンクだね。

強制的に情報を遮断してくれるから
神経も休まる。

で、自分で神経を休めるためには、
呼吸によるアプローチしかない。

プロのダンサーとして活躍しているときに
事故で首から下が動かなくなり
車椅子となったえいこーさんが
復活したのも「呼吸」だ。

今ではまたプロのバレエダンサーとして
活躍するくらいまで回復しているから
異常なまでの意思と精神力だろうけど、
薬を拒否し、呼吸のみで復活してきた
奇跡を僕は知っている。
(今でも事故の後遺症はあるらしいけど)

えいこーさんに関してはこちらの記事で。

それだけ呼吸は大切だし
メリットも大きい。

運動が身体にいいって言われるのも
呼吸ニーズが高まるからだ
と木坂さんは言っていた。

有酸素運動すると
結局いっぱい呼吸することになるから
それが身体に良い効果をたくさん
うんでくれる、と。

ものすごく奥が深いし、
意義深いことだから
せめて朝晩あわせて30分くらいの
ブレストレーニングは行ってほしい、と
木坂さんに言われた。

ちょうどエベンのプログラムの
セッション1として
「個人の成功のための儀式」に
真っ先に取り入れたのは
呼吸トレーニングだから
方向性は間違っていなかった。

あとは継続してやっていくことだね。

継続してやるために
ハードルを高くし続けない
というのがポイントだという
教えもあった。

今年から取り組み始めて
良い感じでリズムをつくりだせている。

あとは無意識にでもやってしまうように
習慣化せねば。

毎日コツコツと。

では、今日はこのへんで。


島田晋輔

PS)

「個人の成功の儀式」は
いろいろ試しながらカスタマイズして
しっくりくるのを構築中。

備忘録的に現在の内容。

・ウェイクアップブレストレーニング(5分)
・チンイントレーニング(1分)
・腹斜筋トレーニング(1分)
・コアトレーニング(1分)
・水を飲む
・鏡の前で天国言葉(3セット)
・シャワー浴びる(肩甲骨トレーニングもする)
・鏡の前で天国言葉(3セット)
・水を飲む
・コアトレーニング(1分)
・腹斜筋トレーニング(1分)
・チンイントレーニング(1分)
・瞑想ブレストレーニング(10分)
・朝活へ

4時〜6時に起きてスタート。

トータルで30分くらいかな。

代償動作が入りにくいのと
続けやすいこと、
リズムができることを意識に作成中。

PPS)

今日の一曲はこちら、、、


いいバンドだね!



姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

メルマガ登録


 


LINE@


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes