Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

人間はマルチタスクができない

今年1年もたくさんの学びがあったのだけど、
気に入っている学びのひとつがこれ、、、

人間はマルチタスクができない

というもの。

いや、人間に限らず他の動物もかもしれないけど、
とにかく僕たち人間は同時に複数のことを
こなせないらしい。

中にはマルチタスク得意ですよって
人もいるかもしれないけど、
実際はマルチタスクをやっているのではなくて、
ひとつやって次にもうひとつやってというのを
高速でやっているメカニズムなのだという。

イメージ的には電気のスイッチのオンオフを
高速でカチカチやっている感じ。

同時に複数をこなしているのではなくて、
高速でひとつひとつやっているので、
脳への負荷が大きい。

エネルギー消耗も激しい。

そりゃ疲れも出るし肩もこる。

身体も歪むし、
イライラもする。

身体へのダメージもそれなりに
蓄積されてくだろう。

疲労に関してもいくつか学びがあって、
現代人の多くの身体が疲れている
というのは神経系をやられていることが
ほとんどというもの。

だから、神経を休めることを
心がけるとずいぶんと回復するそうで、
確かに去年どハマりした
アイソレーションタンクの効果を考えても
神経を休める(情報を遮断する)というのは
現代に適した疲労回復になるのだろうなあ
と改めて感じる。

アイソレーションタンクに頼るのも
手っ取り早いけど、
自宅に完備するのは
なかなかだし、
すぐにとはいかない。
(初期投資かかるけど一家に一台はあり)

そういう意味では普段受けるダメージの
軽減を考え実践していくことの方が
ヘルシーだろう。

受け取る情報もそうだし、
所属するコミュニティもそうだし、
人なんかもそう。

いろいろ断捨離することで
余計なエネルギーロスを減らせる。

ほとんどの人がいくつかの
コミュニティに所属しているだろうから、
コミュニティを抜けるだけで
情報からも人からも
ダメージが減らせるので
よりよいと思う。

新しくどこかに入るというのは
チャレンジという意味ではよいと思うが
エネルギーロスがあることを
踏まえて行わないといけない。

難しいの自己判断だと
間違えることがあるということ。

特に不調のひと。

リズムに乗り切れていないときに
何か新しいことをやると
よくない判断をしがち。

ここは僕も注意を払っていて、
いろんなアドバイス、助言を受けるときでも
誰かから話を聞くときも、

その人はエネルギーに溢れているか

をみるようにしている。

エネルギーが満ち、
良いリズムにのっていると
好循環が生まれ、
人も物も情報もお金も
よいものが集まってくる。

でも、不調、、、

リズムに乗り切れていないと
いわゆるアンラッキーなことが続き、
負の連鎖に入ってしまう。

その連鎖に巻き込まれないように、
どんなに良い話であっても、
その人がリズムに乗り切れていないな
と思ったら僕は話半分くらいにしか
聞き入れないようにしている。

悪い方に引っ張られてしまうからね。

どうせ乗っかるなら
好循環の波に、、、

良いエネルギーを発している
人や物などを取りいれていくと
よいと思う。

結局は人間のガソリンだからね
と木坂さんが言うように
食もいっしょで、
単純に美味しい不味い、
身体に良い悪いでなく
エネルギーに溢れた食は存在する。

年越しにあたって、
いろいろ浄化する意味も込めて、
いくつか食事のセッティングもしているところ。

人間はマルチタスクができないのだから、
エネルギーを余らせるためにも
絞っていきたいね。

では、このへんで。

また。


島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、





関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes