Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

老い

最新再生において肉体的側面から
取り込むとよいという考えがあるように、
体力って大事だよなって最近よく思う。

どうしても身体の制約を受けているから
死ぬまで物理的な自由にはなれない。

気合で乗り切ろうとしても
限界があるというのは
最近よく感じることで、
若いころのイメージのまま動いてもダメだよな
というのを周りとも話すようになった。

これが老いというものなのかもしれないけど、
老い自体が良くないのではなく、
老いを受け入れず若いころのまま
動こうとしたり、取り組もうとしてるところに
問題があるように思っている。

老いというものを受け入れ、
今とこれからを考えて
サイジングしていく。

吉倉会長はSWS卒業後、
ダウンサイジングしていくことを考えている
と言っていたけど、これにはさすがだなと
僕は思った。

今置かれている自分の状況と
これから訪れる
自分の未来を受け入れつつある証拠だからだ。

まだまだ自分にはできる
と思うことは大切だし、
小さくまとまってはつまらないのだけど、
理想と現実をアウフヘーベンさせて
よりよい選択肢を見出していくことに
人生の愉しさがあると
個人的には思っている。

そういう意味でサイズ感って大切な要素で
油断をすると若いころの食事のように
どんどんプラスしていき、
肥満になっていく。

コスタと飲んでいるとき、
今のうちから運動と食事に気をつけておけ
とアドバイスというか忠告をもらった。

40、50となっていくと
より身体を整えていくのが
大変になるぞ、と。

昔つくってもらったスミズーラのスーツの
手直しを頼む話を今回出したから
言ってくれたのかもだけど(苦笑)

サルトとしても手直しはめんどうだろうからね。

雪が降る前にスタットレスタイヤに履き替えるように、
動けるうちに備えて準備しておくというのは、
仕事にも人生にも言えることだよなと思った。

では、今日はこのへんで。

また明日。


島田晋輔

PS)

今日の一曲は、、、




関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes