Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

世界は自分をどういう方向に向かわせればいいかわかっている人によって動かされている

今年もあと3週間ほどとなりました。

東京〜名古屋〜大阪と
まだ2回ほど年内の出張が残っていますが、
大きな移動も終え
2017年のまとめに入っています。

息を吐くから息を吸えるのだ
という呼吸の原理原則のように、
2017年のまとめは
2018年の準備も兼ねています。

第7の習慣である最新再生。

刃を研ぐということ。

この最新再生を年末年始に行う
ひとはけっこう多いと思いますが、
僕も例外ではありません。

フィジカル、メンタル、ソーシャル、スピリチュアル
の4つの側面から見直していく最新再生。

いま、僕が行っているのはスピリチュアル。

精神的側面の最新再生です。

スピリチュアルというと
言葉的にアレルギーを感じる人もいるかもしれませんが、
そんなに大げさなことではなく、
人間としての生き方や自分の在り方を
見つめ直すということです。

互いに2つの属性を持った陰と陽。

そして、魂も含めて。

自問自答。

ロイスからはこんな
3つの問いに答えるとよいと
アドバイスをもらいました。

1.わたしはどこから来たのか?
2.なぜ、ここにいるのか?
3.この先、どこに行くのか?


これが精神的側面の最新再生につながります。

グレートジャーニープロジェクトのテーマでもありますね。

ルーツの探求、そして存在意義。

もちろん会社にも有効です。

会社でいうとそうですね、
会社のMVVを見つめ直すことです。

そういう意味で、ここ最近は
ロイスの来日セミナーのノートや
プライベートセッションのメモを
何度も読み返して、
アウトプットもしています。

会社のミッションステートメントも
良い感じでブラッシュアップされたので、
次はヴィジョンとバリューに取り掛かるところです。

そのあと、戦略-仕事-習慣と続きます。

全てつながってる、ということですね。

MVVはじっくりと見つけていくものであり、
即効性はありません。

温泉のようにじんわりと温まるもの


とロイスは言いますし、
僕も実感しています。

長期的なものですね。

魔法の杖ではないことは
ロイスもよく言っています。

ノウハウコレクターさんや
セミナージプシーさんは
目先の悩みを一瞬で解決する
魔法の杖を求め続けていますからね。

目先も大切ですけど、
どっしりと先を見据えて
取り組んでいくことが
より重要だと僕は考えます。

いきなり上がったものは
突然落ちていくから。

僕たちが重力の支配から
逃れられないように
原理原則はあると思います。

そうそう、ロイスが来日して
日本でMVVの指導をしているのは、
日本で生まれたものを返しにきただけだ
と言います。

そうです、MVVを世界ではじめて取り入れた企業は
日本の企業なんです。

そういう意味では僕たち日本人の気質に
マッチしていると思います。

自分を、会社を、どういう方向に向かわせたいのか、
その答えのヒントになるのが、
精神的側面だと僕は思います。

それでは、今日はこのへんで。


島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、





姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

メルマガ登録


 


LINE@


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes