Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

広島へ

広島へ向かっています。

智頭から広島へは
乗り換えの待ち時間を入れても
2時間20分。

岡山経由でも行けるのでしょうが、
今回のルートは姫路経由です。

姫路までスーパーはくとで行き、
姫路から新幹線で広島に。

他の人はどうかわかりませんが、
移動の多い僕からしたら
2時間20分はわりと短く感じます。

読書をしたり、思考をまとめたり、
城ドラにインしていたり、
こうやって仕事していたりしたら、
あっという間に2時間くらいたってしまいますからね。

今日はクレパパの集まりで、
「平和・争い」をテーマに
ディスカッションする予定です。

広島の地で、そしてこの時期に
このテーマをディスカッションすることは
とても意義深いことです。

僕のカバンには参考図書のひとつである
フランクルの「夜と霧」をしっかりと入れてきています。

キーパーソンである手塚治虫の作品も忘れていません。

前回の高知でのセッション。

そこで暮らしや教育について
深めましたから、またいろいろリンクしてくるでしょう。

特に僕たちは前半の活動の経験も共有し、
踏まえてきています。

東京、小倉、福岡、神戸、バンコク。

様々な土地で様々な体験をしながら
様々なテーマのディスカッションをしてきました。

僕がこういった活動や講座で
意識しているのは繋がりや蓄積です。

いろんな刺激を通じてニューロン発火させることで
脳が育まれていくは明らかですから、
偏った日常から脱却して、
普段行かない土地に行ったり、
体験をすることは、
僕らの多様性や柔軟性を豊かにしてくれます。

また向上心を持って、学び続ける姿勢というのも
大切ですからね。

自分にとっても、周りにとっても。

一度どこかに行く旅行みたいな感じですと、
単なるリフレッシュや愉しい非日常体験で
終わってしまいます。

それはそれで価値あることでしょうけど、
どうせならば高みを目指して
継続して行うことをオススメしています。

知見はリンクし、経験値が蓄積されていくからです。

そういう意味では、今年のワイルドサイド部のツアーも
楽しみですね。

2年前のタイツアー、昨年のインドツアーに続いて、
今年はトルコへ。

昨夜、子供達と地球儀をさわりながら
タイやインドやトルコをいっしょに探していましたが、
続きものの冒険のようでワクワクします。

昨年インドでセーブした続きを
今年また再開する、みたいなイメージです。

冒険の頻度は1年に1度でもそれはそれで
継続ですね。

グレートジャーニープロジェクトも
すでにシーズン2、シーズン3の構想を
小野さんと共に練っています。

来月の沖縄〜九州ジャーニーは
一般募集模する予定ですので
楽しみにお待ちください。

クレパパは毎月物語が進んでいきますから
そういう意味ではテンポが早いと思います。

行きたい場所やいっしょに体験したいことや
議論をしたいことも
まだまだたくさんあるのですが、
あんまり歩みを早め過ぎても
大変かなと思って様子をみて調整しています。

はくとの中で揺られながらの執筆は
どうにも文章のキレがよくないですね。

今日はこのへんにしておきましょう。

もうすぐ姫路です。

雨模様ですね。


島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、





関連記事一覧

  1. 7

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes