Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

カッピングでアザだらけ

パーソナルトレーニングでは、
画像の通りカッピングもやってもらいました。

人生初のカッピングです。

好奇心旺盛で健康オタクでもあるので、
カッピングは昔からやりたかったのですが、
なかなか機会がなくて。

カッピングや瀉血は歴史がありますし、
西洋でも東洋でも時代や文化を超えて
行われてきた伝統医療のひとつですよね。

中国の伝統医学の技法のひとつでもありますし、
韓国なんかでも行われています。

メディチ家の家紋も吸い玉を表している
という説もあるそうですので
興味深いところです。

カッピングをやるトレーナーもいるらしいですが、
あまりやりたがらないそうです。

まず一般人はやらないとのこと。

カッピングをやるトレーナーは
プロのアスリートに対してくらいみたいで、
僕みたいな一般人が(トレーニングとして)
やるのは珍しいことでしょう。

美容系でも使われていて、
跡が消えないってことで
問題になったりもしたこともあるらしい。

美容に効果あるんですかね、
って木坂さんにきいてみたら
木坂さん自身は美容に効果があるかは
よくわからないって言ってました。

グロテスクな画像ですが、
これはいわば内出血です。

本来、健康であると皮膚をつかめないと
いけないらしいですが、筋膜が癒着してると
ごわごわしてとても掴めない。

ここでカッピングの登場です。

圧をかけて、癒着した筋膜を強制的に
外していく作業ですね。

これ、めちゃくちゃ痛いです。

まあ、内出血してるのですから、
そうですよね。

しかも、この痛い状態で動かしてって
言われたのですがものすごく辛くて。。

一般的な圧より強めに吸ってるってことでしたが、
想像してみてください、、、強力に皮膚を引っ張られている
状態で身体を動かすことを。。

はじめは立つこともできませんでした。
(徐々にできるようになりましたが)

ご存知の通り、僕は追い込むことが
わりとナチュラルに好きなので、
積極的にやってもらいましたが、
痛いのが苦手なひとにはおすすめしません。

かなりの疲労感で、今も全身だるいですね。

もちろん痛みもあります。

トレーニング後は、ビタミンと水分を多めにとって
今日は仕事やめてゆっくり休んだ方がいいよ
と言われましたが、確かになかなかのダメージです。

まあ、それだけ筋膜が癒着していたってことですけど、
末期なひとだとそもそも吸えないらしいので、
カッピングできるだけ、
まだまだ改善していくだろうとのこと。

そんなこんなで一回目のパーソナルトレーニングは
終わりました。

肉体を痛めつけたので、しばし身体を休めつつ
精神をつかっていこうかと。

昨日、今日と最終報告会ですし、
ちょうどいいかもしれません。

では、また明日。


島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、



関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes