Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

「旅は、人を幸せにするのか?」高城剛トークライブの続き。

高城さん・渋谷

昨日の続き
で、
高城さんのトークライブについて書いていきますね。

ENJOY THE EXPERIENCE

というスライドもありましたけど、
これからの時代は「経験」こそが
幸せになるために大切なことだ
という主張でした。

2年前に僕が主催した

「コンテンツは日本を救うのか?」

というイベントの中にでてきた意見とも
リンクするメッセージでした。

背景にあるのは、情報過多・物過剰っていう
流れですね。

こんな時代だから、
高城さんは「場所」が大事だと言います。

人間にとってスペースは重要。

今の世の中は窮屈すぎるというような
ことを指摘されていましたね。

広いスペースがあれば、
心も広く、アイディアも沸く。

戦後、日本でも空き地から
いろんな企業が生まれたし、
Appleもガレージから始まった。

だから、人間にとってはスペースが大事なんだよ、
そして、空き地があるのは南の島々ですよ、
という感じでした。

スペースがあるうちに自分にあった
南の島を見つけておくんだ、
10年も経つと開発されてしまって
スペースが失われてしまうからという
メッセージ。

だからと言って、土着的な生き方をすべし
というわけではなくて、
テクノロジーも活用しようという
話でした。

なんでも捨てて質素に生きよう
っていう風潮がけっこうあるけど、
今の時代に生きていて
モノを完全になくすことはできない。

モノが増えすぎるのも問題だけど、
デバイスは必要。

高城さんの考えはシンプルで、

持っていけるものはどんどん買おう・手に入れよう

というものでした。

持ち運びできる大きさだったら問題ない。

持ち運べない大きなテレビなどを買うから
動きにくくなるという話でした。

進化論の画像もおもしろかったですね。


そうそう、
世界各地の町おこし・地域再生の話も
おもしろかったですよ。

グラフィティによる町おこしや
難破船をそのまま観光名所にしちゃうっていうのも
おもしろい発想でしたね。

難破船目当てに世界中から人から集まるって。

これは確かギリシアの島だったと思います。

あとは、あえて人数制限をかけたり、
入場料をとったりで、
ビーチや島へのハードルをあげるのが
観光事業のトレンドという話も
おもしろかったですね。

今井先生のこの前のセミナーでの主張、、、

マーケティングは排除である

と、同じ考えでした。

昨日も百人委員会の商工・観光部会の集まりが
あったのですけど、町おこしの企画を立てるときに
参考になる考えでしたね。

とにかく誰でもいいから人を集めればいい
っていうものでもないということです。


他にも、、、

脳科学や生物学の最新の研究結果も引き合いに、
人間は本能的に南に行きたがる、
という話もしていましたね。

体温と幸福、セロトニンの話までしていたし。

大移動時代に突入している、
そして、これからもっと大移動時代になっていく。

そして、そんな時代で最も幸せを感じられるひとは、
移動量の多い人だ、と言っていました。

で、いきなりは旅に行けなくても、
計画を立てるだけで幸福を感じる
研究結果がでているのだとか。

計画を立て、実際に旅に行き、
そして誰かに伝える。


これこそが、これからの時代を
幸せに生きていくために
必要なことだと。

最後の「伝える」というのが重要で、
ブログでもツイッターでもFacebookでも
なんでもいいから伝えることが
もっとも大切ですよ、という話でした。

なによりこのことを高城さんが
このトークライブで体現していましたね。

自分が訪れた南の島を
2000人の前で伝えている
ということですから。

旅の計画を立て、
実際に行って「経験」し、
誰かに伝える。

これが、これからの時代にあった
幸せを手にいれる方法ですよ、
というメッセージでした。

あ、今回のトークライブは
撮影や拡散は自由にOKという
これまた時代にあったスタイルでしたので、
YouTubeにも映像が上がってましたね。

というわけで、最後に実際のライブ映像をどうぞ、、、

その1


その2

その3

その4

その5


その6

こんなトークライブでした。

では、また明日ー!

島田晋輔

PS)

トップの画像は、トークライブ最後の画像として選ばれた
30年前(だったかな?)の渋谷のスクランブル交差点の写真でした。

こうやって街もライフスタイルもどんどん進化していくんだよ
っていうメッセージを、渋谷公会堂の会場となった
渋谷の昔の画像でだしていておもしろかったですね。

PPS)

エンタメ性もあって、プレゼントも用意されていました。

最新のカメラとドローン。

どちらも女性が当たっていたという点も
興味深かったです。

PPPS)

世界を旅したい?

だったら、めだるを集めて冒険にでよう。

めだる集めができるメルマガ登録はこちらから。

関連記事一覧

  • 島田さん、本投稿はありがとうございます!


    高城さんの声は聴き取れなかったのですが、
    島田さんの投稿を見て、
    聞き心地が良かった理由はよくわかりました。


    ありがとうございます。


    バンコクのアイソレーションタンクで
    高城さんに出くわしたり、


    シンガポールのアイソレーションタンク製造会社で
    高城さんに出くわしたら、


    ワイルドサイドに誘ってきます!

    • 小野さん、ぜひぜひ!

      高城さんとワイルドサイド部で島巡りしたいですよねー!

      島巡りとアイソレーションタンクツアー、
      ワイルドサイド部ではやりそうです。

      白金のタンクオーナーの原田さんは
      実際に岡山までアイソレーションツアーに
      行ったことあるそうですよ。

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes