Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

889

889
アイソレーションタンクサロン
白金フロートセンター。

「アイソレート」する
この場所に多くの仲間が集まった。

4月に発足したワイルドサイド部の
ウェルカムパーティーを開催。

24時間。

終わったときに、
幹事のスエヒロさんと話したんだけど、、、

「同じことやれって言われても
 もう二度とできないよね」


って。

予定していた計画を行いつつも、
(そして未遂に終わったものもありつつも)
偶発的にいろんなものが生まれた。

予定調和に中指を突き立てた
まさに“ライブ”というものだった。

「これは新しいパーティーカルチャーだ」

とスエヒロさんが言ったように、
地球上で確かに新しい「何か」が芽生えた
イベントだった。

次々とタンクに入り、
ひとりひとり胎内回帰していく。

孤独と社会が同居する不思議な空間。

液状化してドロドロと崩れそうな「日本人」とは
真逆に、暑い夏は僕らを溶かすことができなかった。

まさに文化作りだ。

宇宙に興味をもっていたスエヒロさんが
抱く興味のひとつ「始まり」。

今日、「始まり」という美しい体験を
同じ価値観をもった仲間と体験できたことを
嬉しく思う。

最期に、今回のイベントを通じて、
僕がこれからの部会で、
実行していこうと思ったものの
メモ書きを、、、

・ワイルドサイド部員、イルカたちと泳ぐの巻
・子どもたちと鏡のワークを習慣化
・ワイルドサイド部で島を買い、島合宿、花火大会
・アイソレーションタンク構築ワークショップ
・ドローンで南の島を空撮、Ustreamで生中継
・ワイルドサイド部で映画をつくる(BGMはもちろんルーリード!)
・アイソレートする家族参加型プログラム(モデル:パンチャカルマ、ヴィッパサナー)
・ワイルドサイド部のまっしろなユニフォーム作り(オーダースーツ?)
・9年後の888に88箇所同時多発的イベントを開催
・智頭独自のウーバー&AirBnBシステムをつくる


ってとこかな。

マインドスパの余韻のように、
アイソレーションタンクの余波のように、
888のリフレインは鳴り止まない。

幹事のスエヒロさん、
参加してくれたワイルドサイド部員と
秘密結社のメンバーに感謝。

場所を提供してくれた原田さん、
撮影してくれたジョナサンと
大阪中継してくれたイノッチに多謝。

そして、こんなワルノリに付き合ってくれた
画面の向こうのワイルドサイダーな
あなたにも非常感謝。


島田晋輔

PS)

マインドスパをする
マークスエヒロさんの映像をシェア。

小野さんがアツく語る“ホンモノ”が
垣間見えるはず。


天才性にふれよ。



姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

メルマガ登録


 


LINE@


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes