Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

障害か個性か

森の幼稚園の保護者面談でのこと。

「他の子と差があるってことが悪いわけではなくて、
 個性かと私は思うんです」


という話がでた。

その差を「障害」とみるのか、
「個性」と捉えるかによって
見方も考え方も変わってくる。

誰かと比べたり、
なにかに合わせようとしたりするから、
劣っているとか、不足しているとか
見がちになる。

できないことができるようになる
ことの良さも意味もあるのだろうけど、
その差を埋めようとすることによって
大切な何かを失っているような気も
個人的にはする。

まわりと同じように
できるようになった未来も
その子にとって
輝かしい理想世界なのか、
という疑問も残るしね。

どうしても今まで生きてきた常識だったり
倫理だったり、価値観だったりに
引っ張られて判断してしまうことがあるけど、
本当にその子のためになっているのかは、
誰にもわからない。

言えることは、

自分とは違う人生を歩むことは確かだし、
自分たちが生きてきた時代とは違った時代を
生きることにもなるだろう


ってこと。

だから、僕たちにできるのは

可能性を閉じずに、
環境を整えてあげること


なんじゃないかなって、よく思う。

子育てであっても、
誰かに仕事やビジネスでも
なにかを教えるときであっても。
 
僕たちのように
「言葉」を扱う仕事をしていると、
「言葉」による影響が大きい。

だからこそ、
影響が大きいからこそ、
現象をみて「障害」と捉えるか、
「個性」と捉えて表現するかによって、
見える世界も生き方も
ずいぶん変わってくると思う。

相手を心配するほど、
自分も大した人間ではないという
謙虚な気持ちを持てば、
個性豊かなメンバーと
いっしょに成長していく
楽しみを感じるはずだ。

相手に対してイライラしたり、
がっかりしたりするのは、
自分の価値観は絶対という
傲慢な考えによるものかと。

自戒の意味もこめて。


島田晋輔

PS)

今日は、小児麻痺を患って左半身が不自由だった
イアンデューリーの曲を。


そーいや、ロンドンでウィルコジョンソンのライブみにいったなー。


関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes