Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

都会と田舎のデュアルライフ

鳥取県に移住して3度目の正月。

去年はここ智頭町で、
一昨年は若桜町で新年を迎えた。

昨日は部落の新年総会があり、
1年の行事の話をしたり、
みんなで記念撮影をしたり、
お神酒を頂いたり。

こうして地域の人たちによくしていただいて、
田舎暮らしを楽しませてもらっている。
(美味しい野菜もたくさんできるし)

一方で、、、

仕事の打ち合わせなどで、
大阪、名古屋、東京には
定期的に行き、都会で過ごすことも多い。

多いときは月の半分くらい
都会でのホテル暮らしってときもある。

都会には都会で良さも魅力もあるので、
都会での生活、田舎での暮らし、
両方を楽しんでいる。

仕事の出張は、
基本的には僕一人で行っているが、
家族で移動することもある。

奥さんの実家がある愛知県には
頻繁に家族で帰っているし、
花粉の時期は家族で
沖縄で過ごしている。

長男のひふみが生まれてから
毎年沖縄に行っているので、
彼からしてみれば、
3月4月は沖縄で過ごすのが
当たり前になっているだろう。
(生まれてから毎年だからね)

渡り鳥が環境や四季の変化に応じて
移動するように、、、

僕ら人間も変化に応じて、
住むところも生活も変えていく。

そんなスタイルが
これから増えていくだろう。


デュアルライフと言えば
ビーコンの小野さん。

明日ここ智頭町に
小野さんが家族とともにをやってくる。

タイに住む奥さん、お子さんは
雪を見たことがないらしい。

会社員時代の小野さんは
年に7日しか子どもと会えなかった。

コピーライターとして成功し、
自由なライフスタイルを手にしてからは、
年の3分の1をタイで過ごすようになったそうだ。

タイから家族を
日本に連れてこれるようにもなった。

手帳に書き記した理想を実現し、
タイと日本のデュアルライフを楽しんでいる。

一発逆転を狙うのではなく、
コツコツと積み上げた結果だろう。

自分を振り返っても
周りを見渡しても、
コツコツやってる人が
やはりうまくいっているように思える。

美味しい話や甘い言葉は
よくあるだろうけど、
どこかで代償を払う必要がでてくる
と僕は思っている。

ダークサイドに陥らないように、
気を引き締めて
ワイルドサイドを歩き続けない
といけないのだ。

抜け道はない。

では、今日はこのへんで。

また明日。


島田

PS)

今日の一曲はこちら、、、


頭の中が毎日 正月でオメデタイ
ってピエール瀧はなかなか良い歌詞かくね。

関連記事一覧

  1. SWS

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes