Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

読者感謝大忘年会 高城剛単独トークライブ “裏”があってもいいじゃないか!に行ってきた

img_5599
去年に続いて高城さんの読者感謝祭イベントに参加してきた。

両国国技館に1万人も集まってるからすごい。

このセミナー基本は無料なんだよね。

開催概要を引用しよう、、、


-開催概要-

昨年、渋谷公会堂で開催いたしました「読者大感謝祭」に引き続き、本年は作家史上最大の単独トークライブを、1万人規模で両国国技館にて開催いたします。
透明化やオープン化が叫ばれる今日、いままで「暗部」や「裏」と呼ばれていたものが、世界中で次々と表面化してきました。

一方、あらゆる物事には表裏があり、時にはプライバシーのような「守るべき裏」から、存在を透明化する「あたらしい裏」まで、「裏」を理解することが未来への指針となる時代になりました。
しかし、日本ではまだまだ「裏」を語ることは、タブーとされています。

例えば、日本で最先端と呼ばれる抗がん剤は、米国では認可取り消しになった薬剤で、また医療大麻が科学的に効果があるので施術されているという事実は、まさに「あたらしい裏」そのものです。
こうしたことは大手メディアが伝えないタブーと言えます。

そこで、経済や社会、医療や国家まで、普段表立って語ることができない話を、大忘年会で皆様に直接お話ししたいと考えております。
それゆえ、今回のトークライブは、例年になく大変恐縮ですが、動画や音声の収録を禁じます(写真撮影や皆様がライブでお感じになったことをSNS等でお話しいただくのは、問題ございません)。

もうひとつ、今回の新しい挑戦は、「絶対に売ることのできない本」を読者の皆様に直接お届けすることにあります。
その本のタイトルは「(違った意味で)人生を変える南の島々“裏”」(通称『裏本』)。
この島だけには絶対に行ってはいけない世界の島々を集め、なかには紹介どころか、掲載すると書店で販売できなくなるような場所も含まれています。
そして、本シリーズではお馴染みの表紙カバーの裏面には、普段はご紹介しづらい、どんな不調時も一発で快調になる「点滴」から、腸を鍛えるための「強力サプリ」まで、(違った意味で)「メイキング・オブ・高城剛」を大公開。
また、帯の裏面には、明るい南国ならではのブラックマンバから、魚毒性があるゴバンノアシまで、「テロより怖い、世界の動植物」も一覧にしました。

本書は一般書店では販売できない内容を含みますので、こちらは本イベントの特別席チケットをお買い求めの方のみ、当日両国国技館にてお渡しいたします。
数量限定で、今後一切増刷の予定もございません(本書の転売等を行うなことを推奨いたしませんが、それこそ、この時代の「裏」なのかもしれません)。
なにより、出版不況がささやかれる昨今の「あたらしい本の売り方」への挑戦でもあります。


概要からもわかる通り、
タブーに挑戦というコンセプトが
チャレンジングで高城さんっぽいなと思った。

表では出版できないような本を「非売品」として会場で配布し、
(郵送はNGで現場に来ないと手に入らないという仕組みもよいね)
転売もOKみたいなユーモアもあった。

裏本の中にはパスポートサイズのミニ本が入っていて、
このミニ本のスペースに金の延べ棒なんかも
入れられるというね。

録音録画拡散なんでもOKという
去年とは真逆をついてるところも興味深くて、
今回はテーマがテーマなだけに、
録音録画禁止という決まりだった。

内容的には、このブログで取り上げてることも多くて
特に木坂さんのマスタークラスに来てるひとは
楽しめたんじゃないかなって思ったけど、
われわれワイルドサイド組には見当たらなかった。。

木坂さんが最近とりあげるスパコンやAI、
これからの未来の社会や医療、政治、経済、食など
重なるトピックが多くてなかなか興味深い。

違ったのは、高城さんは実際に海外を飛び回っていて、
現場でみたものや南の島のトピックなんかだったけど、
本質やメッセージはほぼ同じで
やはりみている人はみているんだなあというのが
率直な感想。

なので、個人的にはそこまで新しさを感じなかったけど、
いくつか印象に残った話もあって。

タブーを取り上げているので、あんまり詳しくは書けないけど、
セカンドパスポートの話や医療大麻の話は
身近だってこともあってより深く刺さった。

インターネット上で起こったことは
リアルの世界でもおこる


という高城さんの意見には僕も同意で、
ネット上でひとつのメールアドレスしか使ってないひとって
いないでしょっていうのは説得力あった。

それと同じように、合法的にひとり2つ、3つの名前を
持つようになるっていう世界ね。

これは芸名とか源氏名とは異なって、
オフィシャルネームを複数持つということ。

島田晋輔としまだしんすけべ、ひふみいたる、みたいな、ね。

で、「しまだしんすけべ」や「ひふみいたる」名義で
口座を開設したり、個人で資産をもったりとかね。

同一人物だけどまた別の人格というような、
ネット上ではよくある話だけど、
これがリアルの世界でもおきてくるだろう、と。

あとは、パラオとかヤップとかクワジェリン島など
ミクロネシアの話も興味深かった。

ヤップ島では、いまだにストーンマネーが使われているらしく、
石のお金を使っているくらいだから、
失われつつある伝統芸能もたくさん残っているって。

ハワイやタヒチのルーツである
ライアテア島とかね、
ミクロネシアに興味びんびん。

来年のワイルドサイドツアーは
ミクロネシアの島々を回る旅にならないか
と思うほど。

ポリネシアにアンテナ貼っておこうと思う。

そのほか、ヒラリーとトランプの話や
miRNA、シンギュラリティ、寿命の短いベジタリアン、
死亡率の高いセルフィーなど
まあ、そうだよなあという話が多かった。

実践してみようと思ったのは、
木坂さんのセミナーでも話がでたけど、
いろんな検査だよね、これやってみたいな
って思う。

自分に相性のいい水の検査とか。

1〜2年後にはUSBによる
自宅でセルフ採血ができるようになるっていうから、
これからの未来も楽しみだね。

ほんとはもっと書きたいことあるんだけど、
タブーな話題も多いし、
詳しくはお会いしたときにでも。

ではではー。


島田晋輔

PS)

では、今日は高城さんのDJで、、、


PPS)

親指シフトトレーニング59日目。

長くなってきたので、
別ページに。

今日のトレーニングはこちら

関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

吐き出された記事たち↓

PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes