Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

菌ストラテジー

昨日書いたパフォーマンスセミナーの続き。

1.腸内環境の適正化
2.脂質摂取の最適化
3.抗酸化と解毒


という具体的戦略があって
まずは1。

腸内環境の適正化についてだけど、、、

腸内環境は、消化吸収の効率性、
毒素や異物の排泄効率、それに伴う
全般的な免疫力などに流良い影響を
与えているという話に。

腸内環境は腸内細菌が決定し、
腸内細菌の大部分は善玉でも悪玉でもない
日和見である。

善玉も悪玉もゼロにはならず、
大部分を占める日和見はカジュアルに寝返るので、
いかにして善玉化させるかが肝になる。

このあたりは知っている人も多いだろうけど、
善玉化させるためには「菌」を直接与えるか
善玉化する「餌」を与えるかしかない。

最適な菌ストラテジーは、、、

1.菌の効果は容量依存
2.菌には「相性」がある


という2つを満たすもの。

この2つを深く理解しておかないといけない。

容量依存なので順次投入はダメで、
戦争といっしょで一気に注ぐのがポイントだと。

なるべく「たくさんの種類」の菌を
「なるべく大量に」摂取する必要があり、
最低でも1日1兆個は必要と言われていた。

ヨーグルトひとつには100億個入っていると言われているので、
ひとつ食べただけでは環境は変わらない、、、と。

腸内には100兆個の菌がいると言われていたけど、
今ではその5〜10倍はいるのではとも言われているね。

木坂さんは毎日5〜10兆とっていて、
調子のよくないときは20兆個もとっているらしい。。

すさまじいね。。

悪玉菌はなくならないし、
常に優先度が変わっているだけだから
環境を整え続けないといけないっていうは
なかなかたいへんだろうけど、
これもなんか本質的だよね。

で、菌に餌を与えるときの話。

菌は「生きている」よりも
「死んでいる」方が免疫力を高めること
が示されている。

とは言いつつ、相性もあるから
全部取ればいいんじゃないのっていう
発想で摂取しているらしい。

基本的には菌のサプリには
ある程度のオリゴ糖や食物繊維などの
餌が入っていることが多く「死菌」は「餌」になる。

健康レベルをあげたいひと、
年齢が高い人ほど、
摂取する菌の種類や量は多い方がよく、
ある程度体感の実感があるまで
自分の身体でテストしてみると
よいだろう、と。

短くても2週間、
長くても1ヶ月くらい。

普段の生活のなかで効果があるかどうか、
自分の求めているライフスタイルに
向いているかどうかを見極める
必要がある。

天然酵母はいいんですか?
という質問があったけど、
その天然酵母をどこからもって
きたのかにもよるだろう、と。

エネマに関して質問している人もいて、
いったんリセットするのは
よいかもしれないけど、せっかく整えた腸内を
リセットしすぎるのはどうだろう、と。

大切なのは習慣化。

一度やって終わりではなく、
環境を整え続けないといけないものだから、
菌ストラテジーを駆使して
腸内環境を整わせ続けることが大切。

腸内環境の適正に関してはこんな感じかな。

まとめると、、、

1.菌の効果は容量依存
2.菌には「相性」がある


この2点からなるべく「たくさんの種類」の菌を
「なるべく大量に」摂取する
ってことだね。

そして、自分との相性をチェックしつつ
最適化していくという流れ。

明日は脂質摂取の最適化について。

また。


島田晋輔

PS)

今日の一曲は、、、


関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes