Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

第16回ワイルドサイドランチミーティング(岡山)

岡山でのランチ会、初開催。

ひとりでも来たらやろうかなって
いう感じで気軽に募集したら
なんと8人も応募してくれました。

直前の募集、それに平日なのに。

ご参加くださったみなさん、ありがとうございます。

感想をいたきましたので、
シェアいたします。

まずは倉敷在住、元SWS社員のとっしーから。

島田さん、先日は岡山でのランチ会
ありがとうございました!

ほぼ直前の募集で、場所は岡山での開催にもかかわらず
参加者「8名」という数字に驚きました。

もはや場所を選ばず繁盛する感じなのか!
と思ったのですが、
意外と来やすい場所でもあるんですね、岡山。
(参加者さんの会話でそんなことを言っていたような)

僕は何気に初めての参加でしたが、
得られたものは予想以上に豊かで
とても楽しい1日となりました。

そんなランチ会当日の様子を、感想がてら
ざっくりと振り返っていきますね。
どうぞよろしくお願いします。



開催日は2月14日。

岡山奉還町のONSAYA COFFEE 2F奥のソファ席にて。

バレンタインということもあって、道すがら
ブラックサンダーを人数分仕入れていきました。

それでも僕が一番乗りかと思いきや、
なんとすでに島田さんがいらっしゃるではありませんか。

余裕の10分前集合で城ドラに興じる島田さんと、
同じ岡山住まいの参加者ゆうじさんのお姿。

これに驚いた理由は、おそらく道に迷うであろう島田さんを、
探しに行く役目を請け負うつもりでいたからですね。笑


その後は、僕が着いてから少ししてなほさん、
そして天野さんと後藤さんが到着、
少し遅れてケイコさんがいらっしゃり、
料理を注文してからランチ会はスタートしました。

(もうお一人、高知からの参加者の方は、
事故の影響で間に合わなかったのは残念でしたね)


注文では僕以外の全員がナポリタンを頼み、
これは一体どういうことだと考えつつ
チョコバナナワッフルをつついていました。

食後に出てきたハンドドリップコーヒーは
島田さんが1杯ずつ違う豆を注文してくださっていたので
選ぶ楽しみがありましたね。

すでに自分が飲んだ豆の名前は失念してしまいましたが、
「ハッピーウインター」的な名前の豆からは
キラキラとしたイメージが見えたのは覚えています。
どれも楽しくなる名前がついていたのが印象的でした。


ランチ会はまず自己紹介から始まり、
ざっくばらんに全員での雑談。

初めは島田さんがそれぞれにスポットをあてつつ
会話を回していたように記憶しています。

その時に思ったことですが、島田さんの
初対面の方の人となりを深めていく会話の展開は
あらためてすごいなあと。


これまでにも何度か島田さんが初対面の方と
接する場面にご一緒したことがありますが、
毎回素敵な瞬間を目撃しています。
(とりわけ道に迷った韓国の方をアテンドした時は
面白かったですね!最終的にご飯を一緒に食べることに 笑)

相手に対する興味関心と、
丁寧であり論理的な問いの重ね方、
そしてお相手の生きる世界と言葉を理解する力には、
傍から見ていてもいつも楽しませてもらっていますし
学び甲斐のあるところだなあと感じています。

後半は皆さんそれぞれで談笑されていましたね。
(途中、島田さんは城ドラやっていたような…笑)


それにしても、参加者さんお一人ずつと
話しているとあっという間に時間が過ぎるため、
2時間という枠ではおさまりません。

岡山のゆうじさんとは、格安一泊航空券の取り方や
オススメの無人島への渡船のお話しなど。
暖かくなったら無人島でランチ会したいです。笑

なほさんは名古屋の絶品カレー屋さんについて
語る姿が印象的でしたー。
場をふんわりと癒やしてくれる方ですね。

ケイコさんとは一番多くお話ししましたが、
「一家に一台サンドバッグ」の話しで盛り上がりました。笑
一年前にお会いした時とは別人になられていたケイコさんからは、
この1年間が色々な意味でいかに「充実」していたかを感じました。

天野さんは、紳士さと爽やかさ溢れる方でしたね。
福岡からの参加に驚きつつ、ここに来た経緯や
今のクライアントの方のお話しなど。
これから広島に行くということで駅前でお別れしました。

後藤さんからは、ワイルドサイドなご自身の半生をお聞かせいただき、
どんな局面も乗り越えて整え直すことができるのだという
人間の力強さをもらいました。あのワイルドさ、見習いたいです。


けっきょく終了時間もぶっちぎって1時間以上延長し、
それでも話は尽きず。

カフェを出てからも岡山駅へと歩きながら会話は続き、
駅改札前でお開きとなったランチ会でした。


僕はその後なほさんと奉還町を探索して怪しいショップを見つけたり、
夜はケイコさんと倉敷の「日本一うまい」焼き鳥屋に
ご飯を食べに行ったりで、結局13時から21時まで
ほぼしゃべりっぱなしの大変有意義な1日となりました。

やはりワイルドサイドランチ会に参加する方々なので
どなたも感性が近いものがあり、スムーズにお話しできて楽しいです。

主催者の島田さん、参加者のみなさま、
どうもありがとうございました。



最後にランチ会を振り返って思うのは、
島田さんの場(文脈)のデザインの秀逸さです。

「場を作り、人を集めて、成り行きは任せる」

このスタンスがうまく展開するように構築されている
そんなランチ会を体験できたことは、
僕自身のこれからに大きくプラスになります。
(この体験の記憶がホットな内に、
僕もさっそくランチ会を開催しようと思います)


楽しい時間、多くの学び、新しい出会い、
そしてよいきっかけがここにあるということ。

これは何度もリピートされる方がいるのも頷けます。
また、次回開催時もぜひ参加できたら。

今後ともどうぞよろしくお願いしますー。


とっしー、ありがとうございます。

倉敷在住のとっしーは来るだろうなって
思っていましたからお会いできて嬉しかったです。

またこの日のバレンタインデーは
お父様の誕生日だということ。

そんなめでたい日にわざわざ来てくれて感謝です。


お次はグレートジャーニーにも参加してくれている
後藤さんから。

島田さんからランチ会の案内メールが来たと同時にGmailを開いたので、迷わず申し込みました。



僕のプログラム受講メンバーさんも一緒に参加したこともあり、リラックスしてゆったりとランチ会を楽しむことができました。



島田さんのブログで名前だけ知っていた方々とも直接お会いできて良かったです。



どうやら僕は、想像のイメージと直接会ってからの雰囲気が全然違うらしいですが…(笑)





最初から最後まで島田さんの隣に座らせてもらえたので、僕の現状や今後の方向性についてご意見も頂くことができて、たぶん僕が一番贅沢な時間を過ごさせてもらったんじゃないかなと思っています。



意外なところで繋がっている方もいて、面白い話をたくさん聞くことができました。



価値ある時間をありがとうございました。





 ー後藤伸正



後藤さん、ありがとうございます。

香川から来てくれたのですが、
岡山はアクセスがいいみたいですね。

香川でもランチ会を開催したいな
と思いました。


お次は福岡から来てくださった
天野さんから。


初めてのランチ会。

どんな感じなんだろう、と不安あり、緊張あり、でしたが、
参加者の一言一言に耳を傾けているうちに緊張もほぐれ、
たくさんの学びの場となりました。

島田さんの、ナイフで肉の味が変わる、の話1つでも僕の中では衝撃でして、
これまで生きてきて、どれだけぼぉ〜と肉を食べてきたのか、
過去を振り返り恥ずかしさえ覚えました。

何事も雑に世の中を見るのはダメで、丁寧に丁寧に、
目の前のものや出来事と接していかなければいけないと、
本当に痛感させられた次第です。

セールスレターも同じですね。


視点を増やすためには?という質問に、
「人と会うことが大事」と話されていて、
まさに今回のランチ会が視点を増やすキッカケとなりました。

同時に、またランチ会に参加しようと、
「人に会いに飛び出そう!!」と
心に刻みました。

島田さんを初め参加者の皆様、
本当にありがとうございました!


天野さん、ありがとうございます。

天野さんとお会いするのは
2年ぶりくらいなんですよね。

先ほど後藤さんのコメントにあるように
後藤さんのプログラムに参加しているという天野さん。

天野さんを知ったのも僕のブログから、
小野さんを知り、小野さんから後藤さんを知った
そうですので不思議な縁を感じますね。

お次はチームwildsideにも所属している
ナフォッチ。


会いたい人に会いに、旅にでよう。
なんてテーマをぼんやりと掲げていたら、タイミングよくランチ会のお知らせがあった。

だから、今回のランチ会は、開催場所が例え北海道でも、海外だったとしても参加に迷う必要がなかった。

今回は島田さんを含め7人。
お一人来れなくなり、お会いできず残念でしたが、とっても居心地の良い時間を過ごすことができました。
マッチョな小野さんは、タイから駆けつけるのかと思ったけど、さすが今回はいなかった。

前回参加した時には、何度か会ったことのある方が多かったけど、今回は初めましての方ばかりでした。

島田さんのブログに登場している方や、あの話は〇〇さんのことなんですよ。なんて話もあり、私の想像と違う方や、何度もお名前を聞いたことのある方にもお会いできた。

私は普段から、あんまり自分からたくさん話す方ではない、と思っていて。
好きな人とは、一緒の空間にいるだけで充分幸せで、その場の空気感や居心地の良さがあれば、ただ側にいてボーッとしているだけで満足してしまう。

今回のランチ会も、私にとってはそんな居心地の良い空間でした。

きっとそれは、島田さんが持っているものであり、そんな島田さんに集まってくる方は、皆さんガツガツしてなくて、ゆるやかな空気を運んでくる方ばかりでした。

島田さんは、とっても不思議な人で無色透明。
私には、そんなイメージなのです。
なんだか、妖精のようでもあり 笑。
島田さんの周りには、ゆっくりとした空気が流れ、なんとも居心地が良い。
皆さんと一緒にいる空間が心地よすぎました!

私はビジネスとか難しい話があまり得意ではなくて。
島田さんブログも、ひふみくんやいたるくん、奥様とのエピソード、食べ物や趣味の話。
そんな話がとても大好きだ。

だから、今回は島田さんのグルメ話もたくさん聞くことができて、とっても楽しかった。

岡山駅につき明日は予定もあるし、名古屋に帰るかなー。と思いつつ、
ランチ会の後、トッシーさんと岡山の街を探索し、ステキな場所を沢山見つけて、ワクワクしていた。
そしたら、ランチ会の時の皆さんの福岡の話を思い出し、ウズウズしてきた。

福岡は私の大好きな街なんだ。
お仕事やプライベートでも何十回と行ったけど、街も人も食べ物も大好き。

なんだか名古屋に帰るのがもったいない。
そう思ったら、明日の午前中の予定を変更し、反対行きの新幹線に乗っていた。

福岡に会いたい人がいる。
行きたいお店がある。

そうだ、福岡に行こう!笑。

ランチ会が岡山での開催じゃなかったら、みんなの福岡の話がなかったら、トッシーさんとの街ブラがなかったら。。
きっと福岡には行ってなかったかもしれない。

全てがベストタイミングなランチ会でした。
弾丸福岡で、会いたい人に会い、行きたいお店に行き、満たされた気持ちで名古屋に帰りました。

ありがとうございました。


P.S

福岡で会った人に、ランチ会で岡山にいたと話をしたら、
まー面白い人達がいるのねー。、と言われたので、島田さんのブログをオススメしました!


西村奈帆


ありがとうございます。

名古屋から新幹線でわざわざ来てくれたナフォッチ。

日帰りで名古屋に帰るって言っていましたが、
福岡に行っていたなんて。。

なかなかのフットワークの軽さですね。

自分の想いのままに、
気持ちのままにって大切だなと思いました。


お次は初めてお会いするユージさん。


今回、島田さんのランチミーティングに初めて参加させていただきました。

バリバリビジネスをやってる方たちばかりなので気が引けましたが、岡山で開催、時間を合わせることができたので参加させていただきました。

島田さんと言えば、ブログを約二年ほどされてますが、ほぼ初期からの愛読者でして、いつも刺激をもらってます。子供ために環境がいいからと智頭に移住されているということで、ワイルドサイドは言葉だけじゃないなと、強く感銘を受けました。私も智頭に行ったというか、通過したことが何度かありますが、やはり地理的にも田舎で交通も大変な場所。そこにバリバリビジネスやってる島田さんのような人が住んで、全国、世界へと活動してるっていうのは、普通じゃないな~と。

ビジネスのブログ、マーケティング、ライティングなど、いろんなブログがありますが、真のワイルドサイドは、島田さんじゃないかと常々感じてました。


ランチミーティングで初めて、島田さんや、他の皆さんとお会いしましたが、このミーティングの空気感が、やっぱり島田さんの持つ人柄が反映されているからなのか、イメージとしては、

柔らか、優しさ、信念、

という印象でした。

発想に柔軟性がある、柔らかな人たちの集まりであり、

人や環境に、優しさを持った人の集まりであり、

それでいて、それぞれがポリシーをしっかり持った人の集まりだなと。


まったりした優しい時間が流れていて、そこに、それぞれがポリシーをしっかり持ってビジネスもされていて、何か時代の進化を感じる場でもありました!


私は40代で、たぶん最高齢だったと思いますが、30代、20代と、若い世代の進化した人たちの感覚というか、空気感というか、何かそんなものも感じましたね。

やはり、面白い人たちが集まると、面白いですね。

私にとって、世の中の変化、時代の変化を感じることができた時間になりました。

これをきっかけに、私も進化したいし、島田さんの智頭での地域振興の取組にも関心があるので、次はぜひ智頭に行きたいなと思います。


ランチミーティングに参加できて本当に良かったです!ありがとうございました!

ランチミーティング 感想 ユージM


ユージさん、ありがとうございます。

僕のブログを初期から読んでくれているというユージさん。

教育への想いが強く、智頭への取り組みにも
関心をよせてくれていました。

音楽もすごく好きだということだったので、
共通点が多くてお会いできて嬉しかったです。


お次はいっしょにプロジェクトをやっている
ヒビノケイコさんこと川村さん。


しまださん

先日は、ありがとうございました。
今回は岡山でということで、いままであまり訪れなかった場所に行けて楽しかったです。

集まったみなさんも、九州や四国、名古屋からの方もいて、それぞれの地域のお話をお聞きするのも興味深かったです 。また、お仕事も様々で、お話が刺激になりました。

一番印象的だったのは、しまださんがずっと静かにお話を聞いていたところです。テーマ設定をするでもなく、ガンガンファシリテーションするわけでもなく、そんな風にいるという佇まいが、参考になりました。

そういう姿から感じられるものは、大きいなあと。

ありがとうございました!

けいこ


ケイコさん、ありがとうございます。

ケイコさんもこういったランチ会を開催することが
あると思うので、参加者側としては
珍しいんじゃないでしょうか。

やはり華やかさもありましたし、存在感もありましたね。


・・・以上。

僕を含めて7名でのランチ会でしたが、
実はもうひとり申込みをしてくれていました。

交通トラブルで参加できなかったのですが、
高知から向かってくれていた池内さん。

その池内さんからもコメントが届いていますので、
最後に紹介したいと思います。


今回、交通トラブルで参加できなかった池内です。

実は、この件で深く思い至る点がありまして。

その場にはいなかったけれども、、、以下、感想文です。笑



今回は、

完全に、自分の感覚を無視したミスチョイスが招いた結果でした。



便の手配をする際に、



高速バスじゃなくて、JR(電車)を使った方がいい気がするな・・・



そう感じていたのに、「ま、いっか」とバスを選択してしまった結果のできごと。



(今となっては、自分のこの行動が謎でしかたありません、、、
 と当日は思っていたのですが、2/19現在、それもすべてパーフェクトな流れだったと感じています)





まずは、

生きていること、日頃無事であることのありがたみを改めて感じることができました。

そしてますます、「今ここ」を大事に楽しもう、と思ったことです。



亡くなられた方もいて、事故に遭われた方々には心痛みますが、

大事故まで、ほんの10台弱のニアミスでしたから。



率直に言いますと、

ライフワークであるクリスタルワークや気功のおかげか、

自分でもわりと、サインをキャッチしやすい体質のような気がします。



そう、そのおかげで、危険自動回避システムがちゃんと働いていながら、

また、ワクワクを連鎖するシンクロのサインを受け取っていながら、



無視すると、、、、

○!※□◇# △!な展開が待っているな、と改めて痛感したのです。



足止めされた高速バスの車中、読書したり、オーディオプログラムをやってみたり、
ぼーーーーーっとしてみたり、ひそかに気功(車中なので、動く方でなく瞑想の方)をしてみたり、、、

進むことも戻ることもできない4時間は、
いろんな思いが巡りカオスのようでもありましたが、
帰途に向かう頃には霧が晴れたようにすっきりとした気分でした。



それはきっと、自分の感覚を行動に落とし込む大切さを身を以て痛感したことで、
今後の行動指針がはっきりし、なんだか勇ましい気分になったからだと思います。



そもそもワイルドサイドを歩こうって気なら、そうよね。

これは、洗礼だわ、と可笑しくて。笑



と、ひとりミーティング状態でしたが、笑

今度はみなさんに会えるのを楽しみにしています。





池内 聖子


池内さん、ありがとうございます。

交通トラブルでお会いできなかったですが
こうしてコメントまで送ってくれてありがたいですね。

ケイコさんも来るし、高知から2名の女性が参加!
と思っていたところでした。

今回はお会いできなかったですが、
またタイミングあったら。


こんな感じのランチ会でしたが、
たくさんのひとは集まってくれて感謝です。

またいろんなところで開催したいと思います。


島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、


関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes