Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

第二回ワイルドサイドランチミーティング(四谷)

ヒロチさんの絵
 

3月22日。

第二回ワイルドサイドランチミーティングを
開催しました。

今回もユニークなメンバーが集い、
イタリアンを堪能しながら、
マニアックな話が飛び交い、
有意義な時間が過ごせました。

めだるトーク&交流もあり、、、

「めだると引き換えにバナーに使うデザインを描いてもらう」
「めだると交換して、セミナー講師をしてもらう」


みたいな取引も実際に成立していました。

実際にランチ会でも話たんですけど、
僕がこの「めだるシステム」を通じてやりたいのは、

「お金を介さない価値と価値の交換」

です。

正確に言うと、ちょっと違うのだけど、
僕のなかでお金の存在、あり方、
社会との関わり方について
自分なりに思うことがあって
実験的に行っています。

お金=クレジット

というだけあって、
つまりはお金って
「信用」ですよね。

で、例外なく僕ら全員が信仰している宗教が
お金教です。

諭吉先生の紙切れの原価は
確か10円〜20円くらいですよね。

でも、原価10円〜20円のものに
10000円の価値をみてしまう。

みんながみんな信じているから
成り立つわけですよね。

価値を共有している人がいれば
成り立つのです。

だから、まんだらけみたいなところにいけば、
キン消しが10万とかビックリマンシールが
100万円とかで取引されてるわけですね。

お金っていうのは、単なる媒介です。

最近まではアフリカのある地方では
塩なんかが媒介として使われてたりしてましたよね。

僕が住む鳥取の田舎では、
地域通貨として、
薪が使われてるところもあります。

そんな感じで、媒介の「お金」や「薪」には
そもそも価値があるわけではなく、
その先の信じるものに価値があり、
意味があるのです。

このへんはもうちょっと丁寧に話したいのですが、
長くなるのでこのへんで。

最後にランチ会の参加者の声を紹介いたしましょう。

まず、一人目は68年生まれという浅野さん。


=====================

島田様

本日はお招きありがとうございました。

皆さんとは初対面でしたが、何故かあまりそういう感じはせず(そんなの俺だけ?)、いろいろな話ができて楽しひとときを過ごすことができました。島田様を始め、皆様の器の大きさに感謝します。

こういうオフ会的なものは本当に久しぶりで、おまけに皆さん独自の活動を展開されておられるようだし、「俺だけワイルドサイドじゃないなぁ・・・」みたいな気もしており、正直、参加前は気後れしておりました。
が、今後に向けていい刺激になりましたので、思い切って参加して本当によかったとおもっております。

今回参加された皆様とも、今回のご縁を大切に、またお会いしたりする機会を作るなり、得るなりしていきたいなぁとも考えております。

それから、小生は発信的な活動はほとんどしておりませんが、Facebookのアカウントは持っておりますので、案内させてください。

こちらです。

ブログの方はまたの機会に(今の状態で見られるのはさすがに恥ずかしいので)。

それでは、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
ありがとうございました。

浅野 隆雅

=====================


浅野さんとは音楽トークで盛り上がりました。

同じような趣味があると話が弾みますね。

それと、ブータンとかミャンマーとか
マニアックな地域の旅行代理店?
をしているらしく興味深い話がきけて
楽しかったです。

次、ふたりめは93年生まれ、
まだ21歳という望月さん。


=====================

島田さんのランチ会ですが、

はじめ参加しようか迷っていました。

ですが、「ワイルドサイドを歩こう」

というコンセプトに惹かれまして、

これまで「マイルドサイド」(笑)を歩いていた、自分を変えたいと思いました。

そのために必要なのは、新しいノウハウではなく、スキルではなく、

新しい出会いが突破口だと思っていました。

なので、島田さんのワイルドサイドランチミーディングに参加することを決めました。

ランチ会では、自分を含めて7名の方々が参加されていましたが、
驚いたのは参加した他のメンバーさん全員が、望むライフスタイルを確立されていたことです。

ビジネスで成功され、塾も経営していて、その生徒さんも成功させているような人たちでした。

そんなすごい方々との新しい出会いに感激しました。

また、ランチ会では、

島田さんにプロモーションのことやコピーライティングのことについて、
色々質問できたことが大きかったです。

仕事で行き詰まっていた部分がその日改善しました。

他にも、島田さんをはじめ、参加者の皆さんの考えられているアイデアや、
構想を伺うこともできまして、非常に刺激的でした。

面白かったのは、島田さんのメルマガで拾えるメダルについてでした。

「このメダルって将来こうなるんだ!」

というユニークな構想を見せていただきました。
今のうち拾えるだけ拾っておこうと思います(笑)

とにかくワイルドサイドミーティング、面白かったです。

また会やセミナーがあったら参加したいです。

=====================


若いですね!

学生のころにジョンケーブルズの本を読んで、
セールスコピーライターとして活躍するように
なったそうです。

望月さんのFacebookはこちら

で、感想で望月さんの語っている
めだるの構想はランチ会に参加した人だけの
ナイショ話って感じですが、
今回の前振りの「お金について」に
関連してきます。

ヒントとなるキーマンは、
神田昌典と岡田斗司夫とミヒャエル・エンデです。

3人目は、今井博子さん。

ワイルドサイドストーリーに登場してくれた
永田さんの彼女さんですね。


=====================

島田さんこんばんは。

こちらこそ昨日は最後まで親切にしていただき、ありがとうございました。

感想の件、私の主観でよろしければ、是非かかせていただきます。

後ほどアップさせていただきますね!!
よろしくお願いします。

実際のブログ記事はこちら

=====================


21歳から原因不明の病気で、
麻痺のため車椅子生活、
そして発語もできないとのことでしたが、
ブログ記事を読んでもらえばお解りの通り、
とてもエネルギーに溢れています。

原因不明なのだから、
美味しいものを食べて、
いろんなところに一緒に行って、
こうやって面白い人たちと会っていたら、
よくなるんじゃないかなー
なんて語っていたのは、永田さん。

その永田さんからの感想はこちら、、、


=====================

島田さん、先日はありがとうございます。

島田さんとお会いするのはもちろんのこと、
同じワイルドサイドフレンズとお会いするのも
非常に楽しみでした(笑)

やはりというか、
皆さんとてもユニークな方ばかりで、
色々な業種職種の方の話に、驚きと笑いが連続で。

そして、
改めて思ったのは、コミュニティにとって
『スラング(共通言語)』って重要だなと。

あの場所で『めだる』って言葉が通じて、
それで会話が成り立っているってすごいことですよね。

そういう『同じ国の仲間』に会えたことが、とても嬉しく思いました。
今後もめだるの交換などで色んなビジネスが動きそうです♪

今回は素敵な機会を作っていただいたと同時に、
私だけでなく彼女も誘っていただき、
本当にありがとうございました。

彼女もその日のことをブログに書いたので、
是非読んでみてください。

ワイルドサイトミーティング(^O^)♪

また日本全国色んなところでおもろい企画してください!
どんな場所でもめだるを持って参加するので♪

=====================


めだるを100枚以上集めている
トップめだりすと永田さんですね。

永田さんの話にはみんな感動していましたよ!

彼女の今井さんのイラストやブログが入った
永田さんのブログはカラフルで素敵です。

ぜひ遊びにいってみてください。

5人目は、小坂さん。

久しぶりにお会いしました。


=====================

気軽なランチの会でしたが、
普段ほとんど表に出て来ないコピーライターの方や、
元プロのミュージシャンの方など、今までお会いしたことがない人との時間を過ごすことができて、
とても刺激的で、貴重な時間でした!

今まで僕自身もいろいろな方にお会いしてきましたが、
このメンバーでランチができるのはとても貴重です。

島田さんありがとうございました!

=====================


小坂さんは大手のIt企業で、
世界第二位として表彰されるほど
デキるスーパー営業マンです。

ワールドワイドに活躍する営業マンで、
今はグローバルな企業向けにABスプリットツールを
提供する大企業に勤めてるのだとか。

ワイズマンこと今井先生とも価値観で共通する部分があり、
5、6年前から毎日欠かさず寄付をしていたり、
親に仕送りをしていたり、
自己対話のために手書きの日記を欠かさずに
つけていたりするそうです。

誰に見られるでもなく、
大きく見せるでもなく、
自分の価値観のために、
毎日欠かさず行う姿は、
ストイックな修行家なようです。

小坂さんのFacebookはこちら

最後、6人目は小野さんです。

セールスコピーライターとして活躍する
小野さんからの感想はこちら、、、


=====================

島田さん

こんにちは。小野貴正です。

昨日はワイルドサイドを堪能させてくださり、
また、素晴らしいワイルドサイダーの方々を
アレンジしてくださいまして、

ありがとうございましたm(_ _)m

価値観が近い方々が集うと
エライエネルギーに満ちた空間に
なるな~とかねてから思っていましたが、

島田さんに何らかのモノを感じて
集われた方々からはそれぞれ、

あ、やっぱり秘めているエネルギーって
スゴイものがあるな、と思いました。

場って大事ですね、スゴく。

空間としての場もそうですが、
人の空気で作る場も大事で、

どの場を選ぶかで、自分にとって
うれしい生き方ができるかどうかが
決まると僕は考えています。

自分の価値観で生きる人って
僕はワイルドサイドだなって思うのですが、

そういう方々が増えていくと、
世の中がうれしくなると思うので、

引き続き島田さんや皆さんとの場を
大事にできればと思いますし、

もっと多くのワイルドサイドな面々とも
交流できればと思います。

あ、永田さんと今井さんには
めだる1枚でイラストお願いします、
とご伝言くださいm(_ _)m
(セミナーとかも1枚ですよねw)

昨日はありがとうございました。

引き続きワイルドサイドでいきましょう~^ ^

小野貴正

=====================


小野さんはタイに奥さんとお子さんがいるということで、
年の3分の1はタイ生活というG型のライフスタイルです。

小野さんも小坂さんのようにストイックなひとで、
会社に勤めながら、毎日4時起きでコピーライティングの勉強をし、
仕事が終わってから実際にコピーを書き、
多い時で、月に10本以上もセールスレターを納品するという
かなりのストイックぶり。

他にも、自分で立てたマスタープランとコアバリューを
朝晩、声に出して読み上げたり、、、

「今日も新しい一日が始まる。
私はこの新しい日を自分の意志で過ごす。
私が今日することは重要である。
なぜなら、私は人生の新しい一日を行動を交換するからである。」


というドクターモルツのイメージプログラムを
毎日、声に出して読み上げてるそうです。
(1日も欠かさずだそうです)

他にも細かいルール設定がしてあって、
毎日の儀式があるのですが、
こういう人は自分の理想を手にしますよね。

逆にうまくいっていない人は
このルール設定が甘いように感じます。

どれだけ自分を追い込めるか、
厳しくできるかで、将来が変わってくるでしょう。

小野さんは、こんな生活を2年近く続けられているのだから、
結果が伴うのは当たり前だよねってことで、
ランチ会の次の日、会社を設立されました!
(おめでとうございます!)

そんな小野さんのブログはこちら

あ、もうひとつブログがあるみたいです。

こちらです。

・・・という感じで、
僕を含めた7人でのランチ会となりました。

浅野さん、望月さん、今井さん、永田さん、
小坂さん、小野さん、、、
参加、ありがとうございました!

次回の開催は沖縄で、、、
まあ、まだやるかわかりませんが、
不定期に開催していこうと思います。

では、僕はこれから愛媛に行ってきまーす!


島田晋輔

PS)

では、ワイルドサイドのイベントの紹介記事なので、
ルーリードを。

今回のワイルドサイドランチミーティングに参加してくれた
浅野さんがルーリードで一番好きな曲という
パーフェクトデーをお聴きしましょう。

関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

吐き出された記事たち↓

PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes