Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

生命の樹とあっち系の話

生命の樹個性的で、変わってて、
あっち系のひと〜みたいなことを
よく言われるのだけど、
そして、あっちの系の話は好きなんだけど、、、

フワッとしたスピリチュアルもどきや
神様や宇宙に願えば叶う系や
なんだか知らないけど
見えちゃった系の類は正直ニガテ。

えー、、好きそうなのに!?

って意外な反応をもらうんだけど、
ほら、僕ってやっぱりルーツとか
本質が好きじゃない?

そんなの知らねーよ!


って思った場合はブログを
読み返してもらいたいのだけど、、、

ルーツとかオリジンとか、
クラシックとか、、、

そういったものを好んでいるんだよね。

だからオカルトっぽいのも
嫌いではなくて、むしろ好き。

ただ、流行りのなんちゃって系のものではなくて、
神秘思想とかカバラの教えとか
ガチのものを好んでいる。

カントも形而下の研究で命尽きてしまったけど、
やりたかったのは形而上の話だっていうように、
僕も晩年は宇宙の研究とか、
この世の成り立ちとかをやりたいなあ、
と思いつつ命尽きるかもしれない。

あっち系の世界にリーチできるのは、
修行をがっちり積んで
土台をしっかり創れたときだから、
地道にチカラをつけること、、、

これが大切なことだと思う。

冒頭に掲載した「生命の樹」でも
有名な話は1つの扉を開けるのに
最低7年はかかるとか。

木坂さんとも話してたけど、
神様になるには300年くらい
かかっちゃうよねって
命足りないじゃんって。

イタリアの職人に贈られる
サルトフィニートの称号も、
ジャケットだけで最短40年。

パンツも究めようと思ったら、
さらに40年。。。

命たりないよね。。

ま、要するに、どんな世界でも
ショートカットはできないってことだ。

いきなり降ってくるとか、
見えるっていうのは、
たいていが勘違いで、
神様というブラックボックス
に入れて誤魔化してるだけだと思う。

ビジネスでも健康でも恋愛でも
人間関係でも、誰でも「魔法の薬」を
求めてしまうのだけど、残念ながら
そんなものはこの世に存在しない。

基礎や土台をしっかりつくった上で、
やっと次のステージに進める。

だから、最近は教養と訳される
(誤訳と言われている)
リベラルアーツなんかを
しっかり学びたいなとも
思ってる。

自由七科と言わられるリベラルアーツ。

文法、修辞学、弁証法の三学と、
算術、幾何、天文学、音楽の四科。

この7つを学ぶ勉強会やろうかなとも思ったり。

基礎や土台がしっかりできないと
その上に建つものは貧素になってしまうから。

また明日。

島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、

関連記事一覧

  • Slow Man

    この世の成り立ちの根幹みたいなものは何なのか?ということの不思議や疑問を持ち続けられるということ自体が、素晴らしいと思います。
    個人的には目先の利益を追ってばかりいるから、島田さんの視点で私がものを考えることはできないですし。

    分からないなりにですが、私には科学は人間が知らない自然の中の一部を解明したものなので、科学万能主義になってはいけないのでは?という考えはあります。

    • 科学に関してもまたみんなで議論したいところですよね。

      科学的なデータが全てならば、
      人間はサプリだけ飲んでいればいいってことになってしまう
      とこの前、木坂さんが言っていましたが、
      やはりデータはデータなんですよね。

  • 佐久間

    僕も目に見えないものは、寛容な方ですが、
    フワフワ系は疑問符がつきますし、、怪しいものが多いのも事実ですね、、
    いずれにせよ、何かを習得する時はショートカットできない。
    これは肝に銘じたいです。
    命は有限であるからこそ、なにに使うのかは慎重に選びたいですね。

    • そうなんですよね。


      そういったコスト感覚、
      マネージメント感覚って大切ですよね。


      目に見えないものは
      僕も大好きですが、
      最近のうすっぺらなものは
      苦手なんですよねー。

  • disqus_SJ4DN3LWX9

    僕もリベラルアーツ、学びたいです。
    勉強会素敵ですね!開催なさったら、
    ぜひ参加したい思いです。

    長い長い勉強会になりそうな気がしますが、
    限られた寿命の中でより良質なものに触れていけるなら、
    途中で尽きても悔いはない気がします。

    • リベラルアーツを学ぶ勉強会できたらいいですねー。


      木坂さんにもぜひ開催してほしいってリクエストしておきましたけど!

  • 市村

    禅の世界とかもそうですけど、伝統的な神秘行などはめちゃくちゃ厳しい世界ですよね。

    先日、代々青森のイタコの家系の方にお会いしましたが、少しお話を伺ったところ、やはり相当地道なトレーニングを長く続けられてきたようです。

    それに対して、そんな修業なんて必用ないんだよ!いまここでそのままの自分で完璧なんだよ!っていうのが、最近のスピリチュアルで言うところの悟り系ってやつなのかもしれませんね。

    アッチ系もジャンルが色々ですね(^o^;)

    • イタコのひとたちもやはりそうでしたか!

      本来はそーゆーものなんですよね。

      いきなり見えたり降ってきたりはしない。


      それはたいてい勘違いなんですよね。


      勘違いしたい気持ちもわからなくはないですが、
      現実逃避かな、なんて僕は思います。

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes