Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

智頭石油の米井さんちでBBQ!そして、ドラムセッション!!

IMG_8739
以前、このブログでも紹介した
淀川テクニック名義で活動している
芸術家の柴田さん。

その柴田さんの奥さんからお誘い頂いて
智頭石油の社長、米井さんのお家で
バーベキューをしてきた。

3日連続でバーベキューと
なった智頭の夏だが、
米井さんとは前々から
お会いしたかったので、
いろんな話もできたし、
有意義な時間を過ごせた。

50年以上続く智頭石油は、
鳥取県内にいろんなところにある
ガソリンスタンド。

と言っても、やり手の社長さんなので
幅広くいろんな事業を手がけている。

智頭駅前にあるレンタルできる電気自動車。

ファンキーなピンク色の乗り物を見かけたら、
それは米井さんが手がけた電気自動車だ。

ブログでも紹介した「腐る経済」で有名な
パン屋タルマーリーを智頭に誘致することを
助言したのも米井さんらしい。

米井さんは智頭石油だけでなく、
林業も手がけている。

エネルギーにも関心が高い。

林業という意味で、
智頭には油田があるのといっしょだと
語っていたしね。

丸太→薪→チップ
と加工するには、加工コストも人件費もかかる。

これを例えば、丸太のまま
ストーブに投下できたらどうだろう?

それを米井さんは四日市の会社と
共同で進めているということだった。

他にも神奈川の会社と10年前に開発した
ガソリンスタンド専門のオンラインシステム。

ニッチな市場をとって、
現在、100ヶ所のガソリンスタンドで
導入しているとのこと(ちなみに、継続課金モデル)。

そんな米井さんのお家に招待されて、
ビールにスパークリングワイン、
ウィスキー、ジンとお酒をたらふく浴びながら、
地域のこと、事業のこと、音楽や旅のこと
いろんな話をした。

妹がカナダのカルガリーに住んでいる
という話をしたら、

「あそこは好きな街のひとつだね」

なんて粋なことを言っていた。

庭でしばらく飲んでいると
ふらっと近所のおじさんが通りかかって
いっしょに飲みましょう、と米井さんが誘った。

もう昼から飲んでいるので、、、
と、おじさんはやんわり断りつつも、
いっしょにウィスキーを飲む。

そこで米井さんはこんな問いかけをした、、、

「父親の自分とおじいさんの自分、どっちが大きい?」

孫までいるとなると、
父親としての自分や
祖父としての自分など、
いろんな自分が同居している
という話。

ご覧のようにエネルギーに溢れ、
ステージの高いひとなので
思慮深いし、幅広くユニークな活動をしている。

ステージが上がったから、
いろんなことをやるようになったのか、
いろんなことをやっているうちに
ステージが上がっていったのか、
興味はつきない。

智頭はパワースポットなのか、
おもしろい人たちが集まっている。

なにより、森の幼稚園という「教育」が
ユニークな人たちを集めているようにも思える。

そうそう、米井さんはあの自由学園の出身だった。


島田晋輔

PS)

米井さんは、夫婦で音楽好きで
音楽談義にも花が咲いた。

もちろんルーリードも
Walk on the WILDSIDEも知っていた。

去年、諏訪神社で行ったイベントでは
あがた森魚を呼んでライブをやってもらったらしいし、
学生時代はサディスティックミカバンドとも
交流が深かったという話もしてくれた。

家の中には素敵なドラムセット、
ジャンベなどもあって音楽をかけながら
セッション。

サムジョーンズをかけていたので、
今日はサムジョーンズをお聴きしましょう。

関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes