Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

日本の未来、世界の未来。

ブログの続き。

この銀座のお店の店主。

こういったクレイジーなエピソードが
ぽろぽろとでてくるので、おもしろいのですが、
最近扱い出したアンティーク時計の取引を開始した相手にも

10年間の彼の仕事ぶりをみてこの人なら大丈夫だと思った

から取引を開始したのだとか。

この人と仕事できるまでに1年くらいかかったんだ
みたいな話は聞いたりはあるけど、10年って(笑)

さすがのスケール感だなと思った。

ちょうどアンティークの時計をずっとほしいと思っていたので、
僕に似合いそうなのを探しておいてください、と伝えると
すぐに取引先のひとに連絡してくれて、
次の日にはわざわざ僕のケータイに直接入荷の連絡をくれました。

オーバーホールされた状態のいい本物の時計を
リーズナブルな金額で店頭にやっぱりすぐに売れてしまうという。
(ここのお店の取り分聞きましたが、それボランティアでしょってレベル)

時間とれなくてみに行けてないのですけど、
近いうちに足を運びたいと思います。


バーで談笑しながら飲んだ後は
店をしめておすすめの銀座の中華料理屋に
連れて行ってもらいました。

このお店にも10年くらい通ってるらしく
厨房のシェフも8年は変わってなくて
味もおいしいと連れていってくれました。

これも銀座なんです、と教えてくれた
中華料理屋は日本でみかける中華料理屋さんとは
またちょっと雰囲気が違ってなんとも
不思議な時間となりました。

帰り際にまだホテルをとっていない小野さんを気遣い
近くのホテルまで連れていってくれました。

そこが満室で泊まれなかったので、
もうひとつあるとすぐに電話をかけて
空き状況を確認して小野さんのために予約を
とってあげていました。

この嫌味のない親切というか
立ち回りはコスタを彷彿とさせ、
日本人離れしたおもてなしを感じます。

これは女性にもてるでしょっていうような
エスコートっぷりですが、
実は3年前にオーダーしたバティストーニのシャツは
いまだ未納品(苦笑)。

仮縫いまでしたのに
いつの間にか忘れられてます(苦笑)

バティストーニはブリジットバルドーや
バートランカスター、ヒッチコックなんかも
愛用していたというローマの老舗のシャツで
ここの工房に足を踏み入れる日本人は
ここの店主くらいじゃないかな、と思います。

だからこそ、なんとかシャツを
完成させて納品してほしいけど、
まあ、手元にないってことは
必要ないってことだろうって
僕は解釈していますが。。

そうそう、このブログでも何度か取り上げたミラノ在住のサルトである
河合さんを紹介してくれたのも彼ですし、
クレパパで訪れた小倉にある古代のお寿司屋さんも
元をたどると彼からなのです。

木坂さんのメルマガを昔から熱心に読んでいる人は
もしかしたら知っているかもしれませんが、
NHKのディレクターをやめて
スーツ職人になるためにイタリアに渡った日本人。

福岡出身の磯部さんですね。

その磯部さんから小倉のお寿司屋さんを
紹介されたとのことでした。

その磯部さんのご実家のお蕎麦屋さんも
ずいぶんとヤバいと聞いているので
またクレパパメンバーで訪れたいと思っています。

いろいろとつながりますね。

では、今日はこのへんで。

よい日曜日を!


島田晋輔

PS)

過去の木坂さんのメルマガを遡っていたら
磯部さんとのときのことが
書かれているものがみつかりました!

無料公開されていたメルマガなので、
せっかくなので抜粋してシェアしましょう。

こちらです、、、


1.日本の未来、世界の未来。

先日、面白い人に合いました。

30代真ん中の日本人で、NHKのディレクターを辞めて
突然イタリアにスーツの職人になりに行った人です。

彼と4時間くらい話して、僕と感じていること、
特に危機感が似ていたので、その話をしたいと思います。



ここから音声をダウンロードして聞いてみてください。

もしかするとダウンロードに時間がかかる瞬間が
あるかもしれませんので、その場合はまた時間をおいて
チャレンジしてみてください。

今がどういう時代で、この先どうなるのか、そういうことを
考えるヒントになればと思います。

もちろんこのテーマは前回の映画の音声と共通ですが、
切り口が違う事で印象も変わっていると思いますし、
今回は具体的な提言も入っています。

そして次の記事とのつながり、最後に僕のセミナーを
紹介するレポートとのつながり、その辺が理解できた時に、
自分が来るべき時代に向けて今すべきこと、それが
見えるのではないかなと。

絶対に損はしないと思います。

時間を確保して、今回のメルマガと前回の音声全てを
一堂に会して、集中して取り組んでみてください。


3年半前のメルマガからですが、
今聞いても素晴らしい音声ですね。

あ、そうそう。

木坂さんにパフォーマンスセミナーのレター許可を得たので、
レターをもう一度公開します。

いつまた非公開にするかわからないので、
興味ありましたらこちらのフォームから請求しておいてくださいね。

PPS)

今日の一曲はブリジットバルドーでも、、、


関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes