Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

投資

投資というと、
株式や金、不動産などの
金融投資を思い浮かべるひとが
多いだろうが、経済的な自由を手にするのに
金融投資だけが選択肢ではない。

知識やスキル、人材など広義の意味で
投資を捉えている前提があり、
僕のなかでは、

時代や国境、文化を超えて資産となるもの

こそが本当の意味で投資だと思うのだ。

一般的に言っても、
取引量(フロー)だけでなく、
資本(ストック)が蓄積されていくことを
消費と蓄積の違いと認識されているだろう。

期待とリスクなんて言われるように、
リスクを負わなければいけないが、
リスクは必ずしも金銭的なリスクだけではない。

それは、時間であったり、
労力であったり、
もしくは物だったりもする場合もある。

持っているリソースを期待と照らし合わせて
どこに割り振るか、、、

これが僕のなかの投資の基本的な考えである。

朝、目が覚めてから
夜寝るまでの時間を
どう割り振るのか、、、

いま、手元にある1万円札を
どういう意味をもって手渡すのか、、、

限られた命を誰と過ごすのに費やすのか、、、

僕としては資産を増やすという視点で
選択することを投資としている。

特にカタチがなくて壊れないもの
お金を出しても手に入らないもの


に、リソースを割く価値があると考えていて、
具体的に言えば、、、

知識、スキル、体験、人材、文化、ビジネス

に費やすことが賢い投資だと思っているし、
価値のあるものだと捉えている。

一見、投資っぽくみえるものでも、
流行りものですぐに無くなってしまいそうなものや、
蓄積されていかないもの、、、

それは投資ではなく
僕のなかでは消費と位置付けている。

今やっていること、
やろうとしていることは、
投資なのかそれとも消費なのか、
自分のなかでどう位置付けているのか、
そのあたりを明確にしておくと
行動、そして選択がブレなくなるだろう。

基準をもつこと、
ルールをつくること。

そのうえで、投資という視点をもつと
また世界が違ってみえてくると思う。

今日はこのへんで。

良い日曜日を。


島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、

関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes