Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

意識的な選択をし続けること

人間セミナーの続き。

初日に人間セミナーの前提とか概要とか
実際に6つのタイプの話をしてくれて、
2日目には価値体系の話となった。

で、そこからはステージに関する話に。

まずは「6つの大罪」。

大罪というのは善悪ではなくて
道を外しているということ。

6つとしているのは6つのタイプ、、、

ゆうこりん、子供、博士、格闘家、叶姉妹、奇人に対応していて
各タイプが歩むべき道というのがだいたいあるのだけど、
その道から外してステージが下がっていくとどうなるのか
みたいな話だった。

ステージの下がったゆうこりんタイプはメンヘラやヒステリックな感じになり、
ステージの下がった子供タイプは目先の便益に逃げ、
ステージの下がった博士タイプは引きこもって愛想が悪くなり、
ステージの下がった格闘家タイプは
暴力的なクレーマーとなり全てを破壊してくる。

ステージの下がった叶姉妹タイプは
三無主義でどうでもいいよ、となり
ステージの下がった奇人タイプは
突然、絵をかき出したり、農業を始めたりして、世捨て人になる。

そんな話だった。

各タイプには特有の根源的な恐怖と根源的な欲求があり、
この恐怖からの逃避と欲求の追求のダイナニズムこそ
性格構造のメカニズムだと。

この2つは同根の問題であり、
この2つの支配をやめさせることが
本当の意味で性格から自由になることだという話。

「性格」というのはルールのようなものであり、
その人の「本質」ではない。

幼少期に育まれたカサブタやギブスみたいなものなので、
ひとつずつ外していかないといけない。

恐怖や欲求を抑圧し、押さえつけ、打ち負かすことではなくて、

どちらも終わらせる

ことが大切だと話してくれた。

どちらも終わらせるというのは
弁証法的な発想で、
恐怖や欲求に振り回されず、
無視したり抑圧したりするのではなく、
止揚していく。

漫画や映画なんかでの主人公の成長でも
同じようなシーンはよく描かれる。

九尾を取り込むナルトとか
暗黒剣士からパラディンになるセシルとか。

そのためには「本当に」なにをすべきか
見極めなければいけない。

各タイプ別にステージが高いとどうなのか
低いとどうなのかが紹介され、
ステージが高いか低いかは
対面するとわかるという話もでた。

対面してエネルギーの感じる人。

こういう人がステージの高い人。

世間ではオーラなんていうのかな、
よくわからないけど対峙すると
なにか感じるものがあるひとと
どんよりした感じがあるひとは確かにいるなと思う。

ステージは上がったり、下がったりを繰り返すけど、
下降気流が流れているように、
下がるのは簡単でも昇るのはタイヘン。

ステージをあげるために、、、

「本当に」何をすべきかを見極める

ということが大切。

ステージをあげるためにはエネルギーを余らせること。

エネルギーを余らせるには
フォーカスして集中しないとできないこと。

あれもこれも分散していたら
もともと大きなエルルギーをもっていても
発揮されない。

そして、必要なのは、、、

意識的選択

をし続けること。

選択の結果、思った通りにならないこともあるし、
目先の結果として悪くなることもある。

それでも誰かに言われて、指示されて良い結果になるよりは、
自分で意識して選択して悪くなる方が、最終的には
ステージが高くなる。

意識的な選択をし続けること

が重要。

これは僕も同意見で、先日、智頭で講演したときの
那岐の集いのときも同じような話をした。

質疑応答のところで、
こんな質問がでたときのこと。

「子どもに地元に残って欲しい気もあるし、
都会にでていろいろ見てきて欲しいという想いもあるけど、
どちらがいいのでしょう?」

みたいな質問。

このとき僕が答えたのは、、、

田舎も都会もどちらもいいところあるし、
どちらが最適とは一概には言えない。

ただ、大切なのは

本人自ら決めたかどうかではないか

ということだと答えた。

親や先生に言われた、まわりの友達に流されて、
みたいな感じだとどちらを選んでも
ステージをあげるという意味では
よくないと思っている。

だから僕のスタンスは一貫していて、

どちらを選んでも正解。それが自分で決めたのなら。

っていうこと。

長くなってしまったのでこの辺にしておこう。

続きは明日にでも。

またね。


島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、


関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes