Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

恋をしろ!

リサーチの重要性って
ほんとにいろんなところで言われてるけど、
売る商品やサービスのリサーチに関して、
ただヒアリングしてるだけのケースが多いような気がする。

その商品をつくったひとや、
サービスを行う人に、
軽くインタビューする程度。

当たり前だけど、これだと情報は得られても
深い部分の理解はできない。

ではどうやったら深い理解になるのか?

それはカンタンなことで、、、

実際に体験してみる

ということ。

その商品を実際に使ってみる。

そのサービスを実際に受けてみる。

すごく当たり前なことだけど、
案外、このあたりをショートカットしがち。

たとえば、ビーコンの小野さんは
ダンコレっていうメンズファッションのコピーを書くのに、
実際にダンコレでジャケットやシャツなどをオーダーして
ペルソナと同じ体験をしている。

自分が売ろうとしているもの、
世に広めようとしているサービスがあったならば、
自分がそのファン1号でなければならない。

僕の場合でいえば、
みんなも使ってるプロモーションツールの
マイスピーとかね。

ほとんどのひとは、やりたいことがあって、
それを実現させるために、
マイスピーを使ってると思うけど、
僕は逆。

マイスピーのこの機能を使うために、
こんな仕組みをつくってみる、
といった感じ。

これは純粋なユーザーである以前に、
熱烈なファンとしてみているから。

こんな感じで、
目的がなくても使う、
愛用するという商品やサービスを
売らないといけない。

自分がお金をだしてまで欲しいものを
売らないといけない。

寝ても覚めても考えてしまうような
サービスを広めていかないといけない。

もし自分がそのプロジェクトを
抜けたとしても、、、

つまり関わりがなくなったとしても、
その商品やサービスを手にして、
愛用し続けるというのが
見極めポイント。

仕事だから、、、とか、誰かの顔を立てるために、
みたいになってしまっている。

もしくはプロジェクトメンバーじゃなかったら、
その商品やサービスを使わないって
いうものは自分が売るべき商品やサービスじゃないのかもしれない。

売ろうとしている、、、
商品やサービスに恋をしないといけない。

もちろんフォーカスすべきは、
手に取るひとの結果、未来なのだけど、
商品やサービスに夢中になって、
なんでも答えられるようにならないといけない。

参考に、とあるプロジェクトをいっしょにやっている
秋山さんのチャットをシェアしよう。


おはようございます!

島田さんから、今後もプロモーションを継続していくとのことを伺いました。
まだまだ小さな成果で恐縮ですが、引き続き宜しくお願い致します^^

それに伴い、一つご相談があります。

やはり、理屈は分かっても、自己資金を投入して体験しないと、
イマイチ、お客さまの気持ちにグッと入ることができません。

そこで、ご相談です。

まずはお客さまの資金量のパーセンテージが
一番多そうな10万円からスタートして、その後30万円くらいまで拡大する構想で、
私の自己資金を使って、実際にバイナリーオプションをやってみたいと考えています。

そうすると、よりお客さまの気持ちにグッと入れるので
よりパワフルなプロモーションができるのではないかと思います。

ですので、実際にどれかの有償サービスを短期間でも良いので、体験させていただけないでしょうか?


誰に言われたのでもなく、
自分から率先して、お客さんと同じ目線に立つ。

しかも、身銭を切って。

秋山さんはアプレンティス、マスターマインドで
いっしょだったメンバーなのだけど、
こういったメンタリティから仕事ができることが
伝わると思う。

事実、ここでは書けないほどの
プロモーション結果を残しているからね。

売ろうとしているものやひとに恋をしている?

好きだったら自然と自分から
相手のことをもっと知りたいと思うはず。

じゃあ、今日はこのへんで。

また明日。


島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、

関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

吐き出された記事たち↓

PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes