Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

怒ってないですよ(笑)

昨日、藤が丘のスタバで打ち合わせしてたときのこと。

「島田さん、この前のブログで『怒っている!』という
 ブログを書いていたじゃないですか。。
 あれ、僕のことですか?」

ビジネスパートナーの社長さんに言われた。

もちろん、違いますよ、、仕事の話ではないですよ、
とお答えしたのだけど、実はこういった話はよくある。

「今日のあのブログ、めちゃよかったです。
私に向けた内容ですよね?」

みたいな感じで。

もちろん、その人に向けたものではない。

このブログは本当にいろんな人が
みてくれていて、ありがたいことなのだけど、
だからこそ、ひとりに向けたメッセージや内容は
書いていない。

でも一方で、、、

「自分ごと」に捉えてもらえるように、
メッセージは工夫をしている。

ヒトラーの演説やジョブズのプレゼンなど多くの人の前での
スピーチが、

まるで私に語りかけているようだった

と言われているように、多くの人の前で話すにしても
態度や意識、技術によって、
ひとりひとりに語りかけるようにすることはできる。

それは文章であっても、音声であっても、
動画であっても。

本質は同じだからね。

どうやってやるのか、
というのを説明すると、
1年間くらいの講座が必要になってくるけど、
そのことに関連する、
僕が意識していることのひとつを
シェアしよう。

それは、、、

自分に向けて書く

ということだ。

あれは私に向けてのメッセージですよね?
と思ってもらうかもしれないけど、
自分へのメッセージや戒めなどがほとんど。

先日、とある友人の起業家に
島田君のブログ毎日1日も欠かさず更新してるよね
って言われたけど、ルーチン化して
自己対話を目的としているところもあるから、
このようなスタイルのブログになっている。

もちろん、それは僕自身のためでもあるけど、
それだけではなく、関わってるひとや
関わったことのない画面の向こうのあなたのためにも
なると思っているから。

ためになるというのはちょっとおこがましいかな、
少しでも退屈な生活の暇つぶしにでもなれば、
彩り豊かな人生のちょっとした添え物にでもなれば、
といったゆるいスタンスで、自分自身への戒めや
日々の発見や気づきなどを吐き出してる感じ。

なので、書く内容やネタもあんまり決めてなくて、
書く前に忘れてしまうこともある。

マックのキーボードをタイピングしながら、
思考を整理する。

朝、鏡の前で自分の顔をみて
対話するのと同じことだと
僕は思う。

そういう意味で、
もしブログをやるなら、
日刊更新をすすめている。

今井先生の企画脳メルマガも
800を超えたからね。

僕らも見習って、
1000ぐらいまではやり続けないと。

話はそれからだ。

ではでは、今日はこのへんでー。

また明日。


島田晋輔

PS)

暑くなってきたので、
今日の一曲はこんな感じでどうでしょう、、、


農作業に合いそうだね。

昔は農作業の合間にスモーキンしてたみたいだしー。

関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

吐き出された記事たち↓

PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes