Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

実際の事業でのコンティニュイティの事例。

先日、コンティニュイティ(継続商品)の事例
書いたけど、今日は僕が実際に携わるプロジェクトでの
事例を紹介しよう。

とあるプロジェクトでは、3つのコンティニュイティを
サービス展開している。

月額4800円、10000円、15000円の3つ。

参考までにお知らせしておくと、
単発の商品も用意している。

1万円から3万円くらいのものまで。

さらにいうと、高額の商品もある。

と言っても30万円くらいだったかな。

50万円くらいのもあったかもしれない。

もちろん、無料の商品も用意している。

いろんな商品、サービスを組み合わせて、
事業を設計してるけど、
コアドライバーとなるのは、
やはり継続商品となるコンティニュイティだね。

月額4800円のコンティニュイティは、
2012年から展開していて、
サービス開始当初から今まで継続してくれている
お客さんもいる。

今年で5年目になるサービスだから、、、

「濃いお客さんはひとりで30万円の売り上げをもたらしてくれてるんよね」

なんて、この前プロジェクトメンバーが
電話でのミーティングで言っていた。

レアだけど、3つのコンティニュイティ全てを
とってくれている人もいるし、
他の商品をコンプリートしてくれてる人もいる。

これはよく言われてるけど、
80:20の法則にあてはまるんだよね。

パレートの法則なんて言われていて有名だけど、
売上の80%は20%の優良顧客がもたらしてるってやつね。

パレートの法則は、いろんなところで
おもしろい研究結果が発見されていて、
たとえば、改善すべき10のうちの上位2つを改善したら、
全体の80%のパフォーマンスがあがるとかね。

20%の優良社員が、会社の80%の売上を担っているとかね。

仕事やビジネス以外でも、
たとえば、離婚件数の8割は
2割の離婚経験者によるものとか、
ツールとかソフトウェアは2割の機能しか使われないとか、
故障の8割は2割の部品に原因があるとか。

全所得の80%は20%の富裕層がもってるとか、
所得税の80%は課税対象者の20%が担っている
とか言われる。

文章の80%は20%の頻出単語で
成り立ってるとかね、、、
だから、このブログのサイドバーにでてる
タグをみたら、このブログの8割がわかるんだろうね。

実際に、いろんなプロジェクトを経験しても
当てはまることが多くて、
この法則をうまく使うことがある。

たとえば、リソースの80%を20%の優良顧客に
費やすようにする、とかね。

ポイントは、一点集中ってこと。

20%の課題、20%の顧客にフォーカスして
エネルギーを費やすと、
全体の80%が改善される。

あれもこれも手を出してはいけないってこと。

ボトルネックの改善、
長所を伸ばす、
身近な人に全力を注ぐ、、
実はすべて「パレートの法則」を
応用すると見えてくること。

あ、今日は実際のコンティニュイティの事例の話だった。

このプロジェクトでのコンティニュイティも
20%の課題にフォーカスして、
20%の優良顧客にフォーカスして
プロジェクト運営してますよ、
ということ。

パレートの法則を意識して
コンティニュイティを組み立ててみると
また新しい事業展開ができるはず。

ではでは、今日はこのへんで。


島田晋輔

PS)

このプロジェクトの1万円のコンティニュイティ。

昨日のサービスで100万円以上のリターンがあって
お客さんから喜びの声がたくさん届いている。

中には、200万円を手にしたお客さんもいて、
このひと、先月は800万円を手にしてるんだよね。

いつもというわけではないけど、
こういったチャンスをうまく掴むひとはいるものだね。

PPS)

今日の一曲は、知久さんで!


関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

吐き出された記事たち↓

PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes